スキー焼けに注意!スキー場での紫外線対策


この季節、スキーやスノーボードなどのウインタースポーツに出掛ける方も多いと思いますが、「スキー焼け」対策は十分にできているでしょうか?

冬は夏と比べて紫外線量が少ないことから、約半数の人がスキー焼け対策をせずに出掛けているようです。

しかし、曇りの日に2~3日滑っただけなのに、ゴーグル以外の露出部分が真っ黒になってしまい後悔している方が多いのも事実です。

そこで今回は冬にも関わらず「スキー焼け」をしてしまう原因とその対策について紹介します。

スポンサーリンク

スキー焼けの原因と対策

スキー場の紫外線量が多い理由

まず、なぜ冬のスキー場の紫外線量が多いかについてですが、それは紫外線の反射率によるものです。

紫外線の反射率とは、紫外線を含む太陽の光が地面にあたってから反射する際に跳ね返ってくる紫外線の量のことです。

土や草の上が5~10%、砂浜や海面が10~20%ほどに対し、雪上ではコンディションの悪い雪の場合でも50%、新雪に関しては80%もの紫外線が反射するのです。

ですから、スキー場では直接太陽の光から浴びる100%に加え、雪による反射の影響でさらに80%、つまり太陽光線の約2倍にまで相当する紫外線量を受けていることになるのです。

次に、太陽から地上に届く光には、直射光と散乱光の二種類があります。

直射光は文字通り太陽から直接届くもので、散乱光は空気中のごみやちり、また空気そのものにもあたり進行方向を変えたもののことを言います。

スキー場は標高が高く、空気が薄いうえに空気中のごみや汚れなども少なく澄んでいるため、錯乱光が起こりにくい状態にあります。

そのため、必然的に地上に届く紫外線の量も増えてしまいます。

実際に、紫外線の量を示すUVインデックスの値は、標高が1000mあがると10%高くなると言われています。

これらの紫外線の反射率と錯乱光の影響が、スキー場の紫外線量が多くなってしまう主な原因となります。

スキー焼けの対策方法

1つ目は、スキーやスノーボード専用のゴーグルを着用することです。

めがねやサングラスを着用するのも悪くはありませんが、それらのものに比べてスキーやスノーボード専用のゴーグルはUVカット効果の高いものが多いと思われます。
また、めがねやサングラスには肌との間に隙間のあるものもありますが、ゴーグルであれば肌と密着しているので隙間から紫外線を受ける心配もありません。
購入の際には、UVカット率の表示なども参考にして気に入ったものを選んでみてはいかがでしょうか。

2つ目は、日焼け止めを塗ることです。

日焼け止めは「SPF(Sun Protection Factor)」と「PA(Protection Grade of UVA)」という2つの表記によって効果が決められています。

SPFは、主にUV-B(紫外線B波)の防止効果を表す目安の数値です。
また、紫外線を浴びだしてから日焼けをしてしまうまでの時間を遅らせる効果を示したものですので、SPF30であれば、通常の人が日焼けをし始めるまでにかかる10~20分という時間を30倍の5~10時間に引き延ばすことができます。
ですから、日常生活レベルであればSPF10以上で十分だと思われますが、スキー場ではSPF50以上のものがよいでしょう。

また、PAは紫外線の中でもUV-A(紫外線A波)を防止する効果を示しており、+の個数が増えるにしたがって効果が高いことを示しています。
これに関しても、スキー場に出向く際にはPA++以上のものを使うことをおすすめします。

とはいえ、どんな日焼け止めを塗っても一日中効果を発揮するわけではなく、汗をかいたり水に濡れたりすれば通常よりもさらにその効果は短くなってしまいます。
最低でも2~3時間おきには日焼け止めを塗り直したほうがよいでしょう。

最後に3つ目は、ゴーグル以外の場所も肌の露出部分を少なくすることです。

見た目の問題や、通気性が悪くなりゴーグルが曇るといった理由から嫌がる方も多いようですが、バンダナやネックウォーマーなど使えるものはいろいろありますので、ご自分に合うものを選んで使用してみてはいかがでしょうか。

とはいえ、特にUVカットをうたっていない薄い布一枚では日焼け対策としては不十分ですので、日焼け止めを塗った上からの使用をおすすめします。

最後に

冬は空気の乾燥により肌のバリア機能が低下しています。
さらに、紫外線は水分の蒸発を促してしまう作用があるので、紫外線対策はもちろん、日焼け止めを塗る前や落とした後に保湿クリームを塗ることをおすすめします。
また、日焼け止めを塗ったからといって100%紫外線が防げるというわけではありませんが、スキーやスノーボードが苦い思い出にならないように、スキー焼けに対する万全の対策をして楽しんでいただければと思います。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-スポーツ, 旅行・レジャー
-, , , ,

関連記事

フィギュアスケート採点の流れ:審判団(ジャッジ)

フィギュアスケートの大会は、世界各地でたくさんおこなわれています。 各大会には審判団がいて、その時点での基準に合わせた審判をおこない、各選手の演技に点数をつけています。 採点基準はしばしば変わります。 …

JリーグのJ1とJ2の入れ替えの仕組みはどうなっている?

2017年のJリーグが開幕して、各チームがそれぞれの目標に向かって、毎試合熱い戦いを繰り広げています。 リーグ戦も終盤になると、優勝争いが白熱すると同時に、J1の下位チームの降格争いも激しい争いを毎年 …

初心者のための乗馬入門:乗馬用語を覚えよう

乗馬というのは、日本人にとってはあまり身近なスポーツではないかもしれませんが、動物と一緒にできる唯一のスポーツとして、全世界で親しまれています。 乗馬には大きく分けて2種類のスタイルがあります。 ひと …

野球の基礎知識:投手と捕手に関するルール

野球において、投手がボールを投げないことには試合にならず、何も始まりません。 そうしたことから、投手が基本的にはイニシアチブを握るというのが野球です。 これをまずは基礎知識として持っておき、その後に投 …

夏の風物詩「安倍川花火大会」を楽しむポイント

安倍川花火大会とは、静岡県で毎年開催されている花火大会のことで、何と60年以上もの歴史を誇る、伝統的な花火大会なのです。 昔から長く続いているというだけでなく、静岡県下で最大規模の大会としても有名で、 …

楽天モーションウィジェット