初めての一人暮らし:人気の間取りは?

初めての一人暮らしを行うにあたって、部屋選びは楽しくもあり、ただ、これから生活していく場所となりますので、慎重に選びたいでよね。
そこで今回は、一人暮らしにおススメの間取りをご紹介いたします。

スポンサーリンク

シチュエーション別!おススメの間取り

予算に余裕がある人は1LDKがおすすめ

初めての一人暮らしを行うにあたって、予算が許すのであれば最もおすすめな間取りは1LDKです。
1LDKは、一般的に6畳以上の部屋と、10畳以上のリビングダイニングキッチンがあるもので、一番人気となっています。これだけあれば、一人で十分ものを置くスペースも確保できますし、のびのびと生活することができますし、友人などを家に呼んでパーティーもできます。
また部屋自体が広いので、隣の部屋の音もワンルームなどに比べて聞こえにくいのもメリットです。

部屋の広さは実質2DKと変わりません。
寝室とリビングを完全に隔離できるため、生活感のない部屋作りが可能になります。家賃もワンルームに比べて高いため、一概に言うことはできませんが、住人の質も上がるため、夜中の騒音に悩む可能性も下がります。

一方でデメリットとしては、やはり家賃の高さが一番に挙げられます。
広さが実質2DK並みですし、人気の間取りということもあり、新築で設備の整っている物件はどうしても家賃が上がる傾向にあります。それでも少しでも安い物件を探すのであれば、駅から離れた郊外か、多少築年数の経過した物件を候補に入れるなど、多少の工夫が必要となってきます。

また部屋が増えるとその分エアコンが1台追加しなければならなくなったりします。最初から付いていればいいのですが、物件によっては別途購入の必要があるため、予想外の出費になったりします。
予算のデメリットがありますが、その問題さえクリアできれば広いリビングスペースと、寝室のプライベート空間を完全に分けることができる1LDKはおすすめです。

1Kは料理もする初めての一人暮らしにおすすめ

1LDKの次に人気がある間取りが1Kです。
1Kとは、居間とキッチンを分けた間取りになっており、一人暮らしの定番となっています。実際初めて一人暮らしを行う多くの方が、初めは1Kを選んでいます。

1Kは、1DKや1LDKと比べて家賃が安いことが魅力です。また一人暮らしを前提としていますので、周りの住人も一人の方ばかりです。防音については、鉄骨鉄筋コンクリート造で、比較的築年数の浅い物件を選べば問題になりません。
子供ありの家族が隣や上の階にいる可能性が低いので、子供の騒ぐ音に悩ませる心配も減ります。

居間は寝室とリビングを兼ねたものになりますが、その分コンパクトですので、余計なものを持ちたくない人や、シンプルライフをしたい人には、逆にこのコンパクトさが居心地よかったりする場合もあります。また部屋数が少ないので、その分掃除する手間も減ります。

キッチンは居間と別で分けられていますので、自分で料理をしたい人は料理の匂いがこもらないのでワンルームより断然お勧めです。部屋の広さも4.5畳から12畳の広いものまで幅広くありますので、予算と相談しながら選ぶことができます。

デメリットとしては、やはりリビングと寝室が一緒になっていますので、他人を呼んだときはどうしてもベッドなどのプライベートな部分が見えてしまうことです。しかし、それもベッドでなく布団であれば、畳んで押し入れに収納で対応したり、簡易的なパーテーションなどで仕切るといった対策も可能です。

他にはキッチンといっても本格的に料理をやりたい人は少しスペースが足りないこともあります。
1Kは、1人で住むということを考えた場合には最も合理的な間取りであるといえますので初めての一人暮らしにはお勧めです。

料理をせず、予算を抑えたい人は1Rもおすすめ

「住居に予算をかけたくない」
「食事は基本外食や弁当で自炊しない」
「寝るスペースがあればいい」

と、ある程度割り切った方には、1Rという選択肢もあります。
1Kがリビングとキッチンが分けられていたのに対し、1Rはキッチンも居間も全て一つの部屋に入ったものになります。そのため料理の匂いがどうしてもこもってしまったり、冷蔵庫のファンの音が聞こえたりといったデメリットはあります。

しかしその分、何よりも家賃が他の物件に比べて安いことがなによりのメリットです。家賃が安い分、違うことにお金を使うことができるというのは、学生や若い社会人にとっては、予想以上に大きなアドバンテージとなります。

例えば車が趣味の人は、浮いたお金を車にかけることもできますし、友人と遊ぶお金もあったりするわけです。またキッチンと居間がドアで仕切られていないので、1Kよりも広く感じることもあります。1Kの予算で、より広い1Rの物件を探せば、その分広々と部屋を使うことができます。

また12畳などの広い1Rであれば、ドアや仕切りがない分インテリアのレイアウトも1Kに比べて制限がなく自由に配置しやすくなります。仕切りが欲しくなれば、パーテーションなどを使えば簡易的に2部屋とすることが出来て、プライベートな空間と分けることも可能です。

一方で、匂いがこもったり、狭い物件が多いということもあり、友人を頻繁に招くというような人には別の間取りがよかったりします。学生の初めての一人暮らしで予算をかけたくない、人を招くことはほとんどないと、ある程度割り切った人には1Rはよい選択肢となります。

最後に

いかがでしたか。
これからの生活の拠点となる、部屋選びです。

自分のライフスタイルに合った間取りを考え、快適な一人暮らしを始めましょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-暮らし
-,

関連記事

【DIY】穴を開けたくないならディアウォールdeキッチン収納

収納はとても大切で、少しの大きさの違いでもしまう物の量に差が出てきます。 そのようなときには、収納箇所を増やすことも大切で、収納ラックなどを使用したりすることもあります。 リビングや寝室などであれば、 …

どうしても捨てられない!部屋のモノを減らす6つの方法

気分や性格上、どうしても自分の部屋にあるモノが捨てれらない、という方はいますよね。 さすがにもう使わないだろう、必要ないだろうと思っていても、ついつい取っておいてしまうのです。 そういった捨てられない …

クレジットカード「セディナカード」の特徴やおすすめポイント

セディナカードは、信販会社のセディナから発行されている一般向けのカードで、初めてカードを持つ方でも利用しやすい特徴を備えています。 セディナでは、多くの種類のクレジットカードを発行していますが、どのカ …

結婚指輪人気ブランドの特徴:4℃

幅広い年齢層に人気の4℃は、1972年に誕生したジュエリーブランドです。 1960年代後半に、斬新なアイディアをもった数人の若者が東京の原宿に集まったことが始まりと言われています。 現在は、日本全国で …

お見合いはどんなもの?利用方法や出会いまでの流れなど

私たちの祖父母より以前の時代には、お見合い結婚が主流でした。 親同士が決めた相手とお見合いをして、縁談がまとまります。まともに顔を見たのは、結婚式当日だったという話も珍しくありませんでした。 現代でも …

楽天モーションウィジェット