あると安心!スキー・スノーボードの保険


スキーやスノーボードはとても楽しいスポーツですが、転倒などの事故がとても多く、重傷を負ってしまったり負わせてしまう可能性があります。

最悪の場合は死亡事故が起こるケースもあります。

そのため、スキーやスノーボードを行う方は保険に入っておいた方が良いかもしれません。

スポンサーリンク

もしものときにあると安心

個人賠償責任保険

様々な種類の保険がありますが、個人賠償責任保険には加入しておいた方が安心です。

スポーツを行っていると、人にぶつかって怪我をさせてしまうことがあります。
特にスキーやスノーボードはそのリスクが大きいです。

自分が怪我をした場合は自己責任でどうとでもなりますが、相手に怪我を負わせてしまった場合には賠償責任が発生してしまいます。

賠償責任は状況によって賠償額が変わってきますが、相手の怪我が酷く賠償額が大きい場合には、すぐには支払えない額が請求される可能性もあります。

そんなときのために個人賠償責任保険が役立ちます。

個人賠償責任保険に加入しておくことで、相手が怪我をした場合の賠償責任に関して安心感を持つことができます。

個人賠償責任保険に加入する際の注意点があります。

それは、すでに何らかの保険の特約として個人賠償責任保険に加入している場合があるということです。

2つの保険に入っていても2倍の保証が受けられるわけではなく、無駄遣いになってしまいますので、重複が無いように気を付けましょう。

スキー・スノーボードの専用保険

シーズン中、頻繁にスキーやスノーボードを行う方は、スキー・スノーボードの専用保険がおすすめです。

専用保険には怪我の補償や賠償責任の他にも、携行品損害や救援者費用など、スキー・スノーボードをする上で必要な保障が含まれています。

携行品損害とは、持ち物が盗まれたり、偶然の事故で損傷してしまった場合のことを指します。

救援者費用とは、被保険者が出先で遭難や怪我などで入院した際に、被保険者とその家族などの現地渡航費用や捜索費用などを補償する保険金のことです。

月々の料金もさほど高くないので気軽に利用することができます。

他にも

冬だけでなく、年間を通して釣りやゴルフなどのスポーツを行う方にも専用の保険がありますので、加入しておくと安心です。

また、日帰りから1泊単位の短期保険もあります。

スキー・スノーボードは日帰りもしくは1泊で帰ってしまう場合が多いと思います。

短期保険に入っていれば怪我の補償はもちろん、賠償責任や携行品損害が付いており、コースによっては救援者費用などの補償が付いているものもあります。

短期なので料金も安いので、1年に何度も行くわけではない方におすすめです。

保険は大事

上級者の方は自分は怪我をしないと思っている方が多いです。
確かに滑るのが上手い方は危険を察知する能力が高く、怪我をしにくいです。

しかし、体調が悪い日や吹雪で視野がほとんど見えない時などは怪我をする心配があります。
また、自分が注意していても衝突され怪我を負ってしまうことがあります。

さらに、怪我を負ったりしなくても毎シーズン聞くのが板の盗難です。
ワイヤーでロックすることで盗難のリスクを減らすことができますが、0%にはできません。
保険に加入しておくことで、板の盗難にあった場合にも補償がつきます。
また、滑っていた時に板が壊れたという場合にも補償が有効な可能性があります。

保険選びのコツ

保険選びのコツは、個人賠償金額が1億円以上・通院補償がある・携行品補償が10万円以上で、月々の料金が1000円程度のものがおすすめです。

個人賠償金額は、だいたい1000万円・5000万円・1億円・それ以上と分けられるパターンが多いのですが、1億円以上の大金を請求された場合に備えて、個人賠償金額は高めの方が良いでしょう。

また、通院補償もついているケースが良いです。
大きな怪我よりも小さな怪我をすることが多いです。
その際に通院することになっても通院補償がないものが多いので、通院補償が付いているものを選んでおくことで、1日当たり500円から1000円程度返ってきます。

板が盗難されたり壊れてしまうことも少なくないので、携行品補償もつけておいた方が安心です。

一般的には、スキーヤーやスノーボーダー同士の事故を思い浮かべる方が多いと思うのですが、事故形態はスキーヤーやスノーボーダー同士の怪我だけではありません。

例えば、ゲレンデで係員の指示が元で事故が発生したり、スキー場の管理に伴う事故も考えられます。
スキー場の管理に伴う事故とは、危険と思われるところがあるのにも関わらず対処を行わなかったりすることなどが挙げられます。

それらの場合にも補償が有効となる保険がほとんどです。
安い金額ばかりに気をとられて補償が疎かにならないように、補償内容に気を付けてしっかり確認した上で、自分のスタイルに合った保険を選ぶようにしましょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-スポーツ, 旅行・レジャー
-, ,

関連記事

ヨガで健康的にダイエット!効果が出るポーズ

ダイエットに効果のある運動はたくさんありますが、運動の他にもヨガをするというのもおすすめとなります。 ヨガは健康だけでなくダイエット効果があるとされていて、女性の間では人気のものとなっています。 日本 …

子ども・幼児の水泳練習メニュー

水遊びも、子ども・幼児にとって大切な水泳練習メニューの一つです。 今クロールや平泳ぎができる子供達も、最初は皆、水遊びを通して水に慣れるところから始まります。

ドイツ旅行のおすすめ観光スポット

ドイツ国内には、魅力的なスポットが多数点在しています。 ひとつの国と言っても、すべてのスポットを巡るのはなかなか大変ですので、まずは一番行きたい場所を定め、その場所を中心に計画を立てることをおすすめし …

夏休みに家族で旅行したい鹿児島県のおすすめスポット3選

九州最南端に位置する鹿児島県は気候が温暖で、自然が豊かな場所です。 キャンプ場や温泉などが楽しめるスポットや、活火山である桜島を間近で見ることができる公園もあります。 夏休みに家族旅行を計画されている …

デンマーク旅行のおすすめ観光スポット

コペンハーゲンの市内観光を一通り終えたら、おすすめの観光スポット、童話作家アンデルセンの生まれ故郷を訪ねましょう。

楽天モーションウィジェット