買った靴が大きすぎた時の対処法:スリッポンの場合

誰でもシューズショップなどで、自分の気に入った靴を購入した経験があるでしょうが、最近では実際に店舗に行かなくてもインターネット通販で、手軽に靴を購入することもできます。
様々なデザインや、価格帯の中からお気に入りの一品を購入できるので非常に便利なのですが、通販の場合は実際に試着してから購入できないため、購入後にサイズが違っていたと気付いてしまうケースも珍しくありません。
小さすぎる場合は、足を傷めたり外反母趾になってしまうリスクもあるので、使用しないことをおすすめしますが、反対に大きすぎる場合は工夫次第で、無理なく履ける場合もあります。

スポンサーリンク

靴のサイズが大きすぎるとどんな不具合がある?

ちなみに、なぜ大きすぎるサイズのスリッポンなどをそのまま履いてはいけないのかというと、まずは歩き方がおかしくなるというデメリットが挙げられます。
スリッポンのサイズが合っていないと、それが脱げないように無意識に気を使いながら歩くようになるため、地面に擦ったような歩き方になったり、がに股になってしまうケースが多いのです。こうなってしまうと、歩きにくいだけでなく、つまずいて転倒しやすくなってしまうため、怪我のリスクも高まります。

さらに、歩きづらさを気にするあまり、自然と重心が前方に偏ってしまいます。こうなると指先に必要以上に負担がかかるため、靴擦れになりやすいですし、外反母趾など指の変形に繋がってしまうこともあるので注意が必要なのです。
大きいサイズのスリッポンを履いていると、自分では上手に履けているつもりでも、周囲から見るとアンバランスで不恰好な印象を持たれてしまうので、しっかり対処法を行っておきましょう。

靴が大きい場合は中敷きを使うと効果的

サイズの大きいスリッポンを購入してしまった場合、自然に履くためにいくつかのおすすめ対処法があります。
まず最初に挙げられるのは、厚めの靴下を履くという方法です。サイズがどれだけ大きいかにもよりますが、靴下を一枚履くだけで履き心地がだいぶ異なり、より無理なく自然に履けるようになります。ただ、スリッポンなどの場合は,
靴下を履かずに使用するのが一般的なので、できれば靴下以外の対処法を試してみたいところです。

そんな場合に役立つのが、スリッポンの中に中敷きを敷くという方法です。
中敷きとは、その名の通り靴の中にクッションとして敷くためのもので、様々な素材で作られた中敷きが、数多く販売されています。クッション性を重視したものからサイズ調整を目的としたもの、消臭効果を強くしたものなど、それぞれの目的に応じて、実に豊富な種類の中敷きが存在します。
中には単なる中敷きという枠を超え、足の機能や成長をサポートしてくれる高度な効果を持ったものまで販売されているため、大きさを合わせるだけでなくこういった効果をプラスして選んでみても良いでしょう。

この中敷きは、靴下を履く以外では最もポピュラーなサイズ調整方法として知られており、スリッポンでも自然に使用することができます。シューズショップはもちろん、100円均一などにも様々なタイプのものが取り扱われているので、予算や目的に応じて使い分けるようにしましょう。
シューズショップによっては、靴だけでなく中敷きまで試着させてくれるところもあるので、スリッポンを履いて試着してから購入するのがおすすめです。

つま先部分に詰め物をするのもおすすめ

中敷きを敷くという一般的な方法以外に効果的なのは、つま先の部分に詰め物をするという方法です。
スリッポンの場合、つま先にサイズを合わせてしまうと踵が脱げやすくなってしまい、非常に歩きづらくなります。そこで、つま先にティッシュや柔らかい布などを詰め、足の位置を下げてある程度踵も安定させることで、歩きやすくすることができます。
詰める場合の素材は何でも良いのですが、コットンなど柔らかいものの方が指先に負担をかけずに済むのでおすすめです。これが一番お金もかからずに手軽にできる方法なので、出かけるのに時間がない場合や、中敷きを購入するまでの応急処置的な方法として実践してみましょう。

つま先に詰め物をする場合のコツとしては、初めて詰める際には少しきつく感じるくらいまで詰めておくことです。
最初は歩き辛く感じても、使用しているうちに段々と詰め物が圧縮されて、丁度良くなっていきます。ただ、夏場などは足も汗をよくかいてしまうため、詰め物をしたままにしておくと、汗や汚れを吸って不衛生になりがちです。
このため、できれば数日おきなどに詰め物をこまめに取り換え、常に清潔な状態で靴を履けるようにしておきましょう。

最後に

このように簡単な方法で、うっかり大きすぎるサイズを購入してしまっても、何とか履けるようになります。
ただ、やはり足への負担や安全性などを考えると、自分の足のサイズにピッタリ合った靴を使用したほうが良いと言えるので、こういった対処法はあくまでも一時的に行うだけに留めておきましょう。中敷きや、詰め物をしてジャストサイズに感じられれば問題ないので、痛みや違和感を感じないかに注意して使っていくようにしましょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-ファッション
-, ,

関連記事

赤パンツを堂々と履きこなしてオシャレを楽しむ

2017年のトレンド、注目カラーは赤です。 赤は勝負カラーとも言われており、ここぞという時に着る方も多いのではないでしょうか。ただ、はっきりとした派手目な色なので、着慣れないと着るのに勇気がいるかもし …

トレンドを取り入れよう!オフショルを着こなすコーデ術:細ベルトでミニワンピースを絞る

オフショルダーは、デコルテと服のラインとの境界線のコントラストが美しく見えるコーディネートの一つですが、オフショルダーを着用する時に一番考えるのが、インナーについてです。 オフショルダーは、仕様上イン …

そろそろ春服の季節♪白を引き締めて着こなすなら:紺

春服のマストは白で、紺と相性がいいのでおすすめ 重いコートも、3月までです。 3月も終わりころになると、装いも春らしく軽めになり、フットワークも軽くなり、オシャレもどんどんしたくなる気持ちに突入します …

おしゃれなマフラーの巻き方:男性編

冬場の冷え込む時期に、首元が露出されていると寒いですよね。 そこで男性も女性も、暖かくする為にマフラーを巻きます。マフラーを巻くだけで首元がすごく温まりますので、冬になると必需品アイテムの一つです。 …

行事別!おしゃれママのファッション辞典【親子遠足】

数多くある行事の中でも、子どもが幼稚園に通う間だけ楽しめるのが「親子遠足」です。 子どもが小学校に上がると、親子で一緒に遠足に行く機会はまずありませんので、ママとしては大切にしたい行事と言えます。

楽天モーションウィジェット