サッカーの基本ルール : プレーヤー

サッカーは、一つのチームにつき、11人以下のプレーヤーで試合を行なうのが基本ルールです。

両方のチームを合計すれば、22人のプレーヤーが、ピッチの上で試合を行います。

スポンサーリンク

フィールドの上のプレーヤーの数

ルール上では、11人よりも少ない人数でも試合ができるのですが、1チームの人数が7人に満たない場合には、試合ができないことになっています。

試合中には、それ以外に試合の途中で選手を交代することもできます。公式の試合では、一つの試合につき、三人まで選手を交代することができます。

交代することができるプレイヤーは、あらかじめベンチに登録している選手に限られます。一度、交代させられた選手は、その試合に再度出場することができないのが、基本ルールです。

3人までしか交代できないというルールは、Jリーグの試合や、ワールドカップの試合でも、採用されています。ですが親善試合として行われる国際Aマッチでは、選手の体調なども考慮されて、一試合につき六人まで交代することができます。

プレーヤーは、基本ルールに従って試合を行いますが、ゴールキーパー以外のポジションが、絶対に守らなければいけない基本ルールが、ボールに手で触れてはいけないことです。

こうした行為は、ハンドリングと呼ばれてルール上、厳しく禁じられています。手の平を使ってボールをつかんだ場合や、手の甲を握り締めてボールを弾き飛ばした場合などに、ハンドリングの反則がとられます。

また手だけでなく、腕の部分を使用してボールに触れた場合にも、ハンドリングとなります。ハンドリングは、選手が意図的に行った場合に反則となるもので、不可抗力で手や腕にボールが触れた場合には、審判の判断でそのまま試合が続行される場合もあります。

ゴールキーパーが従う基本ルール

サッカーの試合では一般的に、11人のプレーヤーはそれぞれのポジションを担当して試合を行いますが、その中でも他の10人とは異なった特別な役割があるのが、ゴールキーパーです。

基本ルールでは、サッカーのプレーヤーは手を使ってボールに触ることができず、もし触った場合には、ハンドという反則をとられるのですが、ゴールキーパーだけは手を使用してボールをつかむことができます。

ゴールキーパーは、ゴールの正面に常に位置して、敵チームのプレイヤーがシュートしたボールが、ゴールの中に入るのを防ぎます。基本ルールでは、ボールがゴールポストを通過した時点で、相手チームの得点となります。

そのためにゴールキーパーは、ゴールより少し手前で守備をします。

そのように、手を使ってプレイすることが許されているゴールキーパーですが、ルール上一定の制約を受けることがあります。特に重要なルールは、手を使用してボールに触ることができる、フィールド上の位置です。

サッカーを行なうフィールドでは、各チームのゴール付近の一定のエリアを、ペナルティエリアと規定していますが、ゴールキーパーが手を使ってプレイできるのは、このエリア内に限られています。

それ以外の場所で手を使った場合には、反則になります。 ゴールキーパーはルール上、試合中に一人のプレーヤーが、必ず担当しなければいけないと規定されています。

また、ゴールキーパーは他の10人のプレイヤーとは異なった特殊なルールが適用されるために、他のプレイヤーとは異なったユニフォームを着用しなければいけないことも、ルール上規定されています。

ゴールキーパー以外のプレーヤーが従う基本ルール

サッカーでは、ゴールキーパー以外の10人は、それぞれディフェンダー、ミッドフィールダー、フォワードというポジションを担当して試合を行います。

ディフェンダーは、味方チームのゴールに近い場所にポジションをとって、ゴールキーパーと共に、相手チームに対して主に守備を担当します。

その反対に、フォワードのプレーヤーは、相手チームのゴールに近い場所にポジションをとって、攻撃の中心となります。

この二つのポジションの選手の中間的な場所でプレイするのが、ミッドフィールダーの選手です。ミッドフィールダーの中でも、ディフェンダーの選手に近い位置にポジションをとるのが、守備的ミッドフィールダーと呼ばれる選手です。

逆にフォワードに近い場所でプレイする選手は、攻撃的ミッドフィールダーと呼ばれています。

これらのポジションの選手は、ゴールキーパーと異なり、ルール上必ず置かなければいけないと規定されてはいません。そのために、ゴールキーパー以外の全員がディフェンダーのチームや、全員がフォワードのチームというのも、ルール上は可能です。

プレーヤーは、試合中に反則を犯した場合には、審判からイエローカードを提示されます。

これは選手に対して警告という意味を持っています。同一の試合中に同じプレーヤーがイエローカードを二回提示された場合には、そのプレーヤーはそれ以降の時間は、試合をすることができなくなります。

こうした場合には退場した選手の代わりに、控えの選手が交代して出場することはできないために、それ以降、そのチームは一人少ない人数で試合を行わなければならなくなります。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-スポーツ
-, ,

関連記事

フィギュアスケート採点の流れ:技術点の採点

フィギュアスケートは、国民的な関心が強く、TVなどで様々な大会が放映されています。 それでも、採点方法については難しくて分からない人が殆どで、技術点と芸術点が存在する程度の知識にとどまっています。

初心者のための大相撲の見どころと楽しみ方

日本の国技でもある大相撲ですが、まだ1回も行ったことがないという人がほとんどです。 人気が低迷していた頃は、すぐに入ることができるなど、行こうと思えばすぐに行けましたが、注目を集める場所になると、当日 …

フィギュアスケートの国際大会を知りたい!シーズンと年齢区分について

フィギュアスケートの国際大会は、世界各地で多数おこなわれています。 その中で注目度が高い国際大会が、オリンピックの出場枠を決める権限を持つ、国際スケート連盟が主催する大会です。

サッカーの基本ルール : フィールドとボール

サッカーで使用されるフィールドとボールが、地域やレベルに応じて異なるようでは、統一した競技の運用ができなくなります。 そのため、フィールドとボールについては、国際的に正式な規定があります。

ゴルフクラブでスライス改善|フェースから

ゴルフで、よく見られる悩みの1つとして挙げられるのが、スライスです。 右打ちの方の場合、ボールを打ち出した後に、大きく右に曲がってしまう球筋がスライスです。

楽天モーションウィジェット