まだまだ寒い日に食べたい湯豆腐に入れると美味しくなる薬味!【ゆず】

まだまだ寒い日に食べたい湯豆腐に、入れると美味しくなる薬味として、黄色い可愛らしいゆずがあります。

温かいものが食べたい季節には、薬味や香味野菜で楽しむ湯豆腐が、日本人の寒い時期の味覚にはたまりません。

スポンサーリンク

湯豆腐に合う薬味とは

寒い日に食べたい!湯豆腐に入れると美味しくなる薬味のゆず

鍋には、昆布でシンプルに出汁をとり、薬味には柚の皮も入れましょう。昆布出汁がとても良い香りを漂わせて、いろいろな好みの薬味で味わう、ホカホカの湯豆腐は最高です。

豆腐だけで楽しむのもいいですが、ほかにもあっさりした野菜をプラスして、栄養満点で食べるのも乙なものです。

材料には、豆腐にかまぼこ、油揚げに根三つ葉、ネギに薄口醤油と塩、昆布などを用意してもいいでしょう。メインは豆腐、あとは豆腐を引き立てるような軽い野菜類がよく似合います。

食べやすい大きさにカットしておき、煮込むだけですが、食べやすいサイズであればこそ、美味しく手間なく食べることができます。

豆腐のサイズは、とにかく食べやすいサイズに、油揚げは1センチくらいにカット、かまぼこは7ミリ位です。ねぎや根三つ葉は、だいたい5センチくらいにカットしておくと、どれも同じような大きさで食べやすいです。

鍋に水を入れて、昆布を入れたら、中火で加熱をします。お湯が煮立つようになれば、ゆずの皮を入れて、塩と薄口醤油も入れて、具材を入れて加熱をしましょう。

薬味は、いろいろ用意すると楽しいものであり、ゆず意外にも、小鉢にいくつか用意をすると、チョイスの楽しみが広がります。

万能ネギに七味唐辛子、大根おろしに白すりごまなど、小さな器に用意をして、好みで温かい豆腐と頂きます。

冷え性の予防や対策にも、黄色いゆずを

温かい豆腐を頂く際に、香りと美味しさを引き立てるゆずは、冷え性への予防や寒さ対策にも一肌脱ぎます。寒い時期には特に、冷え性を感じる人は増えてきますし、今では年間を通して冷え性に悩む人も少ないとは言えません。

手足の先が冷えていると、体調まで全体的に良くないような感覚になりますが、それは気のせいだとは言えないことです。

人間の体内には、血管があり、そこを通って血液は流れています。人は、口から食べ物を食べて生きていますが、その栄養を全身へと届けているのは、体内を流れている血液です。

血液は、新鮮な酸素と、豊富な栄養を全身に運ぶ役割があり、その血液での栄養が行き渡ることで、快適な毎日を送る健康生活ができます。

その血液の流れが良くない状態になると、栄養が隅々にまで行き渡らないために、人間は不調を感じやすくなります。

疲れやすくなりますし、疲労感がなかなかリセットされません。肩こりや頭痛に悩みやすくなりますし、顔色も良いものではなくなります。

正しくこれは、冷え性の症状であり、冷え性を抱えていると、肉体的には良い事などはひとつもありません。特に男性よりも日本女子には冷え性の人が多いですが、いつものことだからといって、放置はしないことです。

何も対策をしないままでは、冷え性がよくなることはありませんし、悪化をすることも考えられます。

そんな冷え性撃退対策としても、黄色いゆずを大いに活用しましょう。その秘訣は、含有するリモネンの成分であり、ゆずを口にして、リモネンが体に入ることで、栄養が血液の巡りを良くしてくれるため、冷え性改善が期待できるからです。

ゆずを生活に取り入れて、リラックスの効果を

ゆずを生活に取り入れることで、現代人が求めている、リラックスの効果も手に入れましょう。またたく間に過ぎ去る毎日の中で、日本人は非常に疲れを感じています。

だからこそ、癒しやリラックスを求めていますが、あまりの忙しさに、その時間さえも作ることができない人は多いです。エステサロンへ行くとか、スパに行くなどの行動を起こすにしても、お金がかかるので躊躇をします。

しかし、とても簡単な方法として、ゆずを使う方法があります。

黄色いかわいいカラーで、特有の良い香りがしますが、この香りが人間に大きなリラックス効果を与えてくれます。たねや皮の部分には、リモネンの香りが存在をしているので、そのリモネンが人間の心への癒し効果になります。

心が乱れたり、高ぶったりしている時にも、ゆずのリモネンの香りを受けることで、心は落ち着きを取り戻して、リラックスをすることができます。まさに人間の脳からは、α波の波動の出ているリラックス状態になります。

毎日の忙しさに疲れを感じている時にも、緊張感から解放されないときや、なかなか眠れない時などにも、リモネンの香りで気持ちを落ち着けることができます。

良い方法としては、バスタイムの時にゆずを入れて、少し贅沢な香りの時間を過ごすことです。

浴槽に浮かぶ、かわいい黄色い果実は目にもキュートで癒されますし、リモネンの優しい香りとのダブル効果で、すっかり身も心の癒されることになります。

バスタイムが終わったあとは、自分の肌にもボディにも優しくすることです。

ローションやクリームで肌を整えて、ふかふかのベッドで良い睡眠を取りましょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-フード
-, ,

関連記事

お味噌汁を毎日飲むとこんな健康効果が!【肝臓がん予防】

ごはんとお味噌汁は、日本の伝統的な食事であり、栄養学的にも炭水化物が豊富なお米と、お米に不足しているアミノ酸をお味噌汁が豊富に含んでいることから、おかずが少なくても満腹感を感じることができ、健康効果も …

甘酒に入れて美味しくアレンジ!【レモンのはちみつ漬け】

甘酒は日本では古来から飲まれており、日本書紀にも甘酒の起源となる飲み物の記述があるほどです。 原材料のお米を発酵させてつくるのですが、お米だけでこんなに甘くなるのと思えるくらい天然の甘さがあり、マクロ …

忙しい朝でもお味噌汁があれば大丈夫!お味噌汁のすごい栄養成分!「ビタミン類」

お味噌汁の材料になっているお味噌は、大豆と麹(こうじ)を発酵してつくられています。

巻かない時短レシピ:ロールキャベツ

ロールキャベツは美味しいですが、手間のかかる料理の1つです。 タマネギやにんじん等の野菜をみじん切りにして炒めて甘みを出す、キャベツや白菜を茹でて1枚ずつばらばらにしたり、芯を取ったりする作業に時間が …

春の食材を使って作りたい!今食べるととびきり美味しい春野菜:ブロッコリー

ブロッコリーは、春の時期に旬を迎える食材で、今では日本の食卓にも欠かせない存在になりました。 この時期には、適度な寒暖差もある影響で、ブロッコリーに代表される春野菜は、甘さが特に素晴らしくなります。 …

楽天モーションウィジェット