生活をよりスマートに|注目の最新家電「低濃度オゾン発生器:日立マクセル」

春先から夏にかけて気温が上がり、梅雨の時期は雨が降る日が多くなります。最近の住居は気密性が高くて換気が悪いので、高温多湿になると部屋のニオイが気になるという方も多いのではないでしょうか。

特にマンションの室内で洗濯物を干したり、動物を室内飼いしている家庭であれば、消臭スプレーや空気清浄器などの消臭グッズが必須です。

スポンサーリンク

ニオイ対策用の最新家電(低濃度オゾン発生器)の紹介

お部屋のニオイ対策として、空気清浄器を使用する方法があります。空気清浄器は、塵や埃・花粉などを除去するための装置なので、脱臭をするためには消耗品の活性炭フィルターを取り付ける必要があります。消臭スプレーを使用すれば、一時的にニオイの原因物質を分解することができますが、消臭効果を発揮するのはスプレーを散布した直後に限られてしまいます。

室内のニオイ対策のために、活性炭フィルターや消臭スプレーを使用する方法もありますが、効率的に室内のニオイそのものを分解してしまう方法もあります。自動車用の消臭グッズとして、シガーソケットに挿して使用する、低濃度オゾン発生器が販売されています。

オゾンとは、3個の酸素原子が結合した気体で、強い酸化力を持つのでニオイの原因物質を分解したり、殺菌する効果があります。低濃度オゾン発生器は、活性炭フィルターを使用しないので消耗品を交換する必要がなく、長時間にわたり使用し続けることができます。

最近は、自動車用ではなく家庭用の低濃度オゾン発生器の消臭装置が販売されています。

2017年4月に発売された最新家電の中に、家庭用低濃度オゾン発生器として、日立マクセル社の「オゾネオ MXAP-AR201」があります。これは、ニオイの分解や除菌効果の高いオゾンを発生させると同時に、送風も行うことができるので、効果的に室内の嫌なニオイを消してくれる大変便利な装置です。

「オゾネオ MXAP-AR201」の機能と特徴

従来から家庭用の消臭器具として、低濃度オゾン発生器が販売されていましたが、最新家電の「オゾネオ MXAP-AR201」には、従来の器具にはなかった便利な機能を搭載しています。この装置は、直径7cm・高さ約18cmの円筒形で、“太めの折り畳み傘”ぐらいのサイズです。

稼働時に、電源コードを接続させる必要がないので、一見すると室内に置くインテリアのような外観で、家電製品には見えません。本体の色はピンク・シルバー・ブラックの3種類があり、室内のインテリアに合わせて選ぶことができます。

「オゾネオ MXAP-AR201」の本体には大きな穴が開いており、何年か前に最新家電として人気を集めた「羽根のない扇風機」と同じように、空気が送り込まれる仕組みになっています。

この装置の内部には、オゾンを発生させるモジュールと空気を送り込むファンが組み込まれていて、発生させたオゾンを強制的に室内に拡散させることで、強力な消臭効果を発揮します。本体内には、充電式のリチウムイオン蓄電池が組み込まれているので、コードレスで長時間運転させることができます。

消臭効果を発揮する範囲は、通常モードであれば1~2畳程度、Highモードであれば4~8畳です。連続稼働時間は通常モードであれば約24時間、Highモードであれば約8.5時間です。送風用のファンが内部に取り付けられているため、音が静かで、就寝時に寝室で使用しても気になりません。

羽根が付いていないので安全で、ペットや小さな子供がいる家庭でも安心して使用できます。 電気器具なのでランニングコストが気になるかもしれませんが、1ヶ月24時間連続運転しても、電気代は43円程度です。フィルターなどの消耗品を交換する必要がなく、必要なメンテナンスは、本体内のオゾン発生装置の電極ユニットを掃除するだけで済みます。

「オゾネオ MXAP-AR201」の便利な使い方とは

最新家電として新発売される「オゾネオ MXAP-AR201」の最大のメリットは、本体のサイズが小さいことと、電源コンセントが届かない場所でも使用できることです。このため、室内(居室)はもちろんのこと、ニオイが気になる収納スペースの中でも活用できます。

「オゾネオ MXAP-AR201」の利用方法として、ニオイが気になるクローゼットの中や収納スペースに置くことができます。狭い場所であれば、通常モードで最大24時間連続運転させることができるので、効果的にニオイを消してくれます。オゾンには殺菌効果があるので、押し入れの中やクローゼット内で、カビ臭いニオイにも効果を発揮します。

Highモードの適用範囲が広いので、リビングや寝室のニオイ対策としても利用できます。本体はスタイリッシュなデザインでコードレスなので、お部屋のインテリアの邪魔になりません。足元に置いておけば、邪魔にならないサイズなので、トイレに使用することもできます。

最近の洗浄機付きトイレには、活性炭フィルター方式の消臭装置を内蔵している機種もありますが、低濃度オゾン発生器を併用させることで、消臭効果を高めることができます。通常モードに入れておけば、丸一日連続運転することができるので、朝から晩までトイレの中で連続稼働させておき、夜間に充電するといった使い方もできます。

ちなみに「オゾネオ MXAP-AR201」が発生するオゾンは、環境基本法で規定されている環境基準(0.06ppm)以下になるように調整されているため、ペットや小さな子供がいる部屋でも安全に使用できます。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-暮らし
-, ,

関連記事

フリマアプリ「nojima フリーマーケット」の特徴や使い方

家電量販店であるノジマは、オンラインショップだけでなく、個人間での家電売買が可能となっている、nojima フリーマーケットも運営しています。 日本発の家電専門フリマアプリとして、家電を安く買いたい方 …

水道料金を節約する方法

毎月かかる水道料金も以外と負担になるため、節約したいと考えている方は多いのではないでしょうか。 効果的に水道料金を節約できる方法を紹介します。 スポンサーリンク 工夫して水道料金を節約しよう 【風呂・ …

カラーボックスでDIY!扉をつけてDIY

お手軽価格でありながら、収納棚としてとても便利に活用できるのがカラーボックスです。 ホームセンターに向かえば、大抵置いてある身近な商品ではあるものの、とても単純な構造になっていることに気づくはずです。 …

フリマアプリ「ゴルフポット」の特徴や使い方

ゴルフポットは、スマートフォンを使って簡単に、ゴルフ用品を売買することができる、フリマアプリです。 クラブやウェア、パーツなどのさまざまなアイテムがたくさん、商品として出品されていて、気軽に購入するこ …

いまさら聞けない年金入門|国民年金の仕組み

国民年金は、日本に住む20歳から60歳までの人が加入する、公的な年金制度です。 国民年金は、加入が義務付けられているので、基本的には20歳から60歳になるまで、国民年金を払い続けることになります。 た …

楽天モーションウィジェット