サッカーの基本ルール : インプレー

サッカーの起源は、イギリスやイタリアで行われていた町の祭りが起源であり、町中を敵味方に分かれた町中の大人数の男達が、手や足を使って一つのボールを目的地に運んで、その運んだ数が多いほうが勝者という形が、初となっています。

それから、イギリスとイタリアの祭りの一環だった催しは形を変えて、手を使って運ぶという部分は無くなり、足だけで目的に運ぶという部分だけを残したのがサッカーとなります。

スポンサーリンク

サッカーはライン上でプレイするものである

それから、ルールが付け加えられて、サッカーは両サイドにゴールポストを置いて、その前にゴールキーパーを置いて守ってもらい、それ以外の10人が、スタジアム内のピッチを走り回り、ボールを運んでゴールを奪うというのが基本ルールになります。

ただし、いくらスタジアム内のピッチを走り回るといっても、スタジアム全部を走るのは、壁の衝突など怪我をしてしまうことになりかねないので、そこでピッチには、壁よりも離れて決められている位置に白線を引きます。

その決められている位置に、白線を引かれる事をラインと呼び、その中で選手は様々なプレイを行い、ゴール奪い勝敗を決めます。

その中で、ラインを敷いた上でプレイをするようになったことで、走る距離が限定されサッカーは、どんどん洗練化したスポーツとなりましたが、そのラインをボールが超えたらどうなるのか、サッカーを知らない人にとっては、分からないことです。

そのボールがラインを超えたらどうなるのかという点で、サッカーの基本ルールとして知っておきたいキーワードが、ライン内にボールがあるときのインプレーと、ラインの外にボールが出てしまったときのアウトオブプレーです。

ライン内にボールがあるときのインプレー

先に言ったとおりに、サッカーは四方を決められた位置にある白線の内側でプレイするものです。その白線の内側にボールがあるうちは、プレイを続行し試合を継続して進めなくてはならないです。

それを、サッカーの基本ルールであるインプレーというのですが、プロのサッカー選手ともなると、そのインプレーのルールを巧みに使って、試合をコントロールしようとします。

インプレーは、決められた白線の内側でプレイすることですが、プロのサッカー選手ともなると、越えないように中央でプレイするよりも、あえてラインぎりぎりのポイントでサッカーをしようとします。

なぜラインぎりぎりのポイントでサッカーを行うのかというと、それはサッカーのゴールは中央に設置されているため、中央を突破されるとゴールに結びつかれてしまう確率が大幅に上がってしまいます。

そのため、どちらも中央に選手を配置して、中央を突破されないように選手を配置することが、当然のように行われます。

そこで、インプレーのラインの内側でプレイすればよいということを逆手に取り、そのラインの内側ぎりぎりのポイントで、ボールをコントロールするのです。

ラインぎりぎりのポイントにボールを置いてコントロールできれば、相手側からすればリスクが少ないので、人数を割かなくても守れるので、比較的手薄になり、技術のある選手をおけばボールを有利に進めることは可能です。

さらに、選手のマークにあってボールを運べなくても、ラインを割ってしまえば、その位置からリスタートできるので、より効率よく進められるのです。

そのため、インプレーの概念であるラインの内側で進めれているうちは続行という概念は、中央突破もそうですが、得点をするためのラインぎりぎりをプレイする、サイド攻撃も充実させることになります。

インプレーとは逆のアウトオブプレーとは

インプレーは、引かれたラインの内側でプレイをしている限りは、試合は流れるのですが、ただし、いくら白線内であった場合でも、試合を止めることはあります。

そのインプレーなのに試合を止めるのは、審判が相手守備陣が攻撃陣に対して、ルール違反であるボールを持っている個人の後ろから、悪質な接触した際のファール、そして攻撃陣の一人が相手ディフェンダーの後ろに立ち続けていることを防ぐためのルールである、オフサイドとなったときです。

そしてもうひとつが、審判もしくはラインの上にいる副審が、ボールが完全にラインを超えたことを確認した場合で、プレイを止めるのですが、そのプレイを止めることを、インプレーとは逆の、アウトオブプレーと呼びます。

このインプレー中に起こるルール違反を罰則するルールを行うことで、正当性を与えるのが、アウトオブプレーの役割なのですが、このアウトオブプレーは、時にサッカーの試合の流れを大きくかえる役割を持ちます。

アウトオブプレーの基本は、インプレー中にボールがラインを割って、その位置からリスタートすることが基本ルールです。

そのため、攻撃側はボールをゴールに近づけたいために、ラインぎりぎりを攻めることは良くありますが、そのラインぎりぎりを攻めることによって、相手ディフェンダーにふさがれかけたら、相手のボールを当てて、わざとラインからボールを出してしまうプレイをするのはよくあります。

一度ピッチから外に出せば、その位置から攻撃をやり直せるだけでなく、そのスローインをするまでの時間で、味方は冷静に状況を見極められるので、次のプレイの意思疎通をしやすくなり、得点に結びつきやすくなります。

このように、インプレーだけでは試合の流れを変えなれないときには、このアウトオブプレーも利用して、有利に試合を運ぶことも選択肢としてあります。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-スポーツ
-, ,

関連記事

大相撲の歴代有名横綱TOP10

2017年大相撲初場所にてやっと初優勝を果たし、横綱昇進となった大関・稀勢の里関は第72代目横綱です。 さらに19年ぶりとなる日本人の横綱誕生ということで世間は大賑わいとなっています。 戦後の大相撲の …

サッカーの基本ルール : 試合時間

サッカーの試合時間といえば、前後半45分ずつというイメージを持っている人が多くいますが、実際はカテゴリー別で試合時間が違っています。

サッカーの基本ルール : 反則

サッカーの反則で思い浮かぶものといえば、ハンドがあります。正確にはハンドリングと呼ばれており、意図的に手で触る行為が対象となります。 場合によっては、たまたま触れてしまったというケースもありますが、意 …

水泳の基礎知識:水泳用品 ~ ゴーグル ~

水泳用品の中で、誰もが着用するものとして、競泳水着や帽子がありますが、他にもゴーグルは着用するのが必須となります。

初心者のための大相撲の見どころと楽しみ方

日本の国技でもある大相撲ですが、まだ1回も行ったことがないという人がほとんどです。 人気が低迷していた頃は、すぐに入ることができるなど、行こうと思えばすぐに行けましたが、注目を集める場所になると、当日 …

楽天モーションウィジェット