生活をよりスマートに|注目の最新家電「浄水器:ウォーターロジック」

多くの家庭では、水道水のカルキ臭や金属臭を取り除くために、フィルター式の家庭用浄水器が利用されています。

最近の浄水器はカルキを除去する能力が高く、フィルターで濾過された水は、ミネラルウォーターのように無臭です。

スポンサーリンク

家庭用浄水器やミネラルウォーターの意外な落とし穴

実は、従来型のフィルター式浄水器にはとんでもない落とし穴があります。水道水にはカルキが含まれているので、雑菌が繁殖する恐れがありませんが、フィルターでカルキを取り除いた水は、雑菌が繁殖しやすい状態です。

空気中には、多くの雑菌が浮遊しているので、水道の蛇口から浄水器内部に入り込む場合があります。フィルター濾過されていない水道水であれば、蛇口内部に雑菌が繁殖する恐れはありませんが、浄水器のフィルターから蛇口までの間で雑菌が入り込んで繁殖すると、<浄水>が食中毒の原因になってしまいます。

天然水を使用するウォーターサーバも、雑菌が内部に入り込む場合があり、定期メンテナンスを行う必要があります。ペットボトルのミネラルウォーターもカルキが含まれていないため、開封後に早めに消費しないと、雑菌が繁殖する恐れがあります。

カルキ臭がしない「美味しい水」は、「雑菌が繁殖しやすい水」でもあるため、常に食中毒の危険と隣り合わせなのです。きちんとメンテナンスが行われているウォーターサーバや、衛生管理された工場でパッケージングされるミネラルウォーターは安全ですが、水道水よりも高額です。

最新家電の「エッジ J3.0(Edge-J3.0)」は、カルキ臭や金属臭のしない「美味しい水」と、雑菌を含まない「安全な水」を両立を実現した家庭用浄水器です。水道水をフィルター濾過してから除菌を行うので、食中毒の恐れがありませんし、水の単価が非常に安いというメリットがあります。

最新家電「エッジ J3.0(Edge-J3.0)」の仕組みとは

最新家電「エッジ J3.0(Edge-J3.0)」は、従来型の浄水器と同じように水道水をフィルター濾過(活性炭フィルター)して、残留塩素(カルキ)やサビなどを除去します。フィルター濾過した後に、強力な殺菌用の紫外線(UV-C)を照射することで、水に含まれる雑菌を全滅させることができます。

フィルターから蛇口までの間で、水に強力な紫外線が照射されるので、空気中の雑菌が本体内に入り込むのを防ぐ構造になっています。強力な紫外線は、人体に有害な影響を及ぼすことが知られていますが、雑菌やウィルスに対しても大きなダメージを与えることができるので、殺菌ランプとしても利用されます。

エッジ J3.0(Edge-J3.0)の内部には、強力な紫外線を発生させる紫外線ランプ(蛍光灯)が組み込まれていて、ランプを取り囲むように取り付けられた螺旋状の透明な管の中を水が通過することで、紫外線殺菌処理される仕組みになっています。

エッジ J3.0(Edge-J3.0)の、バクテリア除去率は99.9999%なので、ほぼ全ての雑菌を死滅させることができます。従来型の浄水器は、フィルターを通ってきた水が蛇口から注ぎ出されるまでの間に、雑菌が繁殖する恐れがありました。このため、朝一番で使用する際は、中に溜まった水を捨てる「捨て水」を行う必要があります。

ところが「エッジ J3.0(Edge-J3.0)」は、フィルター濾過後に蛇口で注ぎ出される直前まで水が紫外線により殺菌処理されるため、朝一番に使用する場合でも「捨て水」の必要がありません。

最新家電の「エッジ J3.0(Edge-J3.0)」を使用すれば、美味しくて安全な水を安価に作り出すことができます。

最新家電「エッジ J3.0(Edge-J3.0)」のメリット

「エッジ J3.0(Edge-J3.0)」の最大のメリットは、ペットボトルの天然水や天然水ウォーターサーバーと比較して、ランニングコスト(浄水の単価)が安いことです。元の水は安い水道水を使用しますし、電気代も安価です。モデルケースとして、家族4人で1人あたり1日2Lの飲料水を消費する場合、1年間に消費するトータルの水の量は730L(2L×4人×365日)となります。

この装置で1人分(730L)の浄水を生成する場合の費用は、5,658円(水道代292円・本体とカートリッジ代5309円・電気代57円)です。これに対して、2L入りのペットボトルの水をスーパーなどで購入すると、35,770円(1本98円×365日)、天然水ウォーターサーバーであれば89,670円(1本1470円×61本)もの費用がかかってしまいます。

単価が安いので、ペットにも美味しくて安全な水を与えることができます。エッジ J3.0(Edge-J3.0)は、設置工事が不要で、電源コンセントを接続すればどこでも使用できるというメリットもあります。浄水前の水を入れるためのリザーバータンク(着脱式)を備えているので、水道管と接続する必要がありません。

このため、キッチン以外の場所に設置しておくこともできます。置き場所を選ばないので、飲食店で飲用水としても利用できます。

本体のデザインはスタイリッシュで、リビングや応接室、オフィスなどに置いても違和感がありません。ボディカラーはシルバー・ブラック・レッドの三種類が用意されているので、お部屋のインテリアに合わせたタイプを選ぶことができます。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-暮らし
-,

関連記事

いまさら聞けない年金入門|年金よりも生活保護の方がおトク?

老後に年金がもらえるのかどうか、不安を感じている人は少なくありません。 近年では、派遣や契約社員という雇用形態で働く人も増えており、厚生年金に加入をしていない期間が長い人や、加入はしていても支払ってい …

絶対欲しい調理家電!ティファールのマルチクッカー(クックフォーミー)

材料を入れたら、ボタン一つで料理が完成する。 そんな夢のような調理家電が登場して、話題になっています。料理に苦手意識のある人でも、出来立ての料理が簡単にできる、それが未来型調理家電のティファールマルチ …

コンビニATMの手数料が無料!ネット銀行「セブン銀行」

ネット銀行の中でも、存在感のあるセブン銀行ですが、やはり全国各地のセブンイレブンに行けば、日中いつでもATMが利用手数料無料で使えるというのは、使う側にとっては大きなメリットとなるでしょう。

生活をよりスマートに|注目の最新家電「低濃度オゾン発生器:日立マクセル」

春先から夏にかけて気温が上がり、梅雨の時期は雨が降る日が多くなります。最近の住居は気密性が高くて換気が悪いので、高温多湿になると部屋のニオイが気になるという方も多いのではないでしょうか。 特にマンショ …

いまさら聞けない年金入門|障害年金の仕組み

障害年金は、万が一労働が出来なくなったり、あるいは労働に支障が出た場合にあって、生活の補填に使える公的制度の一つです。 名称に障害とありますが、障害者手帳を有していなくても、条件を満たせば、受給は可能 …

楽天モーションウィジェット