スペイン語を通して学ぶ文化と歴史

スペインの国旗

グローバル化が叫ばれている現代において、日本語だけ話せればいいと考えてしまうのはもったいないことです。

複数の言語を話すことができる人は、それだけ世界を広げることができます。

語学というのは、人間同士のコミュニケーションを図るツールですが、単なる道具だと思っているのは損です。

道具として活用するのは当然として、それ以上の役立て方を考えていく必要があります。

新しい言語を学んでみたいと思っていても、どの言語から始めればよいかが分からずに悩んでしまう人も多いです。

大切なことは、自分自身が興味を持つことができる言語を選ぶということなのですが、多くの人が使っている言語を学ぶようにしないと、グローバル化の社会に通用しないという点にも注意しなければなりません。

一番役に立つ言語が英語であることは言うまでもないのですが、英語以外にも目を向けてみると、たとえばスペイン語を学ぶことの意味が大きいことに気づきます。

スポンサーリンク

スペインの文化や歴史に触れてみよう

スペインという国については、世界史の学習で耳にしたことはあっても、詳しいことが分からないという人が多いです。

有名な国の1つであるにもかかわらず、日本人にとっては馴染みの薄い国でもあると言えます。

全く興味を持つことができない人にとっては、スペイン語を学ぶことが苦痛に思えてしまいますが、それなりに興味を持つことができると、スペイン語の楽しさ・面白さが分かってきます。

スペイン語を学ぶメリット

スペイン語を学ぶことのメリットは、単に語学力がつくというだけではありません。

スペインの文化や歴史を理解することにもつながっていきます。

そして、スペインについて理解することができると、スペイン以外のヨーロッパ諸国の文化や歴史についても少しずつ分かるようになるのです。

それぞれの国の文化や歴史というのは、簡単に理解することができるものではありません。

じっくりと時間をかけて、少しずつ勉強を深めていくしかないのです。

そのキッカケになるのは、文化や歴史そのもの勉強ではなく、スペイン語などの語学のスキルを高めることです。

語学を学ぶためのステップ

語学の勉強を進めていく上では、いくつかのステップがあることを知っておく必要があります。

誰でも、全く知識を持たない初心者の段階から始まります。

そして、基本的な単語や文法の知識が身についてくると、中級レベルの段階に入ります。

一般的に、語学の勉強を楽しいと思えるのはこの辺りまでです。

この段階を超えて上級レベルに入るようになると、徐々に語学の学習が大変なことだと感じるようになります。

この上級レベルに入る段階を乗り越えられるかどうかが、大きな分かれ目になるのです。

このとき、スペイン語のスキルを高めることだけを考えてしまうと、勉強がつまらないものになり、途中で挫折してしまう可能性が高まります。

ある程度の語学力がついた段階では、文化や歴史のことを深く考えていくようにすることが大切です。

積極的に交流してみよう

どの国にも、独特の文化や歴史があります。

日本では考えられないようなことが、スペインでは普通だったりします。

スペイン語を話す人々が多い地域は、明るい性格の人々が多く暮らしています。

積極的にコミュニケーションを図ろうとする人が目立つので、スペイン語のスキルがそれほど高くない段階でも、会話をすることは難しくありません。

スペイン語に自信がないからといって尻込みしてしまうと、せっかくのチャンスを逃してしまいます。

挨拶などの基本的な会話がマスターできたら、積極的に交流を図るようにすることが大切です。

書籍やインターネットで学ぶことでも、スペインの文化や歴史を知ることは可能です。

しかし、実際に現地の人々とスペイン語で話すことで得られる理解は、書籍やインターネットとは全く次元が異なります。

スペイン語を学び始めたキッカケが文化や歴史の理解にある人は、しっかりと会話をすることを考えてみるとよいです。

自分の性格が控えめで、積極的に大勢のいる場に飛び込んでいくタイプではないと思っている人も、日本人には多いものです。

スペイン語を学ぶようになったからといって、すぐに性格を変えることはできません。

しかし、性格を変えようとする必要はないのです。

控えめであっても、コミュニケーションを図ることは可能です。

むしろ、自分と違うタイプの人々と接するようになることで、文化や歴史に対する理解は深まっていきます。

グローバル化に対応するために仕方なく語学の勉強を始めた人でも、文化や歴史のことが分かってくると、勉強を進める目的が変わってくるものです。

いろいろな人との交流がスムーズに図れるようになると、自分自身の人間的な成長にもつながっていきます。

スペインの文化や歴史を知ることで、日本の文化や歴史はどうなのだろう、日本とスペインで何が同じなのか、何が違うのか、といった点を考えるキッカケにもなります。

スペイン語を勉強すると考えるとつまらないものになってしまいますが、文化や歴史を勉強すると考えると楽しいものになるのです。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-仕事・資格, 学習・勉強
-, ,

関連記事

将来的に独立ができる国家資格:公認会計士

一時期は就職氷河期と呼ばれるほど公認会計士の就職状況が悪かったのですが、業務の幅の拡大や財務会計など専門知識の重要性などから、現在では人手不足に変わって売り手市場になっています。 そのため、公認会計士 …

外国語を学ぶ資格:中国語コミュニケーション能力検定(TECC)

近年、世界中の国々の中でも目覚ましい発展を見せる中国ですが、日本でも中国に工場を進出したりビジネスパートナーとして提携したりしている企業が数多くあります。 こういった流れの中で、現在ではグローバルに仕 …

将来いつか役に立つ!?福祉/介護の資格「サービス介助士2級検定」

現在、日本では「超高齢社会」と呼ばれるほど、高齢者人口は増加し続けています。道を歩けば、高齢者とすれ違うことは、もう日常的な景色となっています。 そのような中で、高齢者や身体の不自由な方が、何か困って …

動物と触れ合う仕事がしたい!知識が学べる資格「ハンドラー」

主にドッグショーなどでハンドリングを行うのが、ハンドラーです。ハンドリングは、ドッグショーなどの会場で入賞を目指し、犬の特徴を引き出して好成績を出せるように、犬を引き回すことです。 犬の所有者が引く場 …

ニッチな外国語の資格:国際ポルトガル語検定試験

私たち日本人に馴染みのある外国語の資格試験といえば、英検やTOEICが挙げられます。 今日のグローバリズムの要請から、あるいは学校での外国語教育の実情から、いわゆる検定試験が英語偏重になっているのはや …

楽天モーションウィジェット