初めての一人暮らし:引越し業者を選ぶコツ

一人暮らしを始める方の中には、家賃は抑えられないけど、引越しは自分でやって、費用を抑えたい。
そう思っている方って結構いらっしゃると思います。

引越し業者に依頼するメリットについて、今回はご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

引越し業者に頼むメリットって、なに?

確かに、引越しにかかる費用って高いですよね。その上、ネットで調べてもなんだか費用計算が曖昧ではっきりしない。

初めての引越しとなれば相場も余計わかりにくいものです。
だから、近所の引越しだと友達に頼んだり、自分でどうにかしようと思っている人もいると思います。

でも、引越し業者に頼むことは、当然それなりのメリットがあるんです。

一番大きなメリットは、もし引越し中に物損事故が起きた場合、その保証をきちんと行ってくれることです。物損事故といっても、家財道具に傷がついたというレベルから、住居や共有部分に傷をつけてしまった場合まで、いろんな場面が考えられます。
もし、これを自分で全てまかなっていたら、ただでさえ忙しい引越し作業や、その後の様々な手続きがさらに忙しくなるだけです。

また、引越しに慣れてない人が作業することで、腰などに負担がかかってしまう可能性もあります。
例えば段ボールひとつでも、お皿が入っている段ボールと、漫画本が詰まっている段ボールでは、同じ大きさであってもその重さは全く違います。初めて作業する人が何も知らないで持ち上げてしまうと、最悪ギックリ腰になってしまうことさえあるのです。

これらのリスクを最小限に抑えるためにも、また、トラブルが起きた場合の保証を補ってもらうためにも、引越し業者に引越しを依頼することが決して高いことではないのです。

初めての一人暮らしにぴったりの引越しプランって、あるの?

引越し業者に頼む引越しプランって、なんだか大きいトラックにたくさんの荷物を積んで、何人もの作業者が黙々と作業しているイメージが強いですよね。でも、よく調べてみると、一人暮らしにぴったりの引越しプランというのは、意外と用意されているものです。

例えば、有名宅配便業者のプランだと、関東圏内の引越しだとおおよそ一万七千円程度から依頼が可能です。見積もりも、ネットから簡単に行えます。
あらかじめ引越しで持ち運びしたい荷物の採寸を行う手間は必要ですが、ほぼ確実な見積もりが可能です。また、荷物の引き取り、引き渡し時間の指定もできるプランがあります。

関東圏内で一万七千円というプラン、果たして安いのか高いのか。

ちょっと検討してみましょう。

軽トラック(積載量1トン未満)で最安プランだと、概ね24時間で八千円未満からあります。関東圏内ということで、千葉から神奈川まで移動する場合、走行距離だけで往復300kmかかります。
ガソリン代は仮に五千円としましょう。高速道路代が往復で1万円。ETC付きであればもう少し安くなるかもしれません。
それに、お手伝いしてくれた友達への食事代。

そして、忘れてはならないのが自分が引越し先に戻るための交通費。これだけ合計しても、かるく二万円は超えてしまいます。
しかも、軽トラックに荷物を載せる場合には、飛散防止のため縄で縛ったり、ブルーシートで覆う必要があるのですが、この作業は熟練が必要な作業です。下手すると走行中に落下し、道路交通法違反に問われる可能性も出てきます。

それに対して、引越し業者に頼んだ場合は、専用のカートに全ての荷物を入れて運んでくれますし、屋根付きのトラックで運んでくれますから、荷物が行方不明になったり、壊れる心配もまずありません。

初めての一人暮らしでの引越し見積もりで気をつけることって?

初めての一人暮らしでの引越し見積もりで気をつけることは、それはどのような買い物でもそうですが、業者のいうことを鵜呑みにしないことです。

一番多いトラブルは、搬送する荷物の量について口頭でのみ伝えたために、当日やってきた下請け業者が荷物が多すぎるといって搬送を拒否したケースです。業者選びで重要なのは、受注する業者と、実際に荷物を運ぶ業者が同じであること(もしくは、グループ業者であること)です。

引越し見積もり一覧サイトで比較するときには、そのような点がわかりにくい時がありますので、仮に一番安い業者が出てきた場合でも、そのまま契約せずに、電話などで一度内容を確認することが重要でしょう。

例えば、引越し先が三階の場合、エレベータの有無によって追加料金が必要なケースもあります。場合によっては、アパートやマンションの入り口までしか搬送しない業者も存在します。
こうなってしまったら大変です。全ての荷物の運搬を自分一人で行う必要が出てきます。

したがって、決定する前に必ず、荷物の運搬はどこからどこまで行うのか、荷物の量はあらかじめ確認するのかなど、不安に思っていることは全て聞いておくのが重要です。

また、引越しの時期も大切です。
当然ですが、三月末や、五月の連休中など、繁忙期になると予約が取れなくなる場合もあります。逆に、閑散期だと余裕を持って引越ししますし、作業も丁寧になる傾向があるようです。

どんなに有名な会社でも、繁忙期には1日で何件もの引越し案件をこなすと言います。依頼主の都合もあるので、それを守るためには業者には悪意がなくとも手抜きに見えてしまうこともあり得ます。
お互い余裕を持って、安心して引越しを行うためにも、閑散期を狙った引越しを考えてみるのも重要です。

最後に

いかがでしたか?
引越しの際、引越し業者の利用を検討している方は、是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-暮らし
-, ,

関連記事

プランターで家庭菜園!春に植えるおすすめ野菜8種類

春植え野菜はどれも育てやすいものばかりです。 プランターでの栽培は場所などに限界があると思いますが、様々な野菜に挑戦していって頂きたいです。

フリマアプリ「プラット」の特徴や使い方

インターネットオークションよりも、もっと手軽で便利に楽しめるとしての人気が高まっているのが、フリマアプリです。 そして、プラットもその一つに数えられるのですが、気になるのがどのような特徴があるのかでし …

初心者におすすめのペット:ハリネズミ

ペットを飼ってみたいけど犬は散歩が大変そうだし、可愛い猫は部屋をいたずらされそうで不安、ハムスターは寿命が短すぎて辛い、でもペットと暮らす癒やしが欲しいというペット初心者にオススメなのが、人気のハリネ …

コンビニATMの手数料が無料!ネット銀行「住信SBIネット銀行」

住信SBIネット銀行は、有人店舗や専用のATMを持たないインターネット銀行で、日本のインターネット銀行の中でトップの預金残高(3兆5千億円以上)を誇ります。

フリマアプリで売れるコツ

フリマアプリのユーザーの中には、売れ行きが良いという人がいる一方で、売れないという人もいます。 ただ、売れない人でも、売れるようになるためのコツを実践することで、売り上げを伸ばしていくことも可能ですか …

楽天モーションウィジェット