日本書紀にも残されている日本三大古湯!有馬温泉の楽しみ方


有馬温泉は、群馬県の草津温泉、岐阜県の下呂温泉とともに、日本の三大古湯の一つと言われています。

その中でも最も歴史が古く、日本書紀によると6~7世紀頃、つまり飛鳥時代にはもう人々に知られていたということになります。

スポンサーリンク

有馬温泉の楽しみ方

有馬温泉は「関西の奥座敷」とも呼ばれていて、関西在住の人が以外に思うのは、住所が「神戸市」なんです。

神戸市の中心である三宮からは電車で30分あまり(地下鉄で谷上駅経由)で行けてしまいます。

あの異人館街だとか、異国情調の漂う神戸の中心街と、由緒ある温泉街ならではの「小京都」といってもいい町並み。

このギャップがまた有馬温泉の一つの魅力でもあり、そんな町並みを散策するのも楽しみ方の一つとも言えましょう。

ただ、やはりなんと言っても温泉街、しかも世界でも有数な湯量を誇る温泉地ですので、「温泉」を抜きに有馬温泉の楽しみ方を語るわけにはいきません。

そこで、まずは「温泉の楽しみ方」から紹介したいと思います。

有馬温泉を楽しむ3つの方法

1つ目は日帰り入浴施設を利用すること、2つ目は温泉のテーマパークといった施設を利用すること、3つ目は宿泊施設を利用することです。

なお、関西近辺の人は大阪・宝塚・西宮・芦屋などからもバスが出ていて、いずれも1時間以内で行けるので、日帰りが十分可能ですが、ちょっとゆっくり宿泊して旅行気分を味わうこともできます。

その逆に旅行客で大阪や神戸に宿泊している人も、日帰り気分で有馬温泉を訪れることもできます。

以上3つのパターンを両面から見ていただけたらと思います。

1.日帰り入浴施設を利用する

有馬温泉には「金の泉」と「銀の泉」の二箇所の共同浴場があり、これを利用することができます。

この「金の湯」「銀の湯」の名称は、有間温泉の2つの泉質である「金泉」「銀泉」から由来しています。

金泉は赤褐色で、なめてみると鉄と塩の味がするお湯です。

ポカポカと温まり、肌がすべすべになるので、女性に人気の高いお湯です。

銀泉は無色透明で、毛細血管が広がる効能があるので、神経症や高血圧の人に効き目があると言われています。

この2つの共同浴場を利用することで、有馬温泉を十分に楽しめてしまいます。

2つの共同浴場のうち、金の湯のほうが温泉街の中心に近く、お土産屋が充実している地域にあります。

銀の湯のほうが少し離れているので、その分落ち着いて入浴することはできます。

金の湯には足湯コーナーも設置されていて、こちらは無料で入れます。

ちなみに入浴料は金の湯で650円、銀の湯が550円です。

タオルを使用する場合は有料になります。

2.温泉のテーマパークを利用する

このテーマパークですが、「太閤の湯」という施設があります。

「太閤」とは豊臣秀吉のことです。

有馬温泉の歴史を語る時、戦国時代に一度は衰退していた有馬温泉を豊臣秀吉閤が復興させたということは大きく、また彼自身がこの温泉を愛し、近くに別荘をたて、家族や臣下の大名らとともに何度も訪れたほどであったと言われています。

このことから、単なる保養所としての温泉地から観光地としての有間温泉へとつながっていった、そのルーツが秀吉閤にあるということもできます。

この太閤の湯は、そんな「太閤さん」お好みの風呂を再現したもので、金泉・銀泉のほかに、露天風呂や岩盤浴、五右衛門風呂など26種類のお風呂が楽しめます。

また館内には食事コーナーやマッサージコーナーなども充実しています。

秀吉閤が活躍した安土桃山時代の歴史を偲びながら、一日中ゆっくり過ごせる人気のスポットです。

利用料金は平日2400円、休日2600円ですが、クーポンや割引券を利用すれば少し安く入館できます。

3.宿泊施設を利用する

有馬温泉界隈は、古くからの温泉街であるため、宿泊施設は充実しています。

中でも有間グランドホテル、月光園、向陽閣などは旅行者に人気があります。

これらの施設では夜も朝も温泉を楽しめる上、食事も堪能できます。

さらに、宿泊した場合の楽しみ方として、芸妓さんたちがおもてなしをしてくれるシステムを利用できるということがあります。

昔ながらの温泉街の大きな要素といえましょう。

また、宿泊しながら、先述した共同浴場の金の湯や銀の湯を利用する人も結構います。

これなら地元と人とのふれあいをより楽しむことができます。

また太閤の湯は、宿泊客にも人気スポットにもなっています。

温泉街や自然も楽しんで

あと、温泉以外の有馬温泉の楽しみ方をいくつか紹介しておきましょう。

有馬温泉の名物の一つに、炭酸せんべいがあります。

数あるお土産店では欠かすことなく置かれていて、試食も楽しめます。

中でも「三津森本舗」では、炭酸せんべいの目の前で焼いている場面を見ることができます。

伝統工芸品の「人形筆」や「有馬籠」も有名です。

湯上がりにお土産屋さんを回りながら温泉街の情緒を楽しむのもいいものです。

また、紅葉シーズンは特に人気があります。

有間温泉から徒歩20分にある瑞宝寺公園は紅葉のみどころとして有名で、秀吉閤もあまりの美しさに絶賛した、と伝えられています。

秋に訪れた際にはぜひ行って見たいものです。

また、有馬温泉は六甲山とロープウェイでつながっています。

夜景のきれいなことで有名な六甲山見学と有間温泉での入浴というのをセットにするのもいいプランになるかもしれません。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-旅行・レジャー
-, , ,

関連記事

和歌山県のおすすめ旅行スポット

近畿地方に属する和歌山県は、日本最大の半島である紀伊半島の西側にあります。 そんな和歌山のおすすめスポットを、ご紹介いたします。

アメリカ・オハイオ州のおすすめ観光スポット

オハイオ州に旅行の際には、美術館や博物館といった長閑に過ごせるスポットから、スポーツを楽しんで大いに盛り上がれるスポットまで、様々な観光名所があります。

紅葉の名所「六甲山」の景色を満喫!

六甲山とは、兵庫県神戸市にある標高931メートルの山のことです。住所は、兵庫県神戸市北区になります。アクセスは、大阪からおよそ1時間ですが、鉄道で行く場合は、JR神戸線の六甲道駅、あるいは阪神の御影駅 …

デモイン(アメリカ・アイオワ州)のおすすめ観光スポット

デイモンは経済と文化の中心都市と呼ばれています。

ドライブデートにオススメ!「ほったらかし温泉」を満喫

都内からも日帰りで行くことができるので、ドライブデートにぴったりなのが「ほったらかし温泉」です。 宣伝やサービスなどがないので、非常に気軽に立ち寄ることができるのが、魅力の温泉です。開放感たっぷりの温 …

楽天モーションウィジェット