手先が器用じゃなくても大丈夫!ソープカービングを趣味として始めるには

ソープカービング

最近、ソープカービングが習い事として人気です。

ご存知の通りソープは石鹸で、カービングは彫刻という意味で、専用ナイフで石鹸を彫って作品にします。

スポンサーリンク

プレゼントやインテリア小物として人気のソープカービング

ソープカービングは花がモチーフのデザインが多いですが、動物やアルファベットで名前や簡単なメッセージが彫ってあるものもあります。

タイの伝統工芸として有名で、タイに住んでいる日本人が滞在中にする習い事の中でも人気です。

タイを旅行されたことがある方は、タイ料理を食べた時にニンジンやキュウリなどの野菜が花の形になってお料理の脇に飾ってあったのを覚えているかもしれません。

日本でリンゴをウサギにしたり、煮物に入れるニンジンを花形に切ったりするのとは違い、まさに彫刻という感じのつくりだったと思いますが、それを石鹸に施したものです。

石鹸は比較的ナイフでスムーズに彫れる硬さなので、初心者でもシンプルなデザインのものなら意外なほど上手にできます。

また、作ったものが長持ちすること、プレゼントとしても喜ばれることが人気の秘訣のようです。

石鹸は毎日使いますし、頂き物で家にたくさんあったりもします。

そんな石鹸に可愛らしい彫刻をすればインテリア小物に変わり、洗面所にそっと置いてあるだけで、日常がぐっとおしゃれになります。

また、好きな香りの石鹸を使えば、アロマオイルやポプリのようなインテリアにもなります。

プレゼントに、何か手作りのものを加えたい時などにも好評です。
相手やその日にちなんだ一言を彫ってあげたりしても、普通とはちょっと違って印象的なプレゼントになります。

プレゼント用を作る前の基本のソープカービング

はじめに、石鹸の表面を軽く洗って滑らかにします。

初心者の場合は石鹸に彫る感覚をつかまなければなりませんから、高級な石鹸は使わず、普段使いの石鹸をいくつか準備しておきましょう。

そして、ボールペンなどで彫刻の下絵を描きます。
ここで注意することは、なるべく直線で彫り進めることができるデザインにすることです。

例えば、アルファベットなら、MやAなどを彫ってみてからGやUなどの曲線的なものに移ります。
花をモチーフにするなら、花びらにあまり丸みがなくても仕上がるようなコスモスやガーベラなどにしてみるといいでしょう。

それから、下絵は描きはじめるといろいろ描きたくなってしまいますが、はじめは練習ですから、できる限りシンプルなデザインを心がけます。

ですが、失敗してもがっかりしないでください。
ソープカービングが手先の器用さに自信がない人にも人気なのが、修正がしやすいことです。

下絵を間違ってしまっても、石鹸ですから洗い流せます。
描きなおす手間はかかりますが、彫っている間に混乱しないためにも、きちんとした下絵は大切です。

次は彫刻です。
ゆっくり落ち着いて進めましょう。

ソープカービングのための専用ナイフがありますが、まずは試してみたいだけだという人は、学校の美術の授業で使った彫刻刀があればそれを使ってみてもいいでしょう。

専用ナイフは一見ボールペンのような形です。
曲線部分はきれいにつなげて彫るのが難しいかもしれませんが、多少角ばってしまっても、濡らした指で滑らかに仕上げられます。

立体感のあるソープカービングに挑戦

彫る感覚が掴めたら、立体感のあるソープカービングに挑戦してみましょう。

石鹸も四角い物や楕円形などいろいろな形がありますから、デザインに合わせて用意します。

また、石鹸の香りとデザインをコーディネートするのも楽しみの一つです。
プレゼントにするなら、贈られる人が愛用している石鹸を準備するのもいいでしょう。

高級石鹸を緊張感を持って彫刻するというのもまたいいものです。

立体感のある彫刻というのは、例えば花のモチーフなら、葉が重なった部分を一枚は下、もう一枚をその上に重なっているように彫ることです。

丸い石鹸に花の部分だけ彫るのもいい練習です。
中心から三角形の切り込みを、外側に広がるようにして入れていきます。
この彫刻のしかたを基本にすると、いろいろな種類の花のデザインに応用することができます。

生き物にも挑戦してみると、プレゼントにするときの幅が広がります。
ペットがいる友人がいれば、そのペットをデザインに取り入れたりするのもいいアイディアです。
目や首輪の部分にラインストーンやビーズを埋め込んでアクセントにするのもおしゃれです。

メッセージの場合は、文字が浮かび上がるように掘りますから、文字以外の部分をくり抜く感覚で彫っていきます。
スタンプのような感じをイメージしておくと彫りやすいかもしれません。

最後に

石鹸の色、形、香りとデザインの組み合わせを工夫して個性的な作品をつくることができます。
石鹸は家にあるものですし、毎日使うものですから、お家のインテリアとしてもプレゼントとしても使えて、実用的な趣味として楽しめます。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-趣味
-

関連記事

老化防止にもなるクリエイティブな趣味:カメラ

フィルム時代にカメラを始めたベテラン諸氏の中には、一般大衆にとってのカメラとは記録写真を撮るための道具であって、素人の趣味としては敷居が高いとお考えの方がいると思います。 確かに昔はそのような傾向があ …

ダンスで楽しむ世界!「ベリーダンス」を通して学べる文化と歴史

現在では、インナーマッスルを鍛えられるダンスとして人気になっている、ベリーダンス。 腰を捻る際に使うインナーマッスルの腹斜筋をはじめ、美しいくびれを生み出すためにも効果的ということで、話題になっていま …

フリマアプリ「オタマート」の特徴や使い方

フリマアプリのオタマートは、アニメグッズを中心に販売されているのが一番の特徴的ですが、登録や出品方法などは他のフリマアプリと変わらず、大変利用がしやすいです。 アニメに興味を持っている人のユーザーが、 …

一度知ったらハマってしまう人とは違う趣味!工場見学の魅力

変わった趣味として、工場めぐりをするというものが挙げられます。 工場を見て一体何が楽しいのかと思われるかもしれませんが、実は意外と趣味になっている人もおり、工場見学を体験してからすっかりハマってしまっ …

楽しみながら女子力アップができる趣味:インテリア

自宅は自分がくつろぐことができる大好きな空間にしたいものです。 特に女性はインテリアにこだわりを持っている人も多いでしょう。

楽天モーションウィジェット