人気のヘアスタイル「シニヨン」のメリット・デメリット

髪をまとめることが出来る程度に髪が伸びてきている時や、ロングヘアになるまで髪を伸ばしている方にとって、中途半端な長さは邪魔に感じてしまう方も多いので、簡単に可愛らしくなれるシニヨンヘアが人気になってきています。

スポンサーリンク

シニヨンで出来る様々なヘアスタイル

シニヨンとは、そもそもお団子ヘアなどのまとめ髪の総称とされ、今までは主に長い髪をしっかり上にまとめるなど、比較的カッチリとしたヘアスタイルに仕上げる方が多かったのですが、最近では頭の上の部分にお団子を作るというよりも、ゆるめに頭の下の部分にまとめる、ふんわりとしたヘアスタイルが大人っぽくオシャレだと人気になってきています。

ふんわりとしたゆるめのお団子を作る時のポイントとして、まとめる高さや位置、まとめ方の加減、ボリューム感を意識すると、綺麗な仕上がりにすることが出来ます。

つい櫛で、しっかり髪を整えてお団子にしてしまう方は多いですが、旬なシニヨンスタイルはルーズな仕上がりにすることが重要なので、事前に櫛を利用して髪を逆毛にまとめてふんわりさせた後に、スタイリングスプレーを吹きかけると、ふんわり感が長時間維持することが出来るので、不器用な方でもおしゃれなお団子スタイルに仕上げることが出来ます。

また道具も、ゴムとピンを利用するだけで簡単に行える手軽さもありますし、ピンが目立つ場合には、ヘアアクセサリーで簡単に隠すことが出来ます。

シニヨンのメリットとは

シニヨンヘアの最大のメリットは、朝忙しい時でもササッとヘアスタイルをまとめることが出来る、手軽さにあります。

またある程度長さが必要だと思われていますが、お団子の大きさや作る位置を変えることで、ショートやボブの方からロングの方まで、ヘアアレンジの幅が広くなるので、髪の長さが足りないという方でも、気軽におしゃれなヘアスタイルに仕上げることが出来るメリットがあります。

ショートやボブなど、比較的髪が短い方の場合、事前にトップの部分にボリュームを出しておくことで、綺麗なお団子に仕上げることが出来ますし、髪の長さが充分にある場合は、髪を巻き込んでまとめる「くるりんぱ」というスタイリング方法を利用することで、不器用な方でも簡単に髪を綺麗にまとめることが出来るようになります。

シニヨンスタイルは、髪をふんわりまとめて女性らしさを出すだけではなく、雨の日でも髪がうねったりハネるトラブルを防いでくれる効果もあるので、湿度が高くなる梅雨の季節にヘアスタイルに取り入れ、雨の日でもおしゃれを楽しむことが出来るメリットがあります。

シニヨンのデメリット

シニヨンは、どのような髪の長さでも仕上げることが出来るので、幅広い年齢層の女性に人気がありますが、作るのに慣れない内はどうしてもカッチリとしたお団子となってしまい、頭の下の部分に作ってしまうことでご老人のようなお団子となってしまい、旬のシニヨンとは言えない、垢抜けない仕上がりになってしまう可能性があります。

これは、くるりんぱを行う際にも当てはまることで、おしゃれなシニヨンを作る最大のポイントは、事前にトップの部分を櫛で逆立ててボリュームを出しておく必要があるため、この手順を抜かしてしまうと、トップにボリュームがなくぺったんこの状態になってしまうため、仕上がりがかっちりとしたシニヨンとなってしまうのです。

ふんわりとした髪を作るためには、ベース作りがとても重要になってきますが、朝など時間が無い時にコテやヘアスプレーを利用してベースを作ることが出来ないという場合には、髪をあまりとかさずに、ざっくりゴムで1つのお団子を作って、残った髪をお団子に巻き付けてゴムで留めてから、髪をゆるく引き出すことでも、充分にゆるふわなシニヨンを作ることが出来ます。

気分や天気に合わせて様々なヘアスタイルに

シニヨンヘアは短時間で簡単に作ることが出来るヘアスタイルとして、多くの女性に人気になってきていますが、作りやすいからと毎日同じヘアスタイルにまとめてしまうのは、見た目に変化が出ないので、いつも同じ雰囲気に見えてしまいます。

そんな時に、シニヨンヘアは様々なヘアスタイルのバリエーションを出すことが出来るので、ざっくりお団子を1つ作るだけではなく、事前に2つの三つ編みを作ってから、普段通りにくるりんぱを繰り返してまとめるだけでも、本格的な編み込みをしたような仕上がりにすることが出来ます。

ロングヘアを両サイドの髪を一房分残してから、ポンパドールでまとめ、まとめた部分をくるりんぱしてから、両サイドの残った髪をツイストしてくるりんぱをした中に入れ込み、最後に下に残った髪の毛も中に入れ込むことで、下に垂れずに綺麗にまとまります。

大きめのヘアアクセサリーで、くるりんぱをした部分を隠してしまうと、残った毛先やゴムの部分が綺麗にカバーすることが出来るので、より仕上がりを美しくすることが出来るので、様々な場面で利用することが出来ます。

最後に

従来のカッチリめのシニヨンスタイルとは違って、ゆるふわな仕上がりとなる旬のシニヨンスタイルは、年齢や髪の長さを気にせずに簡単に行うことが出来ます。

1つヘアスタイルが作れるようになっていると、様々な場面で利用することが出来ます。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-ビューティ
-, ,

関連記事

ダイエットしているのに痩せない原因は?

一生懸命ダイエットをしているのに、1kgも痩せないことがあります。 この場合は、痩せない原因が何かあるはずです。 むやみにいろいろな方法を試してみるよりも、まずは痩せない原因を探ることから始めてみるこ …

今年1本は持ってたいハイウエストデニム!「テーパードシルエット」

そもそもテーパードシルエットってどんなシルエット? 細身のシルエットですが、スキニーよりはゆったりしています。 スキニーは上から下まで細身ですが、太腿あたりは少しゆったりめで裾へ行くほど細身なのがテー …

グルテンフリーダイエット:十割そばのアレンジレシピ

グルテンフリーダイエット中に麺類が食べたくなったら、十割そばならOKです。

女性が憧れる!肌が綺麗な芸能人3選

女性芸能人は、綺麗で可愛い人というのは当然、肌もとても綺麗な方は多いですね。 容姿は商売道具だから、かなり気を使っているのだろうとか、お金かけてるからだとか思われがちですが、以外に女性が憧れる肌が綺麗 …

ヨガで健康的にダイエット!効果が出るポーズ

ダイエットに効果のある運動はたくさんありますが、運動の他にもヨガをするというのもおすすめとなります。 ヨガは健康だけでなくダイエット効果があるとされていて、女性の間では人気のものとなっています。 日本 …

楽天モーションウィジェット