スキー・スノーボード初心者はスクールがおすすめ!

スキースクール
スキーやスノーボードを学校行事で経験したことがある人も多いと思いますが、それから一度も行ったことがないのであれば、久しぶりに行っても滑れるだろうかと不安になるものです。

初心者の方は最初はスクールに入ってレッスンを受けると上達が早くなります。

スポンサーリンク

スキー・スノーボードスクールで教えてもらおう

まず、個人的に行ったことがない人は、現地までどのような交通手段で行くのか、ウェアやボードはどうするのかなどを決めなくてはなりません。

交通手段としては車がありますが、普段あまり運転しない人がレンタカーなどを借りていくのは危険を伴います。

普段から運転している人でも、雪道の運転に慣れていなければ、これも危険になるでしょう。

運転をしていくのが不安な場合は、スキーツアーに参加して現地まで連れて行ってもらうのがおすすめです。

最寄り駅で集合であれば、そこからバスで連れて行ってもらえます。

また、スキーツアーの中には、スクールがセットになっているプランもあります。

しっかりとレッスン時間を設けてある場合には、その日のうちにかなり上達をしてから帰ることもできます。

スクールでの流れ

スキースクールに参加したときの日程としては、まずは現地についてから着替えるようにし、そこから基礎の練習を始めていくようになるでしょう。

基礎練習をした後には、滑走練習をしていきます。

午前中にレッスンを終えると、昼からは自由時間になりますので、自分が思うように練習をしていくことが出来るでしょう。

レッスンを受けることなく、いきなり自己流で練習をしていったとしてもコツをつかむことが出来ませんので、うまく滑れるようになるまでに時間がかかります。

しかし、レッスンを受けていれば最初からコツやポイントを教えてもらえますので、早く体に覚えさせることが出来ます。

自己流で練習をしておかしな癖がついてしまえば、そこから正しい滑走に変えていくのは難しいですので、癖がつく前の早い段階でレッスンを受けるのがおすすめです。

申し込みとレッスンの種類

スキー・スノーボードスクールに申し込む場合、当日申込か事前予約かはスクールによって異なりますので、あらかじめチェックしておきましょう。

当日申込が出来るのであれば、自分で最初に練習したけれどうまくいかなかったときにも申し込むことが出来ます。

レッスンの種類には、親子で一緒に教えてもらえるもの、子供向けのもの、マンツーマンで教えてもらえるものなどいろいろあります。

レッスンの種類によっては、自分に合わないものがありますので、レベルに合わせてどこに申し込むのかを決めていかなくてはなりません。

ある程度滑れる人が初心者のレッスンに申し込んでしまえば、ブーツの履き方などから教えてもらうようになりますので、必要のないレッスンも受けることになります。

それでは費用を払っても上達をすることはありませんので、自分のレベルに合わせたレッスンを申し込みましょう。

費用はレッスンによって差がありますので、予算に合わせて申し込むようにしてもいいでしょう。

レッスン時間が長くなれば費用も上がるようになりますが、まずは短時間で申し込みをして、足りないようであればまたプラスして申し込むことが出来るようなプランもあります。

あまり費用をかけたくない場合には、まずは短時間で申し込み、物足りないようならば、また追加をして教えてもらいましょう。

できればマンツーマンレッスンがおすすめ

費用は高くなりますが、おすすめなのはマンツーマンのレッスンです。

マンツーマンであれば、自分だけに教えてもらうことが出来ますので、終始インストラクターを独占することが出来ます。

マンツーマンで教えてもらうのであれば、ある程度上達している人が教えてもらうこともいいでしょう。

または、少人数制で教えてくれるスクールもいいです。

人数が少なければ手取り足取り教えてもらいやすくなりますし、どこが悪いのか指摘をしてもらいやすくなります。

指摘をしてもらうことによって、そこを改善することが出来ますので滑りやすくなります。

お子さんにはキッズレッスンがおすすめ

親が滑れるのであれば親が教えることもできますが、親が教えるとどうしても子供は甘えが出てしまうことになります。

甘えてわがままを言ってしまったり、途中で投げ出すようなこともありますが、スクールでレッスンを受ければ他の子供たちと一緒になるので、わがままを言うことはできません。

同じ年代の子供が頑張っている姿をみれば、負けたくないという競争心が出てくることになり、上達しやすくなります。

途中で投げ出すことなくレッスンを受けることによって、一気に上達した姿を見ることが出来ますので、費用を支払う価値のあるレッスンになります。

ある程度滑れるようになれば、子供はのみ込みが早いですので、レッスン後にも急成長を遂げることもあるでしょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-スポーツ
-,

関連記事

水泳の基礎知識:水泳用品 ~ キャップ ~

水泳を始めるにあたり、キャップを必ず被ってプールに入ることを定めているところがほとんどです。例えば、多くのカップルや、家族連れが行くレジャー施設のプールでは、キャップをかぶる人はむしろ少数派であり、多 …

プロ野球・不滅の記録は?|シーズン最高打率

日本のプロ野球は、1936年に1リーグ制で始まりました。 プロ野球が発足した当初は、バッターとして高い評価を得られるのは、打率が高い選手でした。 それを表すように、当時はバッターに与えられたタイトルは …

ゴルフの基本知識:ゴルフの基本ルール「空振り」

ゴルフ初心者がラウンドをしているときに、よくやりがちなミスの一つが「空振り」です。 これは、文字からもわかるように、ボールを打とうとして、スイングをしてもクラブがボールに当たらないことを指しますが、ゴ …

ボクサーの減量はどのくらい辛いの?

ボクシングの場合、試合の前日にこの体重まで落とさないといけないという決まりがあるため、ボクサーはそれに向けて減量を行います。 もし計量の段階で体重を落としきれない場合は、タイトルホルダーであれば自動的 …

初心者のための乗馬入門:乗馬ライセンスの取得について

意外と知らない方もいるかもしれませんが乗馬にはライセンス制度があります。 乗馬ライセンスと取得方法について紹介します。

楽天モーションウィジェット