フィギュアの塗装に!ソフビカラーの特徴と使い方

ソフビカラーは、ナガシマが販売しているPVC(塩化ビニル)用塗料です。

スポンサーリンク

オリジナルカラーリングを実現するソフビカラー

塩化ビニルは、ほとんどのフィギュアの原料になっており、弾力がある軟質のものと弾力の少ない硬質なものがあります。

このPVCに対して、アクリル塗料やエナメル塗料、水性塗料などを使って塗装すると、表面の塗膜が剥がれてしまったりヒビ割れます。

これはPVCに含まれている一定の柔軟性を保つ可塑剤と反発するためと考えられているので、塗装するなら専用に開発されたソフビカラーを使いましょう。

ソフビカラーであれば柔軟性のある塗膜が作れるので、押して凹ませたりしても、ヒビが入って割れたり、塗膜が剥がれることがありません。

塗装可能な対象物として、ソフビ(ソフトビニール製)と呼ばれているもの、スポーツアイテム、浮き輪などのマリンレジャーアイテム、釣り竿などフィッシングアイテム、キャンプ道具、少量生産のガレージキット、カプセルトイのフィギュアなど、非常に幅広くなっています。

ソフビカラーを使うには、塗装に必要なカラー、塗料を希釈するためのソフビカラーシンナー、筆またはエアーブラシなどが必要です。

中古で買ったフィギュアの塗装が剥がれているのでリペイントしたい、3Dプリンターで自分だけのフィギュアを作りペイントしたい、オリジナルカラーリングを実現したい、エアブラシで塗装したいなど多彩な要望に応えています。

フィギュアからアウトドアアイテムまで、多彩な道具に塗装できるのがソフビカラーです。

ソフビカラーを使って塗装しよう

ソフビカラーの使用上の注意を説明します。
まず、塗料やシンナーのキャップは必ずしめる、換気の良い場所で塗装作業する、塗料の臭いが強いため塗装用のマスクをする、ソフビカラーはシンナーを使って希釈するため、乾燥しやすいからと言って火気の近くでは絶対に使用してはいけません。

では、用意するものとして、ソフビカラー、専用シンナー、調色スティック、床や机を汚さないための新聞紙やダンボール、フィギュアなどを載せる土台、紙コップ、キッチンペーパー、塗料皿、各サイズの筆です。

マスクをしたり新聞紙をしくなどの作業準備が終わったら、塗料皿にソフビカラーを乗せていきます。

調色スティックを使って塗料をすくい、塗料皿にのせていきましょう。

塗料の粘度が強いと感じたら、シンナーを使って希釈します。

希釈割合は、ソフビカラー1:0~1専用ソフビシンナーの割合が一般的です。

あとは筆で対象物に塗布するだけです。

乾燥時間は季節や天候によって異なりますが、おおよそ10~20分ほどになります。

ソフビカラーの蛍光色やネオウレタン蛍光をつかって美しく仕上げるには、下地色にホワイトを塗装すると発色が良くなります。

ツヤを消したいときは、ソフビカラーフラットベースを塗装後に塗布すると、しつこく感じられるツヤをきれいに消してくれます。

ソフビカラーや専用シンナーを使用する度に、キャップをキチンとしめてください。
使用後は直射日光が届かず、温度が安定している場所に保管し、小さなお子さんの手の届かないようにしましょう。

エアーブラシを使ってソフビカラーを塗装しよう

エアーブラシを使った塗装方法を説明します。

筆塗りで用意した道具に、エアーブラシを加えてください。

希釈率はソフビカラー1:3ソフビシンナーとなっており、エアブラシの圧力はノズル0.3~0.4mmに設定しましょう。

エアブラシの塗料を確認するために紙コップ内に向けて噴射させますが、噴射した塗料が跳ね返ってこないように、エアブラシのノズルを紙コップ内に入れたあと、キッチンペーパーでコップのフチを覆ってやるとよいでしょう。

塗料の噴射性を確認したら、紙コップ内にある塗料を筆ですくい、対象物に塗って色合いを確認します。

これが終わったら、塗装作業開始です。

エアブラシは対象物から10~20cmほど離し、往復するように数度塗布しますが、塗料垂れが出ないように作業します。

頭髪用スプレーをサッサとスプレーするイメージで塗装していくと良いでしょう。

塗装して乾燥したらまた塗装、さらに乾燥したらまた塗装という感じで繰り返してください。

ノリが悪いと感じたら、サンドペーパーを使ってさっとヤスリを掛けてやると、エア-ブラシのノリが良くなるので試してみましょう。

作業が終わったら、使わないシンナーに新聞紙やティッシュペーパーなどをつっこんでシンナーを吸い込ませ、作業で使った新聞紙などにくるんで燃えるゴミとして出します。

決して台所や洗面台、トイレなどに流さないでください。

ソフビカラーはツヤ消し剤を含め40種類以上ありますので、思った通りのカラーリングを目指せます。

軟硬のPVC、ポリカーボネイト、FRP(繊維強化プラスティック)などに簡単に塗装できる便利な塗料です。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-フィギュア, ホビー
-

関連記事

Charles Creature Cabinetのドールの魅力!お迎え方法は?

オランダのドールメーカー、Charles Creature Cabinetのドールについて紹介します。

カードゲーム「ラブレター」のルールや楽しみ方

スポンサーリンク ラブレターはどんなゲーム? ラブレターは一見ほのぼのとしたタイトルとは裏腹に、場の状況を正確に把握したり、相手の手の内を読んだりと、常に考えながらプレイが進行していく、緊張感のあるゲ …

RCカーの塗装に!タミヤ ポリカーボネートスプレーの特徴と使い方

RCカーは外を走らせる前提で作る必要があるので、剥がれにくい丈夫な塗装が求められます。 タミヤはボディの素材に密着する塗料を開発したことで、RCカーに適した塗装の可能性を広げ、塗装の楽しみの提供を行っ …

プラモデルやフィギュアの塗装に!タミヤカラースプレーの特徴と使い方

タミヤカラースプレーは、ラジコンや模型、プラモデルで知られるタミヤが販売しているラッカー系カラースプレーです。

艦これで人気に!艦船模型の楽しみ方

艦船模型は大人でも楽しめるホビーです。 大人だからこそ楽しめるものだといっていいかもしれません。 艦船の模型はいろいろな楽しみ方が出来るからです。 スポンサーリンク 艦船模型の楽しみ方 艦船模型は戦艦 …

楽天モーションウィジェット