スノーボードで怪我をしないための予防策

ゴーグルとヘルメット
スノーボードは冬のスポーツの中でも特に人気が高く、誰でも気軽に始めることができます。

しかし転倒することが多いスポーツなので、転倒時に身体の一部を痛めてしまったり、日常生活に支障が出てしまうことがあります。

特に初心者の方は転倒することが多くなるので、しっかりと怪我予防をしておく必要があります。

スポンサーリンク

スノーボードで怪我をしないために用意しておこう

初心者でなくても、スノーボードが上達すればするほどスピードを出しすぎたり、無理な滑り方をしたりと、転倒した時の怪我のリスクが高くなります。

そのため、初心者の方も上級者の方も怪我を未然に防ぐために、プロテクターとヘルメットを着用した方が良いです。

プロテクター

プロテクターには様々な種類があり、ヘッド用・ボディ用・ヒップ用・膝用・ひじ用・リスト用などがあります。

ヘッド用プロテクターは頭部を守ってくれます。
頭部はヘルメットで守ることが一番良いのですが、手軽に着用したいという方にはヘッド用プロテクターがおすすめです。
脳は身体の中でも最も大切な部分なのにも関わらず壊れやすく障害が生じやすい部位なので、頭部の怪我の予防が大切になります。

またスノーボードの技術が上達してくると滑走スピードが早くなるので、転倒した時に雪面に強打してしまいます。
そんな時にボディー用のプロテクターを着用していると安心です。
肋骨や肺がある胸側から背骨や脊髄がある背中側までしっかり守ってくれるので、安心して滑ることができます。

そしてヒップ用プロテクターはスノーボード初心者の方には必需品となります。
初心者の方は後ろに倒れることが多いので、お尻が痛くなりやすいです。
尾てい骨が損傷してしまう可能性もありますので、着用しておいた方が良いです。
また尾てい骨の保護以外にも、雪の上に座っているときに冷えが伝わりにくくなるといった利便性もあります。

膝用プロテクターは膝を守る役割をしてくれます。
つま先側で逆エッジになった場合などに膝を打ち付けることが多いので、着用しておいた方が良いです。
特に初めてレールやボックスなどのジブアイテムに入る方には着用することをおすすめします。

ヒール側の逆エッジになった場合には手首を守るためにひじから着地することがあるので、雪面が硬い場合にはひじ用プロテクターもおすすめです。

リスト用は使用率の高いプロテクターです。
スノーボードでは転倒した時に手首をついてしまうことが多く、手首はクセがついてしまうと少しつくだけでも痛めてしまうようになってしまうので、予防としてつけておいた方が良いでしょう。

ヘルメット

ヘルメットは転倒した時の脳への衝撃の軽減を果たしてくれる、重要な役割を果たしてくれます。
EPS素材というポリスチレンが使用されているヘルメットが多く販売されているのですが、より安全性を上げるために現在新たな新素材のヘルメットも開発されています。

このような耐衝撃性以外にもヘルメットの選び方として、軽量性・デザイン性・通気性を確認した方が良いです。
重いヘルメットの方が安全そうに感じるのですが、重いものをかぶって滑るのはあまり心地よいものではなく、必ずしも安全かと言われるとそんなことは無いようです。
現在販売されているヘルメットは軽量で頑丈な素材のものが多くなってきているので、素材・重さを確認しましょう。

最近はデザイン性に優れているものが多いです。
前方にツバがついているものやヘッドフォンが内蔵されているものもあります。
スノーボードは滑るだけでなく、オシャレに着こなすことができるスポーツなので、自分がかわいい・かっこいいと感じたデザインのものを選び、かっこよく安全にスノボを楽しみましょう。

さらに快適にスノーボードを行うために通気性が重要になってきます。
スノーボードをしていると汗をかきますので、通気性が良くないヘルメットをかぶっていると蒸れてくることがあります。
そのため通気性の良さも確認してから購入するようにしましょう。

各メーカー様々なサイズ・デザイン・機能のものを販売しているので、ぱっと見だけで決めるのではなく、試着してから購入することをおすすめします。

スノーボードをしていると、自分で転倒してしまうといったトラブルだけでなく、後ろからぶつかられてしまったり、初心者の方が間違って流してしまった板がいきなり迫ってくるといった自分では注意しきれないことが起こる可能性も考えられます。

最悪の場合、命の危険に陥ったり、運動神経が機能しなくなってしまい、今後スノボを楽しめないことになってしまうこともあり得ます。

スノーボードでヘルメットをかぶることに抵抗があるという方もおられるようなのですが、最近では若い人でもヘルメットをしているスノーボーダーが増えてきました。
スノーボードを行っている人が全体的に安全意識が高くなってきている証拠だとも言えます。

事故にあってから後悔しないためにも、偶発的に起こる事故に遭遇した時も自分の身を守ってくれるヘルメットやプロテクターをしっかりと身に付けて安全に楽しくスノボを楽しみましょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-スポーツ, 旅行・レジャー
-,

関連記事

フィギュアスケート採点の流れ:審判団(ジャッジ)

フィギュアスケートの大会は、世界各地でたくさんおこなわれています。 各大会には審判団がいて、その時点での基準に合わせた審判をおこない、各選手の演技に点数をつけています。 採点基準はしばしば変わります。 …

登山口までのアクセス方法を決めるておく

登山の計画を立てる場合、山に登ってからのことを考えがちですが、実際はそれ以外にもやるべきことがたくさんあります。特に、登山口までどのようにして行くかということも非常に大事です。 例えば、富士山のように …

ランドデビューまでに準備しておきたいゴルフクラブ|パター

新しくゴルフを始めたゴルフ初心者も、ある程度練習場などで練習を重ねて技術を身に着けたら、いよいよラウンドデビューを果たすことになります。 ラウンドデビューするためには、ウェアやキャディバッグ、ゴルフシ …

東京から近い人気の温泉スポット4選

温泉はどのシーズンに行っても楽しめますが、寒い中で入る温泉は格別ですよね。 東京から比較的短時間で足を運べる、関東近郊の人気の温泉スポットを紹介します。 スポンサーリンク 関東近郊の温泉スポット 箱根 …

地元民おすすめ!栃木県旅行の穴場スポット3選

栃木県に旅行に行くならいろいろな観光スポットに行きたい、という人も多いです。 観光スポットはたくさんあって行ってみたいと思うところもあると思いますが、地元の人がおすすめする穴場スポットも旅行で観光する …

楽天モーションウィジェット