思わず大人買い!神羅万象チョコの魅力

バンダイキャンディの神羅万象チョコは、大人であってもハマってしまう魅力があるわけですが、これは食玩の持つ魅力を、最大限に引き出しているからではないでしょうか。

食玩というのは、お菓子のおまけとして玩具がついてくるわけですが、実際には玩具のほうがメインになっていて、その意味不明さが魅力だったりするものです。

スポンサーリンク

魅力は、おまけだけじゃない

神羅万象チョコは、おまけのシールも魅力なのですが、チョコ自体も美味しいものなので、バンダイキャンディはよく考えているなと感じられるところです。

食玩でよくありがちなものとしては、ラムネ菓子がありますが、あれなんかは完全にお菓子の方がおまけだったりしますよね。

それはそれで、本末転倒な感じが愉快で好きなのですが、バンダイキャンディの神羅万象チョコは、おまけのシールもメインのチョコ菓子も、両方楽しむことができるのが嬉しいところです。

どちらか片方だけが魅力的であっても、商品として成り立つので、おまけの玩具のほうが立派というのも嫌いではありません。

このように、どちらがおまけなのかということを議論できるところが、食玩の一つの魅力だったりするわけですが、次に大きな魅力というのは、何が当たるのかわからないというところです。

確実にこれが入っているというものではありませんから、運の要素が絡んできて、運試しとして楽しむことができるというのは、大きな魅力ではないでしょうか。

射幸心を煽るようなものとしては、ギャンブルがありますが、これはハマってしまうと、いくらお金があってもキリがありません。

しかし、食玩の場合には、射幸心を煽りながらも、ひとつあたりの価格は子供が買うことができる程度のものですから、一文無しになってしまうというようなリスクはなく、適度に射幸心を満たすことができるというのは、楽しいものです。

縁日のくじのような感じで、大きく得をすることもないけれども、大きく損をすることもなく、それでいてドキドキ感を味わうことができるというのは、不況の今の時代とても貴重な存在に感じます。

収集したくなるおまけ

収集癖を満たしてくれるというのも、大きな魅力のひとつであり、食玩というのは、何種類もおまけがあるものですから、それらすべてを揃えるのはなかなか大変で、所有していないものが出てきたときの喜びというのは、大人であっても結構大きいものです。

バンダイキャンディの神羅万象チョコなんかは、シールの数がかなりありますから、すべてを揃えるのには、かなり苦労をするので、そろったときの喜びというのは非常に大きいです。

すべて揃ったときだけでなくても、大分集まってきて、また新しいシールが当たったときの喜びといったら、日常生活では、他になかなか味わうことができない感動だったりします。

それでいて、バンダイキャンディの神羅万象チョコは、一個買うのに100円程度しかかかりませんから、100円でこれだけの感動を味わうことができるというのは、かなり安いものです。

すべてを揃えるとなると、それなりの金額がかかると言ったところで、何十万円になるわけではありませんから、趣味の範囲として考えれば安いものであり、逆にこれだけの感動を味わうことができるものは、他に何があるのだろうかというところも、食玩の魅力です。

大人になると、なかなかできないことではありますが、ダブったものなどを、友だちと交換をして交流をするというのも、食玩の魅力だったりして、こういうことが貴重なコミュニケーション経験となるのではないかなと、感じる部分もあり、人と人との繋がりを感じ取ることができるというのも良いですよね。

人気の秘密は、クオリティの高さ

また、玩具のクオリティが、妙に高いものがあったりするというのも魅力で、神羅万象チョコは言うに及ばず、フィギュア関係の食玩なんかは、かなり精巧に作られていたりして、この価格でこれだけのものを作ってしまうのかという、驚きがあったりするのも楽しいポイントです。

食玩を好む人が意外に多いのか、各社がおまけに力を入れるようになり、その結果として高いクオリティのものが多数あると言うのは、購入するしないにかかわらず見ているだけで楽しいものです。

あるいはその逆に、本当にどうしようもないおまけがついてきて、これは一体、何に使えば良いのだろうかと思ったりするようなものがあったりするのですが、チープさを楽しむというのも、食玩の魅力だったりするのではないでしょうか。

食玩は、子供にしてみれば安いものではありませんから、手の届きにくい高嶺の花であり、それだけに手に入ったときの喜びが大きいものです。

大人からすれば金額的には大したものではなく、子供の頃のあこがれを実現することができるものであり、童心に返ることができるというのも嬉しい魅力のひとつです。

最後に

見る人によっては、くだらないものと思ってしまうかもしれませんが、そのくだらないところに、夢中になることができるというのも、食玩の魅力だったりします。

なくても困らないようなものに夢中になることができるというのは、早々あるものではないので、食玩は楽しいものです。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-ホビー
-,

関連記事

プラモデルやフィギュアの塗装に!ガンダムマーカーの特徴と使い方

ガンプラに熱中している方も多いですよね。 大人から子どもまで高い人気を誇るモビルスーツをかたどったプラモデルは、通称ガンプラと呼ばれています。 このガンプラは、組み立てるだけでなく関節部が動くアクショ …

初心者のためのドローンの選び方

最近テレビや雑誌などでよく目にすることの多いドローンですが、一般の人でも購入したり飛ばしたりすることができると知っていましたか? うまく操作できればこれまでのラジコンとは違った操作性や面白さがあるので …

少人数からでも使える!東京のおすすめコスプレスタジオ「STUDIO HAMSTER」

近年、アニメや漫画、ゲームが世界中でブームとなっていて、ただ作品を楽しむだけではなく、コスプレという形で参加する人が増えてきています。 もともとは、仮装を意味するコスチューム・プレイから作られた和製英 …

いま振り返りたい家庭用ゲーム機の歴史:プレイステーション

プレイステーションは1994年に日本で発売されて以降、世界各国で発売されるようになりました。 据え置き型の家庭用ゲーム機としては、初めて販売台数が1億台を突破したという伝説のゲーム機なのです。

マイクロエースの鉄道模型の魅力と特色

マイクロエースに名を冠するは、アリイ製作所であり、かつて1980年代前までは、主にキャラクターモデルのプラモデルを製作販売していました。 かつては、他社製のスケールモデルである、戦車や飛行機、カーモデ …

楽天モーションウィジェット