日本三大名泉へ温泉旅行に行こう!

下呂温泉の街並み
温泉大国である日本には、全国に数えきれないほどたくさんの温泉があります。

せっかく温泉旅行に行くなら、日本三大名泉と呼ばれるこだわりのある温泉に行ってみましょう。

スポンサーリンク

日本三大名泉

日本三大名泉とは、兵庫県の「有馬温泉」、群馬県の「草津温泉」、岐阜県の「下呂温泉」です。

この3つの温泉は、室町時代に京都五山相国寺の僧である万里集九の詩文集「梅花無尽蔵」に記載されていた温泉です。

その後の江戸時代、徳川家康から秀忠、家光、家綱までの4代将軍に仕えた儒学者の林羅山が、自分の詩文集にもこの3つの温泉を記載したことから、日本三大名泉として知られるようになりました。

日本三大名泉のそれぞれのこだわりポイントを紹介します。

有馬温泉

有馬温泉は六甲山の北側の山麓に位置しています。

古事記に舒明天皇が有馬の地に行幸したことが記されているほど歴史が古く、和歌山県の白浜温泉・愛媛県の道後温泉とともに”日本三古泉”ともいわれています。

豊臣秀吉も好んでよく訪れたゆかりの地であることから、橋や通りには太閤橋、ねね橋、太閤通りなど、秀吉にちなんだ名前が付けられています。

温泉効果の高いランキングでも上位に入る、実力ある温泉です。

有馬温泉のこだわりポイントは、金泉と銀泉という2つの泉質があることです。

金色に輝く金泉は、含鉄ナトリウム塩化物強塩高温泉で、保温効果が高く身体を芯から温めます。
神経痛・五十肩などの関節痛や慢性消化器病、慢性皮膚病、慢性婦人病、冷え性などの効能があります。

無色透明の銀泉は炭酸泉、ラジウム泉です。
高血圧症、動脈硬化症、痛風、慢性胆嚢炎など、内臓の病気に対して改善の効能があります。

共同浴場の金の湯と銀の湯では、それぞれ日帰りでも気軽に有馬温泉のお湯に浸かることができます。

宿泊する宿によっては、金泉または銀泉どちらかの温泉のみの場合が多いので、宿を決める際にはどちらの泉質かをチェックするようにしましょう。

温泉街は細い坂道になっていて、食事処やお土産屋、民芸品屋などが建ち並んでいます。

名物の炭酸せんべい、コロッケなどの食べ歩きも人気です。
地元の有馬ビールが飲める立ち飲み屋もあります。

温泉街の入り組んだ坂道を歩いていると、あちこちに湯けむりが立ち上る泉源があります。

有馬温泉には7つの泉源があるので、散策しながら泉源めぐりをするのもおすすめです。

草津温泉

草津温泉は白根山や浅間山という2つの活火山に挟まれている標高1,200mの温泉地です。

軽井沢にも近く、多くの観光客が訪れています。

草津温泉のこだわりポイントは、1円玉が1週間で消えるという強い酸性温泉であることです。

関節痛や慢性消化器病、疲労回復など一般的な温泉効果のほかに、強酸性のお湯で殺菌力が高いため、皮膚病によく効くといわれています。

ただし、病勢進行中の皮膚病は注意が必要です。

もうひとつのこだわりポイントは、源泉が熱いということです。

草津と聞くと湯畑を思い浮かべる人も多いと思いますが、ほとんどの源泉が50℃前後です。

それでも水で埋めたりしないで自然そのままの温泉を楽しむのが草津なので、熱いのが苦手な方は少しずつ桶で湯をすくって冷ましてからかけるなど、徐々に慣らしてから入浴するほうが良いでしょう。

草津温泉に行くなら、やはり草津の伝統文化である湯もみを見るのがおすすめです。

草津節や草津湯もみ唄などの民謡を歌いながら、長い板を使って熱い源泉を一定の温度まで下げる様子は独特で面白いものです。

湯もみの体験ができるところもあるので、草津の思い出づくりに参加してみてはいかがでしょうか。

下呂温泉

下呂温泉は飛騨山地の高い山々に囲まれています。

下呂を中心に飛騨木曽川国定公園が広がっているため、年間300万人の観光客が訪れる観光地としても人気があります。

温泉街の中央には飛騨川が流れていて、両岸から山の中腹にわたって旅館やホテル、土産屋、飲食店などが建ち並んでいます。
にぎやかな雰囲気のある温泉街です。

下呂温泉のこだわりのポイントは、刺激の少ない身体に優しい温泉であることです。

泉質はアルカリ性単純温泉で、一般的な温泉効果ももちろんあります。

さらに下呂温泉はアルカリ性が高いので、肌の角質を取る美肌効果があります。

ぬるっとしたやわらかなお湯は美肌の湯とも言われているので、女性に嬉しい温泉です。

また単純温泉なので、何度入っても体にあまり負担がかからないのもポイントでしょう。

温泉旅行に行ったら、ひたすらずっと温泉に浸かっていたいという方にもおすすめです。

下呂温泉の真ん中には、噴泉池という混浴露天風呂があります。

四方に囲いがないため、開放感が抜群すぎると大人気のお風呂です。

飛騨川のせせらぎを聞きながら源泉を満喫できるので、下呂温泉に行く時は水着を持って行くことをおすすめします。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-旅行・レジャー
-, , , ,

関連記事

夏の風物詩「安倍川花火大会」を楽しむポイント

安倍川花火大会とは、静岡県で毎年開催されている花火大会のことで、何と60年以上もの歴史を誇る、伝統的な花火大会なのです。 昔から長く続いているというだけでなく、静岡県下で最大規模の大会としても有名で、 …

石川県のおすすめ旅行スポット

石川県は、北陸地方にある都道府県の一つで、日本海に面しています。 そんな石川県のおすすめスポットを、いくつかご紹介いたします。 スポンサーリンク 石川へ行くなら、ここがおススメ! 多彩な魅力あるスポッ …

ハンガリー旅行のおすすめ観光スポット

なんとなくヨーロッパの国々のひとつで、具体的なイメージがあまりないハンガリーですが、実際に行った人はすっかりその虜になる人が多いです。 ハンガリーはヨーロッパのおしゃれさと、自然の雄大さ、素朴さを兼ね …

誰にも邪魔されない!貸切風呂のある宿の良さ

温泉は基本的に男風呂と女風呂で別れていて、恋人や夫婦二人で行ったときには別々にお風呂に入りますね。 一人で入ればのんびりとつかることが出来ますが、寂しい思いをすることにもなるでしょう。 男風呂と女風呂 …

一生に一度は見ておきたい!日光杉並木街道のおすすめ絶景スポット

日光杉並木街道は、栃木県の日光市にある杉並木をいます。 日光街道と日光例幣使街道、そして会津西街道の三つを合わせた杉並木のことです。

楽天モーションウィジェット