大人になって気付いた美味しい春の食べ物「菜の花」

春の訪れを、黄色い絨毯の花で教えてくれるのは、菜の花畑の美しいイエローカラーです。美しいスプリングシーズンの元気カラーですが、子供時代は楽しくはしゃぐばかり、それを口にして美味とは、子供の口には理解できないのも無理はありません。

さっと茹でて醤油などでいただくと、子供もの口には少々苦味を感じることもあるでしょう。

スポンサーリンク

旬の食材を美味しく食べよう!

春の黄色い絨毯も美しい菜の花は、食べても美味しい

しかし大人になるにつれて、人間はいろいろなものを食べるようになり、やがて人間の味覚も大人の味覚に変わります。

子供時代はどちらかというと、ジャンキーなフードの味わいに慣れてしまったり、砂糖たっぷりの味付けの濃いものに、心と舌を魅了されがちですが、やがて人間は大人になり、本当に健康に良いものを口にするようになります。

年齢を重ねるということは、知識を得るということ、賢くなることでもあります。子供時代は多少のことでは、健康は乱れませんが、大人になるとそうも行きません。

この先の健康を考慮すると、その基本は、食べ物からの栄養が自分を作る、そういう基本を知ることになります。

これまで口にはしなかったような野菜類も、大人になると積極的に食べようと心がけるようになります。子供時代には食べられない味覚であったとしても、健康を考えて食べるようになると、その味に慣れて美味であると感じることができるようになります。

特に自然の野菜には、独特の苦味や、えごみなどがある食材もありますので、大人だからこそその味わいを受け入れやすくなります。

菜の花などは、まさにその野菜のひとつ、大人の口には実に新鮮で清々しく、栄養もたっぷりで元気をもらうことができます。

春の味覚の菜の花には栄養がいっぱい

色彩豊かな春の訪れとともに、桜や菜の花は咲き誇り、人々の心をウキウキと楽しいものにしてくれます。スプリングシーズンにもなると、様々な息吹が芽を出して、旬を迎えた食材も、多く口に入るようになります。

菜の花ももちろんその味覚のひとつで、そして実は栄養価がとても高い、素敵な野菜の一つでもあります。

カテゴリーは、菜花類に入りますので、アスパラ菜などと同じように栄養に恵まれています。美しい見た目だけにはとどまらず、βカロテンの宝庫でもあります。カロテンの栄養素は、体内へ入るとビタミンAの栄養素へと形状を変えます。

ビタミンAの栄養は、皮膚や粘膜に必須の栄養素で、丈夫な粘膜形成や維持に大活躍をします。

ビタミンAの栄養はほかにも、毛髪の健康の維持にも貢献をしていますし、肺や喉などの気管も守ります。目元にも関わりますので、視力を良い状態に維持するためにも、βカロテンの栄養は大切です。

ビタミンB群の栄養素もばっちり含みますし、ミネラルの栄養素にも長けています。マグネシウムにカリウム、それからリンにカルシウムに鉄の栄養素、本当にミネラルに恵まれているので、鉄分を求める女性にも嬉しい野菜です。

特に日本女性は日頃から、鉄分不足で悩みやすいです。貧血気味であるのは、体内の鉄の栄養素が足りない合図だからです。

爪が弱くて割れやすいとか、毛髪が抜けやすいのも、鉄の栄養が不足をしている可能性があります。美味しく菜の花をいただいて、鉄の栄養も補給できれば、女子の悩みも解消へ向かいやすくなって、一石二鳥ということにもなります。

春に美味しい菜の花の持つ栄養の底力

暖かな日差しに色彩豊かな景色、日本の春は実に美しく、そして旬の食材は大変美味しいものです。菜の花は、この時期に旬を迎える、黄色く美しい花を咲かせる、実に美味しい葉物野菜です。

そんな美味しい菜の花は、美味であるだけではなく、人間の健康や美容にも嬉しい働きをもたらします。

ビタミンACEをはじめ、様々なビタミンの栄養素の宝庫であり、カリウムやカルシウムなどのミネラルもたっぷり、さらに食物繊維も豊富です。ケンフェロールは、特有の苦味成分で、イソチオシアネートの辛味成分も含有をしています。

あまり耳馴染みはないケンフェロールは、苦味の成分ではありますが、ポリフェノールのひとつです。人間の体の中ではエネルギーの代謝を良くする働きをするので、脂肪の燃焼を効率的にすることになります。

そのため、ダイエットへのサポートとしても、期待のできる栄養素です。

不要な栄養素は、体内へはストックをしない、そんな働きかけをするケンフェロールは、蓄積した不要なものを、外へと排出をさせるためにも活躍をします。さらには燃焼効率を上げるので、脂肪撃退にもプラスの仕事をしてくれます。

イソチオシアネートは、菜の花にある辛味成分で、体内では血液の流れを順調にさせますので、貧血の予防にも良い成分です。イソチオシアネートはほかにも、体内のデトックス作用にもなる栄養です。

水溶性ビタミンCも豊富なのが菜の花でありますから、素肌への美容効果も一緒に期待が持てます。

食物繊維もとても多いので、女子たちが密かに悩みとする、便秘の解消にも役立つことになります。

ですから菜の花は、女性を美しくする食材でもあります。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-フード
-, ,

関連記事

1日漬けるだけ!味噌に漬けると美味しいモノ「卵」

1日だけ味噌に漬けると美味しい食材として、卵もとても美味しくいただける食べ物に変身をします。 茹でた状態にして、味噌と好みでごま油をプラスして、1日漬けるだけで出来上がりです。余りにもシンプルですが、 …

隠し味で「昆布茶」を入れると、クリームシチューが一段上の味になる!

昆布茶は、和食の隠し味によく使われますが、洋風のクリームシチューにも、とてもよく合います。 海鮮のシーフードシチューや、チキンシチューの隠し味にも最適です。 昆布茶には、グルタミン酸という旨味成分が多 …

身も心もぽっかぽか!冬野菜レシピ

近頃は一年中いろいろな野菜がスーパーや八百屋さんに並んでいるので、野菜の旬を知らない人も多いようです。 冬野菜と聞いて、皆さんはどんな野菜を思い浮かべますか? 冬野菜には、大根、レンコン、白ネギ、ごぼ …

安いお米でも美味しく炊けるマル秘テクニック

日本人の主食であるお米ですが、その分消費も激しく、家計的にはなかなかの出費ですよね。 高いお米を買えばその分美味しいご飯が食べられますが、毎日の事となると少しでも節約し、安いお米で美味しく食べたいもの …

花粉症は食べ物で改善出来る!花粉症を和らげる食べ物「きくらげ」

春が近づき暖かくなると、花粉症が発症します。 スギなどの花粉がとびちり、目や鼻の粘膜に付着すると、鼻水、くしゃみ、目のかゆみなどの症状が現れてきます。

楽天モーションウィジェット