大人になって気付いた美味しい春の食べ物「菜の花」

春の訪れを、黄色い絨毯の花で教えてくれるのは、菜の花畑の美しいイエローカラーです。美しいスプリングシーズンの元気カラーですが、子供時代は楽しくはしゃぐばかり、それを口にして美味とは、子供の口には理解できないのも無理はありません。

さっと茹でて醤油などでいただくと、子供もの口には少々苦味を感じることもあるでしょう。

スポンサーリンク

旬の食材を美味しく食べよう!

春の黄色い絨毯も美しい菜の花は、食べても美味しい

しかし大人になるにつれて、人間はいろいろなものを食べるようになり、やがて人間の味覚も大人の味覚に変わります。

子供時代はどちらかというと、ジャンキーなフードの味わいに慣れてしまったり、砂糖たっぷりの味付けの濃いものに、心と舌を魅了されがちですが、やがて人間は大人になり、本当に健康に良いものを口にするようになります。

年齢を重ねるということは、知識を得るということ、賢くなることでもあります。子供時代は多少のことでは、健康は乱れませんが、大人になるとそうも行きません。

この先の健康を考慮すると、その基本は、食べ物からの栄養が自分を作る、そういう基本を知ることになります。

これまで口にはしなかったような野菜類も、大人になると積極的に食べようと心がけるようになります。子供時代には食べられない味覚であったとしても、健康を考えて食べるようになると、その味に慣れて美味であると感じることができるようになります。

特に自然の野菜には、独特の苦味や、えごみなどがある食材もありますので、大人だからこそその味わいを受け入れやすくなります。

菜の花などは、まさにその野菜のひとつ、大人の口には実に新鮮で清々しく、栄養もたっぷりで元気をもらうことができます。

春の味覚の菜の花には栄養がいっぱい

色彩豊かな春の訪れとともに、桜や菜の花は咲き誇り、人々の心をウキウキと楽しいものにしてくれます。スプリングシーズンにもなると、様々な息吹が芽を出して、旬を迎えた食材も、多く口に入るようになります。

菜の花ももちろんその味覚のひとつで、そして実は栄養価がとても高い、素敵な野菜の一つでもあります。

カテゴリーは、菜花類に入りますので、アスパラ菜などと同じように栄養に恵まれています。美しい見た目だけにはとどまらず、βカロテンの宝庫でもあります。カロテンの栄養素は、体内へ入るとビタミンAの栄養素へと形状を変えます。

ビタミンAの栄養は、皮膚や粘膜に必須の栄養素で、丈夫な粘膜形成や維持に大活躍をします。

ビタミンAの栄養はほかにも、毛髪の健康の維持にも貢献をしていますし、肺や喉などの気管も守ります。目元にも関わりますので、視力を良い状態に維持するためにも、βカロテンの栄養は大切です。

ビタミンB群の栄養素もばっちり含みますし、ミネラルの栄養素にも長けています。マグネシウムにカリウム、それからリンにカルシウムに鉄の栄養素、本当にミネラルに恵まれているので、鉄分を求める女性にも嬉しい野菜です。

特に日本女性は日頃から、鉄分不足で悩みやすいです。貧血気味であるのは、体内の鉄の栄養素が足りない合図だからです。

爪が弱くて割れやすいとか、毛髪が抜けやすいのも、鉄の栄養が不足をしている可能性があります。美味しく菜の花をいただいて、鉄の栄養も補給できれば、女子の悩みも解消へ向かいやすくなって、一石二鳥ということにもなります。

春に美味しい菜の花の持つ栄養の底力

暖かな日差しに色彩豊かな景色、日本の春は実に美しく、そして旬の食材は大変美味しいものです。菜の花は、この時期に旬を迎える、黄色く美しい花を咲かせる、実に美味しい葉物野菜です。

そんな美味しい菜の花は、美味であるだけではなく、人間の健康や美容にも嬉しい働きをもたらします。

ビタミンACEをはじめ、様々なビタミンの栄養素の宝庫であり、カリウムやカルシウムなどのミネラルもたっぷり、さらに食物繊維も豊富です。ケンフェロールは、特有の苦味成分で、イソチオシアネートの辛味成分も含有をしています。

あまり耳馴染みはないケンフェロールは、苦味の成分ではありますが、ポリフェノールのひとつです。人間の体の中ではエネルギーの代謝を良くする働きをするので、脂肪の燃焼を効率的にすることになります。

そのため、ダイエットへのサポートとしても、期待のできる栄養素です。

不要な栄養素は、体内へはストックをしない、そんな働きかけをするケンフェロールは、蓄積した不要なものを、外へと排出をさせるためにも活躍をします。さらには燃焼効率を上げるので、脂肪撃退にもプラスの仕事をしてくれます。

イソチオシアネートは、菜の花にある辛味成分で、体内では血液の流れを順調にさせますので、貧血の予防にも良い成分です。イソチオシアネートはほかにも、体内のデトックス作用にもなる栄養です。

水溶性ビタミンCも豊富なのが菜の花でありますから、素肌への美容効果も一緒に期待が持てます。

食物繊維もとても多いので、女子たちが密かに悩みとする、便秘の解消にも役立つことになります。

ですから菜の花は、女性を美しくする食材でもあります。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-フード
-, ,

関連記事

グルテンフリーで食べていい食品:オートミール

グルテンフリーでは、基本的に小麦粉類の粉ものは食べることはできないものの、我慢ばかりでは続けにくくなります。 オートミールは最適なフードやおやつになってくれます。

お米を美味しく炊く裏技:サラダ油を加える

日本人の米離れが進んでいるといわれながらも、やはり日本人にとって無くてはならないのが炊き立てのご飯の存在です。

まだまだ寒い日に食べたい湯豆腐に入れると美味しくなる薬味!【キノコ】

寒い時期になると、食べたくなってくる料理の一つに湯豆腐があります。湯豆腐は、調理方法も簡単ですし、材料となる豆腐は、比較的安価で手に入りやすいため、お財布にも嬉しい存在です。 しかし、そんな湯豆腐も、 …

炊飯器でできる魚料理の時短レシピ

炊飯器を使用して時短で作れる魚料理のレシピを紹介します。

宮城県に行くなら絶対食べたい!ご当地グルメ5選

森の都仙台として名高い宮城県は、山と海に囲まれ、日本三大絶景の一つでもある松島が、有名な旅行スポットとして人気です。 ご当地グルメも豊富で、山の幸海の幸に溢れています。 また、東北最大都市であり、ショ …

楽天モーションウィジェット