サッカーの基本ルール : 得点

サッカーでは、ゴールにボールが入れば得点となり、それが味方によるオウンゴールであっても、同じことです。

バスケットボールのように、遠いところから決めたら3点ということはなく、どこから決めても1点ということになります。

スポンサーリンク

サッカーにおいて得点が認められるケース

基本ルールとして、得点が認められるケースはボールが完全にゴールに入った場合です。別にネットを揺らす必要はなく、ボールが完全にゴール内のラインに入ってしまえば、得点が認められます。

そのため、少しだけボールが入った、もっと言えば9割方ゴールにボールが入っていたとしても、得点は認められません。問題はこれをどう見極めるかですが、これを巡って21世紀に入り、ビデオ判定などテクノロジーを使った判定を、取り入れるべきだという声が高まっています。

一方、ゴールのクロスバーに当たり、いったんゴール内部に入ったものの、バウンドして再び外側に出てきた場合というのも、得点かどうかを見極めるのはゴールラインの内側だったかどうかというところです。

1度でも越えてしまえば、ゴールが認められるため、サッカーではそれで得点することができます。また、空中でゴールラインに入り、ゴールキーパーがなんとか外に出したとしてもそれは同じです。

これらを、どのように判定するかというのは非常に難しく、誤審があったとしても、それがサッカーだとビデオ判定を拒む勢力があるのも事実です。

しかし、それによってワールドカップの結果が左右するとなると、サッカーが国技のような状況になっている国では、黙っていません。

どのようなテクノロジーが検討されているのかを、知っておきたいところです。

日本でも導入されるかもしれないゴールラインテクノロジー

得点したかどうかを判定するテクノロジーのことを、ゴールラインテクノロジーと呼び、ここ数年様々なものが登場しています。

一番最初に登場したのが、ホークアイとゴールレフです。ホークアイは、テニスの試合などでも使用されており、ラインを割ったかどうかを3Dによって示し、判定に使うことができます。

ほかの競技でも何の問題もなく使用されていることから、ホークアイがたびたび使用されています。

一方、ゴールレフは、ボールの中にコイルを入れ、それがゴール内部に入るとゴール内部の磁場と反応し、電波によって審判の腕時計にゴールと表示されるというものです。

当初ホークアイ、ゴールレフの2つだけでしたが、段々とこれらを応用、改良したものが登場し、多くのゴールラインテクノロジーが登場し、各国のリーグ戦、国際大会などで採用されています。

一方、ラグビーのように、ビデオアシスタントレフェリー制度を採用する動きも出てきています。いわゆるビデオ判定と呼ばれるものであり、ゴールやPK、レッドカードなど、試合内容に直結するような出来事があった場合に、確認できる制度があります。

2016年のクラブワールドカップでは実際に導入され、鹿島アントラーズの試合で初めて機能し、多くの人がその存在を知りました。

日本では、導入するにはお金がかかるということで、ホークアイなどのゴールラインテクノロジーは採用されていませんが、価格が安くなる、もしくは重大な誤審が発生した場合などに導入が検討され、日本でもゴールラインテクノロジーに頼る時代が訪れる可能性も、十分に考えられます。

テクノロジーに頼らない追加副審制度

ヨーロッパを中心に、あらゆるテクノロジーを使用せず、人間だけで判定をすることにこだわりを持つ人が多くいます。このため、審判の人数を増やして、ゴールの判定をするというのを、基本ルールとして定め、実際にそのような運用をしているケースもあります。

それが追加副審制度です。 通常4人の審判がサッカーにいますが、ペナルティーエリアの反則を重点的にチェックするのが、追加副審です。

両サイドに1人ずつ存在し、ゴールを割ったかどうかをチェックします。これに関しては、日本でも導入されており、YBCルヴァンカップにおいて、全試合採用されており、ここでの結果次第で、Jリーグでも導入される可能性が残されています。

映像技術が発展したこともあり、ゴールを割ったかどうかは、家に居ながらにしてテレビで確認することができ、結果として判別できなかったものまで判別できるようになり、審判への風当たりは強くなっています。

ただ、これらはいずれも審判の権威を損なうもの、傷つけるものではなく、むしろ審判を支援するもの、助けるものとしての認識が強く、それによって導入が進んでいます。

空中でゴールのラインに入ったが、ゴールキーパーによってかき出されたとしても、それを瞬時に人の目で見ることは限界があり、それを間違ってノーゴールとし、誤審と称されるのは確かに厳しいものがあります。

人間ではカバーできないところはテクノロジーを使ってサポートするというのが世界の潮流であり、それ以外は今まで通り審判が判定するということが、望ましいと言えます。

基本ルールとして、人間がチェックするというのは、サッカーでは常識とも言えそうです。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-スポーツ
-, ,

関連記事

プロ野球・不滅の記録は?|通算安打数

プロ野球の世界では、打率3割を超えることが一流打者としての目安になります。 現在、1シーズンの試合数は143試合あり、出場し続けると、年間の打席数は600~700打席ほどになります。 そこから、四死球 …

乗馬を始める年齢は?

最近、テレビなどで芸能人が馬術大会に参加し、結果を残すなど、テレビで馬術を見る機会が増えています。 そうなると、自分も乗馬を始めたい、いずれは馬術大会に出たいと憧れを持つ人も珍しくはありません。 その …

フィギュアスケートの国際大会を知りたい!シーズンと年齢区分について

フィギュアスケートの国際大会は、世界各地で多数おこなわれています。 その中で注目度が高い国際大会が、オリンピックの出場枠を決める権限を持つ、国際スケート連盟が主催する大会です。

初心者におすすめのロードバイクの選び方

ロードバイクは、自転車の中でも高速走行に優れており、長時間や長距離の走行もお手の物です。 しかし、高速で走ることができるため、自分に合ったものを選ばなければ危ないです。 そのため、きちんとした選び方を …

始めるなら早い方が良い?子供が乗馬を習うメリット

子どもの教育に力を入れている家庭は、どんなことを学ばせているのでしょうか。 英語やスポーツなどいろいろな習い事がありますので、その中から子供に合うものを選んで習わせるようにしなくてはなりません。 習っ …

楽天モーションウィジェット