総務事務の仕事に就きたい人におすすめの資格

総務事務と言えば、縁の下の力持ちでありながら、会社内ではやっぱり目立つ存在。

と言うか、何かトラブルが起こったらまず「総務!」と、お声がかかるのが現実です。

しかし、そんな時でも慌てず冷静に、状況に合わせた知識と、行動で会社を支えることのできるスキルを、いくつかご紹介します。

スポンサーリンク

マルチに活躍、衛生管理者

衛生管理者資格とは、労働安全衛生法において定められている人々が、労働をする上での環境や疾病の予防法、ひいては職場全体の安全や衛生に関わる環境を、その具体的な知識でもって、整えてゆく重要な役割を担う国家資格。

全ての業種において、「50名を超える人員がいる事業所では、必ず衛生管理者を選任しなければならない」と決められています。

しかも、労働者の総数によって、衛生管理者の数も増やさなければならないため、ここからも非常に重要な役割を持つ資格だという事が伺えます。

衛生管理者には、「第一種衛生管理者」と「第二種衛生管理者」という、ふたつに分かれており、第二種衛生管理者は、主に「危険有害業務」と呼ばれる、作業場の環境が著しく高温・低温であるとか、粉塵などで呼吸器に障害が出る可能性があるとか、プレス機械・切断機械のように、労働災害が起こりうる可能性があるとか、そういった危険な仕事とあまり関係のない、小売業やIT・情報系の仕事、金融関係などの仕事においてのみ、衛生管理者として活動できますが、第一種衛生管理者の資格を取れば、業種に関わらず、衛生管理者と名乗ることができます。

総務事務として、事務所のみならず、工場などの現場に出向くことが多い人に、おすすめの資格です。

今話題のメンタルヘルス

また、昨今の総務事務の頭を悩ませるのが、「ストレス問題」。

上司や同僚、女子職員同士での、パワハラやモラハラによる鬱や、パニック障害などの疾病は、もう聞きなれない言葉ではなくなってきています。

メンタルに関わる問題だけに、より一層の適切な処置と判断が必要とされます。

このジャンルに関しては、「メンタルヘルス・マネジメント検定」という資格がおすすめです。

メンタルヘルス・マネジメント検定には、Ⅰ種・Ⅱ種・Ⅲ種とあり、この数字は難易度の等級と言うよりかは、資格取得希望者の担当に合わせて、選ぶことができる仕組みです。

Ⅲ種であれば、一般の社員向けで、資格を取得した本人が、いざという時に自分の身を守る為の、知識を身につけることができます。

Ⅱ種は管理職の人向けで、自分の部下などが、心の不調に陥らないよう、普段から職場環境を整えると共に、万が一心の不調を訴えてきた時には、早急な対応を取れるようにしておくもの。

Ⅰ種は、経営者向け。会社の方針を踏まえて、産業医を設けたり、病院などとも連携を取れるようにしておき、また社員全員の教育にも力を入れるもの。

どれを取っても、現代には必要です。

これぞ総務。人事総務検定

人事総務検定と聞くだけで、THE・総務事務って感じがしますよね。

人事総務検定では、総務に所属する方々を、レベル(勤続年数など)別に分け、そのレベルに応じた、法律や実務の知識を再度理解しながら、勉強してゆきます。

総務事務の業務だけでなく、今後社労士になりたいと思っている人にも、おすすめの検定です。

社労士の試験は非常に難解で、いきなりそこに飛び込んでも、なかなかうまくいきませんが、その前に人事総務検定を勉強して、知識の土台をしっかりと持っておくことで、ステップアップにも非常に役立ちます。

総務事務には、意外と法律が絡むことが多く、その最たる例が、労働基準法や安全衛生法。

退職の際にトラブルになった、心の病を発症して休職したい、会社の機械が原因で怪我をしたなど、総務事務にはそんなトラブルが、多数舞い込んできます。

そんな時に、慌てず騒がず適切な判断を下すために、人事総務検定は是非取得しておきたいですね。

そこへ更に、最近導入されたマイナンバーの知識なんかも合わせて取得しておけば、鬼に金棒。是非おすすめしたい、資格です。

垣根を超えちゃう?英語検定やTOEIC

総務事務と言えば、「代表電話」がある部署ですよね。

各部署直通の電話もあるけれど、やはり初めてのお問合せや、アポイントを取りたいお客様はどうしても、代表電話番号にかけて来られます。

もし、そのお電話が海外のお客様だったとしたら?

この時代、十分にあり得ます。電話を取ったら、受話器の向こうから聞きなれない言語が聞こえてきて大パニック、何を言っているのか分からない、どうすればいいのかも分からない・・・。

それでは、新規顧客をゲットする可能性の芽を摘んでしまうというもの。ここでおすすめなのが、世界共通語である、英語関係の資格を取得しておくことです。

マークシート四択形式のTOEICが今では主流で、学生時代に勉強したっきりで、英語はさっぱりといった人でも、専用のテキストで勉強を重ねれば、何年か海外留学をした人などと同じくらいのスコア(700点以上)が、取れるかも知れません。

一昔前は、実用英語技能検定もメジャーでしたよね。

TOEICが、席に座ったままリスニングとリーディングをおこなうのに比べ、実用英語技能検定では、まず初めにマークシートで筆記試験があり、それを通過した人のみがネイティブレベルの試験官を相手にした、英語面接に進めるというスリリングな試験方法です。

どちらも、持っていればためになること間違いなし。

最後に

以上が、総務事務に主に必要なスキルです。

細かく掘り下げてゆけば、他にも様々な勉強法がありますが、やはり今の時代のニーズに合わせていくことが、働く人々にとっては一番心強いというもの。

今総務に所属しているあなたも、これから総務として活躍したいあなたも、これらのスキルを磨いて皆の役に立ちましょう!

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-仕事・資格
-, ,

関連記事

環境問題について学ぶ!eco検定とは?

現代は環境やエコといった言葉が会話の中でもよく使われるようになり、人々の地球環境への関心は高まっています。 そのような中で注目されていてる資格がeco検定なのです。

仕事の本質を知るなら経営から!ビジネス・経営の資格「ユニバーサルマナー検定」

ユニバーサルマナー検定について知る前に、まずは用語であるユニバーサルマナーという言葉について考えてみましょう。 ユニバーサルという言葉を直訳してみると、全体の・全てに属する・全てにかかわる・一般的な・ …

将来いつか役に立つ!?福祉/介護の資格「介護検定」

今や超高齢社会となった日本。 福祉職も、非常に需要が高いです。高齢者を支えるために積極的に何か出来ることがしたいという場合や、家庭で突然介護できる力が必要になった場合、また今は必要ないけれど、将来は必 …

医療事務の仕事に就きたい人におすすめの資格

日本のみならず、多くの先進国で高齢化が進む昨今において、医療事務への需要は大きく高まっています。 一口に医療といっても、実際に患者さんに携わる業務もあれば、お金に関する手続きを行う業務もあります。 自 …

車関係の仕事をしたい人にピッタリの資格:整備管理者

車の仕事をする際に必要になる資格はいくつかありますが、その一つに自動車の整備管理者があります。 これは、自動車の整備や点検、また車庫の管理などを行うものです。 整備管理者になりたいのでれば、資格の要件 …

楽天モーションウィジェット