地球環境を守る資格:森林インストラクター

森林インストラクターは、森林などを訪れる一般人の方向けにエスコートをするべき存在で、自然の豊かさや良さなどを伝えるべき資格を持った方です。

地球は自然環境が豊富に存在することで、人間の生活を豊かにし、憩いや大地の恵みを与えるべき存在として機能しますが、環境を守ったりする役割も存在します。

スポンサーリンク

森林インストラクターになる方法とは

森林インストラクターの資格を取得する方法としては、試験を受験して最終的に合格し、それを申請することでなることができます。

ただ試験は一次試験と二次試験から構成され、それに向けた対策と勉強をしっかり行わなくてはなりません。

一次試験では4つの科目から構成され、「森林」、「林業」、「森林内の野外活動」、「安全及び教育」となっており、必要な知識を有するかの筆記試験となります。

二次試験は一次試験の筆記試験を合格された方向けに行われ、実技試験と面接によって構成されます。

実技試験の内容はあらかじめ提示された素材があるため、それを森林インストラクターになったとして仮定して模擬演技を行う形で行われます。

また面接ではそのインストラクターにふさわしいかどうかの判断が行われます。

一次試験の筆記試験では科目ごとの正解率を6割を必要とし、4つの全科目が総て合格した場合に一次試験の合格となります。

そして二次試験でも合格すると晴れて資格を取得できる形になり、二次試験まで存在することで難易度も高い試験であるということも可能です。

森林インストラクターが活躍される職業とは

森林インストラクターの資格が役立つのは、作業内容が森林を一般の方に案内することや森林保護のための活動を展開することとなるため、それを活かせる仕事となります。

まず民間の場合であれば、旅行会社に勤務される方で自然の散策や自然観察を提供するホテルや民宿などの宿泊施設の従業員です。

他にも自治体が運営する自然の家の職員、国立公園の公共施設のセンターに勤務する職員、地方公共団体職員、林業に携わる人などです。

他にも地球環境保護や地球の自然保護を目的とするNPO法人、ボランティアの要員などでもその資格を保有しているとうまく活用することも可能となります。

ちなみにその資格を得ていることで収入アップが見込めるかというよりも、謝礼の形で給料を得られるパターンも多く、報酬を得ないボランティアで行っている方も多いです。

一般の方を森林に案内することが多いですが、日当の形でもらえることが多く、数千円~数万円単位での報酬となります。

報酬を期待して資格を取得するというよりも、地球環境保護を考えて資格を取得されることも多く、人々に森林の魅力を伝えることに使命感を持たれている方が取得されることが多いです。

森林インストラクターの試験を受ける上での免除

資格を取得する上では試験を受ける必要があるため、忙しい現代人にはなかなか試験勉強を行っても捗ることが少ないのが現実です。

森林インストラクターも例外でなく、しっかり対策を講じて勉強を行っていかなければなかな取得する上でも難しいかもしれません。

ただその資格を取得する上では、試験の1部を免除されると負担を軽く済ますことができるため、それは奨励される方法となります。

一番のネックは実技試験で、実際にその問われるべき問題を幾つも想定し演習を行っていないと対応することができない場合も多いです。

そこで試験を開催する協会が実施している講習を受けることで、実技試験の免除を受けることができます。

つまり講習を受講するだけで実技試験を受けずに済むため、それは合格のための追い風にもなります。

他にも一次試験における科目の一つである「林業」は、技術士法に基づく森林部門の技術士である者であればその科目の試験を受けずに免除の特典を得ることもできます。

こうした制度を利用すれば、勉強の負担を軽くして確実的に資格取得もしやすいため、目指される方は検討してみることも必要です。

森林インストラクター試験の勉強の仕方とは

資格試験の勉強を行う上では、試験を開催する協会が発行するテキストと問題集があるため、それをマスターする様に心がければ、筆記試験でも合格を得るための60%の正答は確保できます。

ただ試験問題については記述式となるため、マークシートの様に適当に選択すれば的中するといったことはありません。

しっかり字で書いて回答を行っていく必要があるため、それだけ問題に対する理解と自分の言葉でまとめることも要求されます。

また過去問を探ることも大事で、そこから傾向を掴むこともできますので、勉強を行う上では欠かすことができません。

なお実技試験対策でも狙われることになりそうな素材を前もって幾つか押さえておくことも必要です。

人によっては実技試験を苦手とする方も多いですが、その場合は講習を積極的に活用して免除を受ける様にすることも取得のための近道です。

面接もどういったことを聞かれるかの情報を前もって押さえることが重要で、なぜ森林インストラクターになりたいのかの動機やきっかけをしっかり話せるようにすることは肝要となります。

最後に

森林インストラクターは地域の自然を人に紹介する上でも有効だったり、地球に存在する自然環境保護にも重要な役割を担う存在です。
一般の方は自然の偉大さを理解していないケースも多いため、そういった方に自然の豊かさや生活にも密着していることを伝えることができる魅力的な仕事になり、将来の地球を守るためにもかけがえのない仕事となります。

一般社団法人 日本森林インストラクター協会

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-仕事・資格, 民間資格

関連記事

ニッチな外国語の資格:国際ポルトガル語検定試験

私たち日本人に馴染みのある外国語の資格試験といえば、英検やTOEICが挙げられます。 今日のグローバリズムの要請から、あるいは学校での外国語教育の実情から、いわゆる検定試験が英語偏重になっているのはや …

クリエイティブなセンスを活かす!ゲームに関する資格「CGデザイナー」

CGというのは、コンピューターグラフイックスのことです。コンピューター処理によって作成される画像と、その技術のことを言います。 CGデザイナーは、コンピューターをフルに活用して、架空の画像や映像を現実 …

地球環境を守る検定資格:eco検定

人々の地球環境意識の高まりを受けて行われている検定試験の1つがeco検定で、それに合格することでエコピープルになる資格を得ることができます。 2006年から試験が開催され、約41万人の方がその検定試験 …

仕事の本質を知るなら経営から!ビジネス・経営の資格「経営者検定試験」

昨今の経営を巡る環境は、不景気ということもあり、なかなか良くはならず、企業のトップとして大変なかじ取りを強いられることになっています。 このため、自分が本当にビジネスの才能があるのかどうか、トップとし …

スクールカウンセラーとは?仕事内容や現在の待遇

スクールカウンセラーは、不登校やいじめなどの問題に対応することが主な仕事内容です。 現在、日本の15,000校以上の学校に配置されています。 いじめや不登校が学校で問題になっている昨今では非常に重要な …

楽天モーションウィジェット