サッカーの基本ルール : コーナーキック

コーナーキックをはじめとして、フリーキックやスローイン、ゴールキックなど、サッカーにはボールを止めた状態からプレーを再開させるセットプレーがあります。

そして、基本的にどのセットプレーであったとしても、得点を挙げる決定機会を作り出す攻撃の起点にもすることができるので、多くのチームは戦術のひとつとしてセットプレーを重要視しているのです。

スポンサーリンク

サッカーにおけるコーナーキックの重要性

数あるセットプレーの中でも、得点に繋がるプレーとして特に重要視されているのが、フリーキックとコーナーキックです。

相手チームのゴールに近い場所から、リスタートすることができるフリーキックやコーナーキックは、直接又は間接的にゴールを狙うことができるからです。

プレーの流れの中で蹴るボールに比べて、止まっているボールを蹴ることができるセットプレーでは、キッカーのキック精度も格段に上がります。

ですから、多くのサッカーチームでは、フリーキックやコーナーキックにおける、攻撃バリエーションを増やすために、多くの練習時間を費やすのです。

特に、キッカーがボールを蹴る場所が、左右のコーナーアークに限られているコーナーキックは練習もしやすく、オフサイドがないなど有利な戦術を採ることができるので、多くのチームの攻撃の武器のひとつとなっているのです。

コーナーキックは、常にゴールの横側からボールを蹴り入れる形になるので、守備陣はゴール前に集まることが多いです。

そのため、ゴール付近にボールを蹴り込む以外にも、ニアサイドやファーサイドにパスを出すことで、フィールドをワイドに使った攻撃をすることが可能になります。ですから、得点と勝利の確率を上げられるコーナーキックは、サッカーの試合における、重要な戦術となっているのです。

そのため、より確実に得点機会を演出するためにも、コーナーキックについての基本ルールをしっかりと知っておく必要があるのです。

コーナーキックで守らなければならない基本ルール

守備側チームの選手が最後に触れたボールが、自陣のゴールラインを完全に出たときに、攻撃側チームにコーナーキックが与えられるというのが、コーナーキックの基本ルールとなっています。

ただ、そのほかにもいくつか守らなければならないルールが存在するのです。

コーナーキックは、右サイドと左サイドのコーナーアークから行われるのですが、これは勝手に蹴り入れる場所を決めることはできません。守備側の選手が触ったボールが、ゴールラインから完全に出た場所から近い、サイドのコーナーアークからプレーを再開しなければならないのです。

また、ボールは必ずコーナーアーク内に置いてから、蹴らなければなりませんし、立てられているコーナーフラッグは、動かしてはいけません。

あと、コーナーキックでは、ボールが蹴られた瞬間にインプレーとなって競技が再開されることになりますから、直接ゴールに入れば得点となります。

また、攻撃側のキッカーがプレーしやすいように、インプレーになるまでは守備側の選手は、コーナーアークから9.15m以上離れる必要があります。そして、このルールが守らなければ、コーナーキックのやり直しが行われます。

ただ、攻撃側のキッカーの全てが守られているわけではありません。キッカーは自身が蹴り入れたボールを、敵味方関係なく他の選手が触れるより先に、再度触れることはできません。

つまり、勝手にボールを蹴り込む位置を変えたり、ドリブルで攻撃に加わっていくことはできないのです。そして、このルールを破ってキッカーが再び自分でボールに触るとファウルとなり、相手チーム側の間接フリーキックによって、プレーが再開されることになるのです。

複雑なルールではありませんが、せっかく得たチャンスを逃さないためにも、非紳士的行為と見なされてイエローカードを出されないためにも、しっかりと頭に入れておく必要があります。

コーナーキックによる攻撃バリエーション

ペナルティーエリア内にいるゴールキーパー以外の選手は、手を使わずにボールを相手ゴールに入れて、得点数が多いチームが勝ちというのがサッカーの基本ルールです。

そのため、得点を挙げなければ、チームとして勝利を掴むことができないのです。ですから、得点機会を数多く演出するためにも、攻撃バリエーションの幅があったほうが確実に良いのです。

そこで注目されるのが、状況に合わせた様々な攻撃バリエーションを持つ、コーナーキックなのです。

ゴールの横側から守備側の選手にプレッシャーを掛けられることなく、ゴール付近にボールを蹴り入れることができる上に、オフサイドを気にする必要がないということが、コーナーキックの特徴です。

そのため、守備側の選手はゴール中央を固めるため、ペナルティーエリア内に集まることになります。すると、両サイド・中央ともにペナルティーエリアの外側には、多くのスペースが広がるので必然的に攻撃の選択肢も増えるのです。

そこで有効になってくる戦術が、ショートコーナーです。

通常のように、ゴール付近にボールを蹴り入れるのではなく、キッカーの近くにいる味方選手にパスを出し、そこから攻撃を組み立てる手段です。

ショートコーナーを利用すると、相手守備陣も前に出てくるため、ゴール前にスペースが生まれます。そこを目掛けてクロスを上げることができれば、得点できる確率もあがります。

また、スルーパスを狙っても良いですし、シュートコースが空いていたらシュートを打つこともできるので、相手も守りづらいはずです。

また、コーナーキックのときには、ニアサイドとファーサイドへのクロスの使い分けや、クロスのスピードに緩急をつけることで、更なる攻撃バリエーションを得ることができます。

攻撃の武器になるコーナーキックは、重要な戦術ですから、基本ルールをしっかりと頭に入れて、プレーすることが大切です。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-スポーツ
-, ,

関連記事

北陸新幹線で行けるスキー場

東京駅から金沢駅まで結んでいる北陸新幹線沿線には、たくさんのスキー場があり、日帰りスキーが可能な所がたくさんあります。

ヨガで健康的にダイエット!効果がない理由とは?

ヨガを始めてみたものの、なかなか効果が出ないとやる気も出ませんよね。 諦めてしまう前に、その原因を探ってみましょう。

サッカーの基本ルール : フリーキック

サッカーの試合中に行われるフリーキックの基本ルールとは、ボールを保持している攻撃側が、反則を受けた際に審判が試合を一度止めて、反則を受けたポイントから相手の守備の影響を受けずに、ボールを蹴りだすことを …

フィギュアスケート採点方法は?減点について

フィギュアスケートと言えば、ジャンプなどで転倒した場合は、減点されることは知っている人も多いでしょう。 尻もちをつくなどしてしまうと、1点マイナスされてしまいます。ただ、これだけで済むかと言うと、そう …

サッカーの基本ルール : PK

サッカーのコートには、ペナルティーエリアと呼ばれる部分があります。 その中で反則を犯した場合、PKが与えられ、ゴールから12ヤード離れたペナルティーマークのところにボールをセットし、審判の合図の下、相 …

楽天モーションウィジェット