一人暮らしにおススメの街:赤羽の魅力

赤羽は東京都の北区に位置し、荒川を挟む形で埼玉県と接している街です。東京の各都市と比較する場合には、北の玄関口としての魅力も同時に素晴らしいのです。
赤羽駅を中心にする形で、交通網が特に充実しているために、一人暮らしの大学生にも人気の街です。

スポンサーリンク

鉄道を中心にする交通網が充実する街

この街で暮らすことになると、電車を使えば20分以内で都心の主要都市に移動できるのも魅力です。埼京線を利用すれば、池袋や新宿へも短時間で移動できます。週末に娯楽施設に行きたいときにも、電車を使えば数駅だけの距離で、目的地に移動できます。

早朝から終電前の時間帯に至るまで、列車本数も十分に確保されていますから、通勤や通学の際にも待たされる心配がありません。思い立ったときにはすぐに駅に移動して、臨機応変に目的に向かうことができるのも、良さの一つと言えるでしょう。

この街の地下には、東京メトロの南北線が通過していることも特徴ではないでしょうか。
地下鉄を使う場合でも、銀座や渋谷などの人気スポットに簡単に移動できます。JRの5つの路線に加えて、東京メトロの地下鉄が並行する交通網が完備されている場所は、一人暮らしをする場合には大きな助けになることは明らかです。
鉄道網が充実するだけでなく、道路を走るバス路線が使いやすいことも魅力です。周辺の幹線道路になる北本通りを多くのバスが通過して、南北の移動を活発にしています。

活発な交通網があるおかげで、一人暮らしであっても家の中に閉じこもる必要がなくなります。常に前向きな生き方をしたいと考えている人にとっても、希望を与えてくれる街です。

ショッピングやグルメに関する店が豊富で便利

池袋や渋谷へ、電車で移動して買い物ができる環境がありますが、衣食住に関する用品は赤羽の街で全て手に入ると言っても過言ではありません。
都内でも屈指の人口密集地ですので、生活用品を扱うスーパーマケットが多く、東京都内では激戦区の一つに数えられています。JR線の赤羽駅を中心にして、商店街は東西に分かれる形になっているのですが、どちらも活気に満ちあふれています。

東口には西友やダイエーなどのスーパーがある一方で、西口にはイトーヨーカドーも立地しています。
一人分だけの弁当やお惣菜が欲しいときには、複数の店舗を回って好みの品物を選べます。経済的に余裕がない場合でも、激安スーパーが多数あるおかげで、一人暮らしの生活にもゆとりが生まれることになります。

大型の複合商業施設に関しては、赤羽アピレが魅力的になります。
西口からは徒歩30秒という好立地で、中にはファーストフードや洋服のお店があります。洋服を新調するために訪れると、欲しいものが見つかる人気スポットです。

この街で一人暮らしをしていると、毎日のように自炊をするのが面倒に感じることがあります。
料理を作ることができない場合でも、多彩なグルメスポットがあるおかげで、食事に困ることがありません。駅の構内には手軽に利用できる飲食店が多く、通勤や通学中に軽い食事をしたい場合にも重宝します。

中心部の商店街は、飲食店の激戦区としても知られ、特にラーメン店や居酒屋に関しては店舗数が充実しています。グルメの激戦区ということもあって、讃岐うどんなどの全国のご当地料理が楽しめる飲食店も豊富です。

水辺と緑の自然環境に恵まれていることも赤羽の魅力

赤羽には、都会のオアシスとなる「荒川」と「新河岸川」が流れ、水と緑が豊かな自然環境が保全されています。
新河岸川は、岩淵水門から隅田川に変わって、この街の東側を流れる状態になっています。荒川の河川敷は広大で開放的ですから、サイクリングや散歩の名所として親しまれています。

荒川に沿って流れる新河岸川沿いには赤羽桜堤があり、春には桜の花が一斉に満開になることが有名です。都会の一人暮らしであっても、自然を満喫したいときには荒川へ行ってストレスを解消できます。荒川に架かる新荒川大橋からは、富士山や秩父の山並みも鑑賞できますので、山の景色を見て癒やされたいと思っている人にもおすすめできる街です。

荒川の周辺は比較的に平坦な地形になっているのですが、南側は武蔵野台地の北端部になっている影響で、急峻な崖が形成されています。
武蔵野台地の丘の部分も自然が豊かで、史跡としては太田道灌ゆかりの稲付城跡もあります。埼京線の地下トンネルから、南西側の場所には赤羽自然観察公園があり、水辺空間と緑が美しい名所としても人気です。

丘の周辺には無数のマンションやビルが林立していますが、その中には都市に必要な憩いの場があることで、都会生活に余裕が生まれることになるわけです。

最後に

この街で暮らすことになれば、秋の季節には新河岸川や台地の上で紅葉も鑑賞できます。荒川では5月頃になると芝桜が一斉に満開となって、土手が桜色に染まります。
荒川や新河岸川の水辺に囲まれ、桐ケ丘中央公園にも木陰のクールスポットがありますので、夏の蒸し暑い時期であっても快適に過ごせる環境が整っています。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-暮らし
-, ,

関連記事

生活をよりスマートに|注目の最新家電「電話機&ファックス:パナソニック」

電話機&ファックスのメーカーといえば、パナソニックがあまりにも有名です。 家庭用の電化製品を提供する日本のメーカーは数多くありますが、国内の大手家電メーカーの中でも圧倒的な人気と信頼を得ているのが、パ …

春から一人暮らし!気になる引っ越し費用の相場は?

スポンサーリンク 一人暮らしの引っ越し費用の相場を知っておこう 3月や4月などの年度の始まりとなる季節には、新生活で一人暮らしを始める社会人や学生が非常に増えます。 一人暮らしをするために引っ越しをす …

ネット銀行活用術 : 住信SBIネット銀行の特徴

住信SBIネット銀行は、2007年9月に営業を開始したインターネット銀行で、有人店舗や専用ATMを持ちません。 口座開設手続きや残高照会、振込、定期預金、その他各種サービスの申込みは、基本的にインター …

初心者におすすめのペット:ハリネズミ

ペットを飼ってみたいけど犬は散歩が大変そうだし、可愛い猫は部屋をいたずらされそうで不安、ハムスターは寿命が短すぎて辛い、でもペットと暮らす癒やしが欲しいというペット初心者にオススメなのが、人気のハリネ …

クレジットカード「UCSカード」の特徴やおすすめポイント

新たにクレジットカードを作るなら、UCSカードがおすすめです。 UCSカードは、株式会社UCSが発行しているカードで、さまざまなサービスや特典が用意されています。 一般的なクレジットカードだけでなく、 …

楽天モーションウィジェット