買った靴が大きすぎた時の対処法:ハイヒールの場合

買った靴のサイズが合わず、大きい場合には一体どんな対処法があるのでしょう。
スニーカーであれば、紐で調節したりもできますが今回はハイヒールです。紐で調節なんてことはできません。みなさんがはじめに思いつくのはやはり中敷きでしょう。

スポンサーリンク

定番中の定番!中敷きを入れて履く

中敷きといっても、その名の通り中に敷くタイプ、かかとに付けるタイプ、つま先につけるタイプなど種類があるのです。これは好みもありますが、履く靴によって使いわけていただきたいです。
さて、今回はハイヒールです。中敷きはどのタイプが良いのでしょう。

中に敷くタイプはサイズの調整が一番しやすいと思います。
ハイヒール、パンプス専用の中敷きも販売されています。一般的な中敷きだと、靴の中に厚みがでてきてしまい足が少し浮いてしまうので、足の甲が高いかたにはおすすめできません。つま先だけのものでなく、全体に敷くのであれば、脱いだ時に見えてしまうのでデザインも重要となります。

次に、かかとにつけるタイプはどうでしょう。ハイヒール、パンプスのサイズ調整をした方なら一度は試したことがあるのではないでしょうか。
こちらはシールになっているものが多く、一度つけたら位置の調整はできません。ですが、きちんとつけると足の浮きを抑えてくれるので、サイズがちょうどになった時はとても歩きやすくなります。
しかし、サイズが大きすぎると全く効果を発揮してくれないので注意が必要です。

さいごに、つま先につけるタイプです。これはポインテッドトゥ(つま先が細くとがった)にはおすすめです。
とがった部分につめることによって、足の指の負担を抑えてくれるからです。逆に、オープントゥ(つま先があいている)の場合には使用ができませんので注意です。

中敷きを選ぶときには、入れる靴の形や自分の好みで選んでみてください。

ベルト、ゴムを調節、または付けてみよう

ハイヒールといえば、ヒールがかかと部分がつま先よりも7センチ以上高い靴を指します。このような形の靴を選ぶとき、ベルトやゴムがついている靴もあります。
はじめからついている靴ならば対処法は簡単です。中敷き+ベルト、ゴムの調整をするのです。たったこれだけで全然違います。

ベルトの穴が足りない時は自分で穴を開けるか、購入した靴屋さんでやってもらってください。靴の修理屋さんでもやってくれます。料金はお店によってなかったり、異なる場合がありますので事前に確認をしてください。
自分で穴を開ける時の注意点ですが、必ずはじめに穴を開ける位置を確定してから開けてください。そうしないと、左右バラバラになってしまいますし、履いた時にベルトの端の部分がべろべろとかっこ悪くなってしまうかもしれません。不安であれば、やはり専門の方にお願いするのが一番です。

ベルトは最初から靴にくっついているものがほとんどなので、こちらは靴の修理屋さんにお願いしましょう。ベルトやゴムを調節するだけで、サイズが合わない靴でも履くことができます。選ぶときには、靴に合った素材や色を選んでください。

では、ベルトがついていないときはどうでしょう。
ベルトがついていないタイプのハイヒール用に、靴専用のベルトやゴムが販売されています。これをつけるだけで足にフィットするので、普段使いの靴であれば活用できます。ゴ
ムは貼り付けなくても使えるので取り外しはいつでもできます。しかし後者の対処法はオフィスでは使えないことの方が多いので、職場で履く場合には一度職場の方に相談しましょう。

対処法を間違えるととっても危険

ここでは対処法について説明しましたが、購入しばかりであれば購入した店舗に交換、返品ができるか確認しましょう。そこで問題が解決できれば良いのですが、これは購入時にしかできないことです。
それに履いているうちにサイズが合わなくなることもあります。人によっては左右の足の大きさや形が違う方もいらっしゃいます。

自分でサイズを合わせるのはとても難しいことですし、足に悪影響が出てしまう場合もあります。
無理にサイズを変えたことによって、靴の形が変わってしまい外反母趾になってしまったり、アキレス健を痛めてしまったり、靴擦れを起こしてしまうこともあるのです。無理をして履き続けると、足の形が変形してしまったり、歩き方がおかしくなり、骨盤や筋肉など身体にも影響を及ぼします。
変形してしまった足をもとに戻すのは容易ではありませんし、戻らない可能性もあります。

せっかく試した対処法が自分に合わなければ意味がありません。なので少しでも、違和感を感じたら一度違うやり方に変えてみたり、体に違和感を覚えたらすぐに医療機関を受診してください。

最後に

中敷きも入れっぱなしにしていると劣化しますし、ゴムやベルトも傷んできてしまいますので定期的に交換、修理することでより長く履くことができます。

ハイヒールはスニーカーと違って厚い靴下も履けませんし、サイズが合わないと歩きづらいので購入するときはぴったりのサイズを選ぶようにしましょう。対処法はあくまで応急処置なので一時的なものだと考えてください。
お気に入りの靴だからこそ、対処法を知っていると出先でも対応できて長く履くことができます。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-ファッション
-,

関連記事

プチプラアイテムもブランド品に見える巧いコーデ!

近年、若い世代を中心に幅広い年齢層でプチプラアイテムが人気になっています。その理由は、昔の低価格帯商品とは違って、お洒落なアイテムを安く購入出来るようになったからです。 その為、工夫次第ではブランド品 …

ホワイトスニーカーを使った、おすすめコーディネート

ホワイトスニーカーは、注目のトレンドアイテムですが、カジュアルになりすぎてしまいそうで、敬遠されている方も多いのではないでしょうか。 他のアイテムの選び方や、コーディネートによって、キレイ目にもカジュ …

トレンドカラー!ピンクのボトムスを使ったコーディネート

ファッションを今風、ブームに合わせるには、トレンドカラーを取り入れるのが良く、今期はピンクの人気が高まっています。 女性らしさを表現するカラーですが、ポイントはバランスになり、トップスよりもボトムスに …

ペアルックではないリンクコーデのやり方『メインアイテムを合わせる』

リンクコーデ、いわゆるペアルックは、カップルやご夫婦、親友や親子なんかでも可愛いものです。着ている家族を見ると、なんだかほっこりするものです。 そんなリンクコーデですが、家族や性別が違う二人、極端に体 …

【2017】メンズのトレンドファッションは?

レディースファッションはとても移り変わりが激しいですが、もちろんメンズファッションにも毎シーズントレンドが存在しています。 オーソドックスなアイテムが多いものの、組み合わせ次第でかなり雰囲気を変えるこ …

楽天モーションウィジェット