スキーがなかなか上手くならない理由とは?

スキー
今年は普段、雪が降らないところでもたくさんの降雪がみられます。
寒くて外に出たくない気持ちもわかりますが、ウィンタースポーツの定番スキーで体を温めませんか?
しかし、気持ちはあってもなかなか上達しない方もいると思います。

そんな方はまず、TVで見かけるような上手な人の滑り方を忘れてください。
何事も基本です。
雪国出身の私も冬になるとスキースクールに通い、少しずつ滑れるようになりました。
つまり、練習量を積み重ねる段階を飛ばそうとせずに、一歩ずつ進歩していけばいいのです。

スポンサーリンク

基礎から練習していこう

スキーを楽しむには、まず準備運動ですね。
屈伸等の下半身の運動はもちろん腕を伸ばしたりして腕の運動もしましょう。
スキーの板を外して行ってもいいですが、スキーの板をはめた状態で行うとバランスをとる練習にもなります。
ストックで支えながらでもいいのでピョンピョンその場で跳んでみたり、片足立ちの状態で足を左右に振り足首の運動をしたりするといいでしょう。

上達しないことの理由に気持ちの問題もあります。
子どもの頃ならば、あまり転ぶことへの恐怖や恥ずかしさがないのですが、大人になるとどうしても恐怖感や恥ずかしさが先に出てきてしまいがちです。
上手な人も何度も転んだことがあるでしょう。
転ぶのも練習という気持ちを強くもってください。

滑り方の練習

時々見かけるのがはじめから板を平行にするすべり方(以後、二の字)にチャレンジしようとしている人です。
そちらの方がたしかにカッコイイですが、初めはハの字から練習していきましょう。
このハの字での練習量が上達への道と言っても過言じゃないです。

スキーはとにかく体重のかけ方が大事なので、ハの字で少しずつ慣れていきましょう。
自身がないとどうしてもへっぴり腰になりがちですが、これだとかえってスピードが出てしまうので、上体をしっかり起こすようにして滑ります。
スキーの後は背筋が筋肉痛になるという人は上手くできていないことが多いです。
上手い人が筋肉痛になるとしたら太ももにきます。

ブレーキの練習

止まれることに自信がつくと安心感で少し気持ちも楽になるとおもいます。
ハの字でまっすぐ滑っていき少し滑ったら左右の内側のエッジ(板の側面)を立ててブレーキ。また少し滑ってブレーキ。
自身がつくまでやってみてください。(膝を内側に寄せるような感じ)

曲がる練習

ブレーキでの体重のかけ方が活きてきます。
右に曲がりたかったら左足をぐっとブレーキをかけるときのように踏み込みます。
左に曲がりたかったら右足を踏み込みます。

行きたい方の反対の足。
つまり曲がったときに外側になる方に力が入ります。
少しずつどれくらいの力を入れればいいのか慣れていってください。

これでも上手くできないという方は腕を使った練習もあります。
この時点ではこれは必要なのか?と疑問を抱いてしまう人もいる「ストック」
思い切ってどこかに置いてみましょう。

と言っても盗まれる可能性があったり、ストック無しで滑るのが禁止の場合もありますよね。
持ったままでもできるので大丈夫です。

腕を飛行機のように左右に開き、足と同じく曲がるときに外側になる方に傾け体重をかけます。
いくらなんでもそこまでするのは恥ずかしいという方は力を入れる方の膝を触るようにして体重を乗せてあげる方法もあるのでやってみてください。

ここまでの流れが八の字で曲がるプルークボーゲンになります。

次がいよいよ上手い人がやっている二の字滑りのパラレルターンと言いたいところなのですが、曲がるときだけハの字にするシュテムターンというものがあります。

今までは常にハの字でしたが、曲がるとき以外は二の字にしてみてください。
ハの字のときは常に内側に力が入っていたと思いますが二の字では外側(山側)に体重をかけることになります。
曲がるときは今までと同じで外側の足を開きそちらに体重をかけます。
これの繰り返しですが、はじめは大きく曲がるようにして慣らしていってください。
慣れてきたら徐々にハの字の幅を小さくしていきます。

そして今度こそパラレルターンです。
シュテムターンで外側(山側)に力を入れるのには慣れているはずです。
パラレルターンではそこから内側に力を切り替えて曲がることになります。
細かい動きとしては

1.外側(山側)に体重をかけたまま、ほぼまっすぐ滑る
2.体重は外側のまま板を斜面に平行にする。(横滑りする状態)
3.上体を内側(谷側)にひねる
4.3を行うことにより曲がり始めるのですぐに外側(山側)の板のエッジを内側に立てる

の繰り返しになります。
文字でみるとややこしいですが練習量を増やしていくと感覚でできるようになっていきます。

最後に

ここまで長々と滑り方を説明しましたが、重要なのは「体重のかけ方」です。
上手な人はこの切り替えが上手なんですね。
スキー場で上手な人を見かけたら体重移動に注目して見てみると参考になります。

周りに上手な人がいるなら教えてもらうと上達も速くなると思います。
他にも1日インストラクターに教えてもらえるような所もあるので利用してみてもいいでしょう。

上達速度にもちろん差はありますが、スキーは練習すれば誰でも楽しめるスポーツです。
すぐに諦めずに挑戦してみてはどうでしょうか。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-スポーツ, 旅行・レジャー
-

関連記事

初心者のための乗馬入門:馬は情緒豊かな動物です

乗馬をはじめてみようと考えている人は、どれだけ馬が情緒豊かな動物なのかということを知っておくと、より親しみを持って乗馬を楽しむことができます。

プロ野球・不滅の記録は?|通算安打数

プロ野球の世界では、打率3割を超えることが一流打者としての目安になります。 現在、1シーズンの試合数は143試合あり、出場し続けると、年間の打席数は600~700打席ほどになります。 そこから、四死球 …

海外ウェディングにおすすめの国TOP5

交通機関の発達によって海外が身近なものとなり、海外旅行はもちろん、海外ウェディングを楽しまれる人が増えています。 おすすめの国をランキング形式でご紹介しますので、興味がある人は参考にしてください。

愛知牧場で人気の体験とは?

愛知県の中でも、本格的な牧場で、これほど体験イベントが充実している場所は、愛知牧場以外にはないと言えます。

ヨガで健康的にダイエット!1回でどれくらいやればいい?

モデルやセレブなど、綺麗な方が多く実践しているヨガ。 実際のダイエット効果は、どれくらいやれば痩せられるのか疑問に思う方も多いでしょう。

楽天モーションウィジェット