住宅建築・販売に携わる資格「商業施設士」

商業施設士は、デパートやショッピングモールなどの商業施設全体のプランニングやコンサルティング、設計や施工、管理を行うスペシャリストです。

安全で快適な商業空間を設計して、お店づくりや街づくりに貢献できる仕事です。

スポンサーリンク

商業施設の建設のスペシャリスト

現代は生活者のニーズが多様化して、高齢者や障害者でも利用しやすい建設施設が求められています。そのニーズを満たすために、柔軟な能力で商業施設を企画したりリニューアルするのが、商業施設士には求められます。

商業施設士になるには、民間団体が認定する商業施設士の資格を取得する必要があります。職場としては建設会社や設計事務所、デザイン事務所や百貨店などです。就職してセンスや経験を積んだ後に、独立して働く人もいます。

コーディネートやデザイン、施工など幅広い活躍の場がありますが、一人の商業施設士がこれらすべての技能を担っているわけではなく、各自の得意分野で働いています。

商業施設士として働くためには、公益社団法人の商業施設技術団体連合会が定めた、商業施設士の資格取得が必要なので、まずはその資格取得を目指して勉強することが必要です。学科試験の受験資格は20歳以上が条件で、実技試験は実務経験が必要ですが、建築士やインテリアプランナーの有資格者は、実技試験が免除されます。

店舗の企画、デザイン、運営に関する勉強が必要なので、建築士などの資格がない場合は、商業施設に関わる実務経験が必要なので、ショッピングモールや設計事務所などで働きながら、経験を積む必要があります。

商業系の学科や専門課程を修了していれば、実務経験は1年以上ですが、それ以外は2年以上が必要です。

資格試験ではどんな問題が出題されるのか

商業施設士の資格問題は、学科試験と実技試験があり、学科試験は共通試験と選択問題に分けられています。共通問題は商業施設、創造とデザインとさらに商業施設及び商業施設技術に係る一般常識問題の2つです。

選択問題は、4科目から2科目選んで解答します。生活と商業、企画と計画、施設と設計、監理と施工の中からの選択となります。実技試験は選択問題で、図案表現と文章表現のどちらを選択して解答という形です。

図案表現とは、商業施設の更生計画ならびに店舗設計、文章表現は商業施設の企画、計画、提案などです。一級、二級、木造建築士、インテリアプランナーは、施設と設計の科目が免除されます。中小企業診断士と一級販売士、インテリアコーディネーターは生活と商業の科目が免除されます。

免除してもらうには申請が必要なので、忘れずにやっておきましょう。合格したら、登録手続きを所定の期間内に行いますが、登録有効期限は3年で切れてしまいます。登録手続きを行わないと資格が失効してしまうので、注意が必要です。

資格を維持するための条件は、機関紙の商業施設の購読と、登録手数料12960円を支払うことです。商業施設士は、空間ディスプレイデザイナーやインテリアデザイナーと並んで今人気の資格なので、商業施設の建設を仕事にしたい人は資格取得を目指してみましょう。

資格取得のためには実務経験が必要ですし、3年ごとに更新もしなければならないので大変ですが、取得しておくと仕事ができるフィールドが広がります。コンサルタントとして商業施設士の知識を使うことも可能です。

商業施設士のこれからの可能性は

商業施設は、都市づくりのシンボルとも言える欠かせない存在です。現代は高齢化とライフスタイルの多様化が進んでいるため、施設や街は様々な変革を求められています。商業施設士は、プランニングやコンサルティングに始まり、企画や設計、工事監理などを一括して行うことができるため、注目されています。

建築士やインテリアプランナーの併用資格としても、活かせるでしょう。 商業施設士の資格を取得すると、商業施設や街づくりのスペシャリストとして社会的信用が得られるので、様々な方面での活躍が可能です。

専門店や商店街、複合商業施設で魅力的な店づくりに関わることもできますし、実績やノウハウを活かして街づくりの指導スタッフとして働いたり、商店街の発展をサポートするアドバイザーとして働くこともできます。

魅力的な商業施設を作るとなると、都市部にばかり目が行きがちですが、空洞化した商店街を立て直して地方を活気づけるなど、商業建設を通して人々を幸せにする仕事もできます。商業施設士といっても、仕事をする場所によって活かせるスキルが多少異なってくるので、自分の素質やスキルが最大限発揮できる場所を見つけられるといいでしょう。

部分的な仕事ではなく、商業施設のプランニングから街づくりまで、一貫して関わりたいという熱意を持っている人に適しています。また、この仕事はクライアントの店舗づくりの要望をヒアリングして、それに近づけることが求められるので、コミュニケーション能力も必要です。

特にコンサルティング業をメインに行いたいと考えている人は、コミュニケーション能力が重要です。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-仕事・資格, 民間資格
-, ,

関連記事

自転車関係の仕事をしたい人にピッタリの資格:自転車技士

私たちの身近な移動手段として欠かすことのできない自転車ですが、自転車を扱う上でも専門の資格が存在することをご存知でしょうか。 取得しておくと自転車店やメーカーなどにも採用されやすくなるので、自転車好き …

証券事務の仕事に就きたい人におすすめの資格

証券事務は、金融分野の事務ということもあり、人気のある職種の1つです。 証券事務として働く前に、取得していることで有利な立場になります。 また、働きながら取得することで、スキルアップになる資格もたくさ …

パラリーガルはどんな仕事?未経験でも働ける?

パラリーガルの仕事は、主に法律事務所などで弁護士の指示に従い、法律業務を行い、弁護士をサポートする職業です。 法律事務は、人気の高い職業ですが専門性も高く、さまざまなスキルや柔軟な対応が求められること …

車関係の仕事をしたい人にピッタリの資格:くるまマイスター検定

車への興味をもってもらうこと、車産業の発展等を目的として設けられた資格に、くるまマイスター検定があります。 自動車の知識に関する検定試験でありながらジュニアにも対応しているなど幅広い年齢を対象としてお …

心と身体を癒す資格:ピュリファイセラピスト

心と身体のアンバランスからくる不調を抱える人は少なくありません。 しかし、生活環境や人間関係などストレスの原因を根本から解決するのは難しいのが現状です。 そんなとき、まずは対症療法として、今あるマイナ …

楽天モーションウィジェット