スキー・スノーボード用品はどう選ぶ?

スキーブーツ
ゲレンデデビューするためには、まずいろいろなアイテムを揃える必要があります。

最初はレンタルしても良いのですが、はっきりってレンタル品のクオリティーはそれほど高くないため、今後もスキーやスノーボードを続けるつもりであれば買ってしまった方が得策と言えるでしょう。

まずは何が必要となるか 1つずつ確認していきましょう。

スポンサーリンク

スキー・スノーボード用品の選び方

1番値段が高く、慎重に選ばなければならないのがスキー板やスノーボードの板、そしてブーツです。

スキー・スノーボードの板の選び方

まず板ですが、上級者向けのスペックの板を購入してしまうと非常に滑りにくい場合があります。

基本的には速いスピードに対応するために固めの設計になっています。

板が固いと低速でコントロールするのが難しくなるため、初心者には向いていません。

かといって、初心者だからといって柔らかい板を選択してしまうと、上達してきた場合にまた買い替えが必要になってしまうでしょう。

道具の値段はそこそこ高いため、中級者レベルの板を購入するのも1つの手です。

また、注意しなければならないのがショップ店員のおすすめを鵜呑みにしてしまうことです。

もちろん、スキーやスノーボードの上級者で経験から良い道具を進めてくれる方も大勢いますが、中にはアルバイトでそれほど詳しくなく、自分の売り上げポイントを稼ぐために店が勧めている商品をそのまま押し付けてくるような人も残念ながらいます。

道具を買いに行く際には、できれば詳しい人に同行してもらうのが良いでしょう。

ブーツの選び方

また、スキーやスノーボードでは板以上にブーツ選びが重要となります。

経験された方はよくわかると思いますが、ブーツが足に合っていないと尋常じゃないほどの痛みを伴うことがあります。

足の痛みでスキーやスノーボードどころではない状態になってしまえば、せっかくのゲレンデデビューも台無しになってしまうでしょう。

もちろん、足に合っているブーツを購入できていたとしても、最初はスキーやスノーボードの動きに体が慣れていないため痛みが出ることもあります。

値段が高いブーツでは足の型取りをすることができますが、そこまでしなくても比較的お値打ちなブーツで履き心地が良いものが見つかれば特に問題はないでしょう。

ただし、ブーツを試着する際は必ず両足とも履くようにしなければなりません。

人の足は左足と右足が必ずしも同じサイズでは無い為、片方しか試着しないと両方履いたときに違和感を感じることがあるので注意が必要です。

ウェアの選び方

さて、板とブーツが決まったら次はウェアです。

様々なメーカーからバラエティー豊かなデザインのウェアが販売されていますが、ウェアに関しては自分の好みで選んでも良いでしょう。

ただし、注意しなければならないのがスキー用かスノーボード用どちらのタイプかと言うことです。

例えばスキー用のパンツの場合、エッジが当たりやすい部分が補強されています。

スノーボード用ではこれがないため、簡単に破れてしまう可能性もあるからです。

そのようなことも含めて選択するようにしましょう。

小物の選び方

大きな道具が揃ったら次は小物を選びます。

スキーやスノーボードで必要な小物として挙げられるのがニット帽、手袋、ゴーグル、ネックウォーマーなどです。

これからデビューする方であれば、お値打ちなタイプの物でも十分活用できるとは思われますが、中途半端な金額を支払うのが嫌であれば、有名メーカーの人気モデルを購入してしまうのも1つの手でしょう。

また、スキーやスノーボード用品はウィンターシーズン終わりがけになるとどんどん値段が下がってきます。

そのタイミングを見計らって一式揃えるのも賢い買い物術です。

また、逆にウィンターシーズンが始まる直前では型落ちモデルが格安で販売されていることもあります。

様々な道具が安く販売されるタイミングがありますので、少しでも道具に使う価格を抑えるために、様々なショップの安売り情報は常にチェックしておきたいところです。

また、移動手段によっては板やブーツのケースを購入することも忘れてはいけません。

自分の車でキャリアがついていれば板のケースは不要ですが、ブーツに関してはケースの必要性は高いといえます。

ブーツ購入時に一緒に買っておくと良いでしょう。

最後に

ゲレンデデビューするためには結構な金額が必要となります。
いかにその金額を抑えることができるかは、購入する店選びや時期によっても変わってきます。

スキーやスノーボードは道具やリフト券代にお金がかかりすぎるからといって敬遠している人も多いと思われますが、道具を安く購入する方法はいくらでもあります。
新品でなくても、オークションや中古用品店で購入することも可能です。

スキーやスノーボードをやる人が減っている昨今ですが、ゲレンデの楽しさは体験した人にしかわかりません。
ゲレンデデビューしようかどうか悩んでいる方は、お金がかかりすぎるからと敬遠せずにいてもらいたいものです。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-スポーツ, 旅行・レジャー
-,

関連記事

フィギュアスケートのスピンの3つの基本姿勢|シット系スピン

フィギュアスケートにおいて、スピンは欠かせないものです。 フィギュアスケートにおける、もっとも基本的な動作のひとつと言えるでしょう。 アイスショーにおいても、スピンの場面では、拍手が沸き起こります。 …

夏の海外旅行におすすめの国5選

子供達が夏休みに入り、夏は海外旅行に出かける人がピークに達します。 また海のマリンレジャーや山へのハイキングなどが楽しいこの季節、日本を飛び出して海外へ出かけたいものです。 定番観光地から意外な穴場ま …

個性的なミニシアターに足を運んでみよう!

ミニシアターってご存知ですか? これは映画館の中でもあまり規模が大きくない個性的な映画館のことで、実はいろいろな映画を上映しています。 映画がよっぽど好きという人以外はなかなか目にすることができないよ …

ボクサーの減量はどのくらい辛いの?

ボクシングの場合、試合の前日にこの体重まで落とさないといけないという決まりがあるため、ボクサーはそれに向けて減量を行います。 もし計量の段階で体重を落としきれない場合は、タイトルホルダーであれば自動的 …

一生に一度は見ておきたい!日光杉並木街道のおすすめ絶景スポット

日光杉並木街道は、栃木県の日光市にある杉並木をいます。 日光街道と日光例幣使街道、そして会津西街道の三つを合わせた杉並木のことです。

楽天モーションウィジェット