ニッチな外国語の資格:シンハラ語入門検定


あなたはシンハラ語を知っていますか?

南アジア、インドの南東に位置する島国であるスリランカという国で話されている言葉です。

まるでお花やカエルなどのように丸くコロコロとした世界一可愛い文字だと言われています。

スポンサーリンク

スリランカの言語、シンハラ語

スリランカも日本人にはあまりなじみのない国なのではないでしょうか。

正式名称は、スリランカ民主社会主義共和国で首都はコロンボです。

しかしこの国、欧米人の間では人気急上昇中の国なのです。

アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市に本社を置く高級日刊新聞紙である「ニューヨークタイムズ」で2010年に「訪れるべき国NO.1」に、世界中で利用されているガイドブックの「ロンリープラネット」では2013年では「もっとも旅行したい国NO.1」に選ばれるほど注目されているし、世界遺産が8個もあり、旅行者にはとても魅力的な国なのです。

日本でも有名なのは紅茶の「セイロンティー」の産地で、世界4大宝石産地の一つでもあります。

中でもサファイヤ、ルビーの品質がとても良いと言われており、少し過去の話になりますが、イギリスのチャールズ皇太子がダイアナ妃に送ったのがスリランカ産のブルーサファイヤだと言われています。

女性に人気の恋愛の象徴であるパワーストーンのピンククオーツが採れる国でもあります。

サンスクリット語で「生命の化学」「生きる科学」といわれているWHO(世界健康機関)にも認証された医術の「アーユルヴェーダ」の施設もスリランカにはたくさんあります。

近頃日本でもアーユルヴェーダを受けれるサロンが増え、スリランカに勉強しに行く人も増えています。

シンハラ語はそんな魅力あるスリランカの公用語なのです。

シンハラ語入門検定を取得するメリット

前の項目で書いたように、スリランカはとても魅力的で、これからもっと人気が出てくるであろう国なのです。

今はニッチなシンハラ語の資格を持っていた方がいい理由は何でしょうか。
(ちなみにニッチとは市場規模が小さく誰もが手を付けていない分野という意味です。)

そう、これからもっと人気が出てくるであろうスリランカのシンハラ語は、これからの需要がどんどん見込まれるのです。

疲れていて癒しを求めている日本人に浸透してきているアーユルヴェーダは、新しいもの好きな日本人が好むポイントがたくさんあります。
人が本来持っている自然治癒力を引き出し、免疫力を高めます。
自然界に生息するハーブを利用している事も重要なポイントなのではないでしょうか。

パワースポットの記事もネットで見ない日はないくらいだし、パワーストーンのお店も街でよく目にします。
可愛いピンク色のピンククオーツは恋愛運をアップさせるだけでなく、ピンク色が大好きな女性は普通にアクセサリーとして使ってもとても幸せな気分になるのです。

セイロンティーに至っては老若男女今も昔も人気です。

女性をターゲットにしたら良いといわれる市場にスリランカは必需なのです!

同じ外国語で一番使われているのは英語でしょう。
今の時代ほとんどの人が話せます。
英語の資格である英検やTOEIC、TOEFLは認知されていて持っている人も多いでしょう。

ですがシンハラ語を話せる人はまだ少ないのです。
これから需要が高まるスリランカ、シンハラ語を話せる事需要が高まるのです。
まずは入門です。

シンハラ語入門検定はどんな資格?

シンハラ語入門検定とは、2014年に名古屋で実施された資格試験で、NPO法人スバ・ランカ協会が後援し、スリランカ・シンハラ語の会が主催です。

シンハラ語入門検定の他に「シンハラ語初級検定」があります。

シンハラ語を学習することによって、日本とスリランカの相互の親睦を深めるとともに、より発展することを目的としています。

受験資格は特になく、受験言語は日本語です。

シンハラ語入門検定の内容は①「読み」「書き」シンハラ文字や符号がわかり、初歩的な語句や文を読んだり書いたり出来る、②「聞く」「話す」初歩的なあいさつや簡単な日常会話を話したり聞くことが出来るとあります。

学習時間約30時間程度です。

そのくらいなら簡単なのではないかと思ってしまうのですが、世界一可愛いといわれている丸いコロコロした文字が覚えにくいのか、可愛くて覚えられるのかと興味が沸くところですね。

では実際にシンハラ語とはどんな文字なのか紹介しましょう。

「こんにちは」 ආයුබෝවන්(アーユボーワン)

「ありがとう」 ස්තුතියි(スイティイ)

どうですか?
やはりコロコロを可愛い文字ですよね。

スリランカに行くなら少しでも現地の言葉を覚えていった方が楽しいものです。
上記の2つは必須です。

シンハラ語入門検定資格を持っていれば、読み書きや少しの会話が出来る事になります。

最後に

魅力あるスリランカに行き、シンハラ語を話し現地の人々と交流し、スリランカが好きになり、もっとシンハラ語の勉強をする。

シンハラ語初級検定の資格を取るのもいいでしょう。

是非シンハラ語入門検定にチャレンジしてみましょう!
世界が広がりますよ。

スバ・ランカ協会

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-仕事・資格, 民間資格
-,

関連記事

英語を通して学ぶ文化と歴史

語学はその国の文化を表しています。 日本語は文章を最後まで確認しないと、YESと言っているのか、NOと言っているのかわかりません。 それは日本の国民性が人間関係を曖昧にし、センテンスの最後の方にその人 …

公務員になるための試験:公立学校教員

教員の資格は比較的簡単に取得可能ですが、公立学校で教師として働くためには、県や市町村が行う教員採用試験に合格する必要があります。

年齢関係なし!女性が取得しておくと便利な資格

資格取得は自分自身への投資ということができます。 就職の際にアピールにつながるなど、今後の働き方などにも役立ちますし、取得のために学んだことが生活にも役に立つこともあります。 特に大人になってから再就 …

医療系の資格:獣医師になるには

今では空前のペットブームということで、昔とは比べ物にならないほど犬や猫を飼う人が増えています。 もはや家族同然の扱いで、中には飼い主の方が犬や猫に身を捧げているようなケースまであります。 特に最近の猫 …

将来的に独立ができる国家資格「歯科医師」

日本の国家資格には、たくさんの種類がありますが、それらの中には将来的に独立開業することができる種類の資格も数多く存在しています。 町の歯医者として働くために必要な資格である歯科医師も、国家資格の1つと …

楽天モーションウィジェット