春の食材を使って作りたい!今食べるととびきり美味しい春野菜:ブロッコリー

ブロッコリーは、春の時期に旬を迎える食材で、今では日本の食卓にも欠かせない存在になりました。

この時期には、適度な寒暖差もある影響で、ブロッコリーに代表される春野菜は、甘さが特に素晴らしくなります。

厳しい寒さの中で冬越しをさせて、春の段階で立派な大きさになるため、栄養価も非常に優れています。

スポンサーリンク

栄養満点!旬の食材を美味しく食べよう

春野菜の代表格になるブロッコリー

旬の時期には、主要な産地から十分な量が供給されますので、お値段も相当に安くなります。

他の時期でも、冷凍食品などで利用することが可能ですが、旬の時期の味わいは格別です。この時期には、毎日のように食卓に並べて、鮮やか色彩を鑑賞しながら楽しんでみてはいかがでしょうか。

ブロッコリーの主な可食部になるのは、花蕾と呼ばれるつぼみの部分に加えて、下側では特に硬くなる茎です。

花蕾の部分だけを使って、硬い茎は捨ててしまうことがありますが、実際には有用な部位です。旬の季節のブロッコリーは、茎の硬い部分も含めて甘味が非常に豊富で、フルーツのような甘さも感じられるほどです。

上手に工夫すれば、花蕾と同様に楽しむことが可能ですから、外側の葉も含めて捨てる部位はほとんどないと考えても大丈夫です。

旬のブロッコリーは大変に美味ですが、鮮度の劣化が早いという弱点もありますので、適切な下処理を行ってから使っていきましょう。

生の状態で保存すると、花蕾の部分が黄色く変色することがあるため、取扱いには注意が必要です。生で保存するときには、濡れた新聞紙で包むことがおすすめですが、なるべくは早めに使い切ることが大切です。

茹でたものは、冷凍にしておけば、鮮やかな色彩を残したままの状態になります。

本来の甘さを活かしてシンプルな方法で調理

旬のブロッコリーには、十分な旨味と甘さがあるため、素材の持ち味を活かした調理法を選べば、春野菜の美味しさが損なわれることがありません。

軽く下茹でにしてからは、余計な水分をよく切っておけば、シンプルな炒め料理で使えます。オリーブオイルで、ニンニクとアンチョビを炒めてから、茹でたブロッコリーも加えて短時間で炒めていきます。

こうすることで、アンチョビからは適度な塩味が加わって、本来の甘さが素晴らしい状態で引き出されます。食材としての歯ごたえも残るため、この料理は五感を使って美味しさを実感したい人にも向いています。

鮮やかな緑色も特徴的になるため、中華料理の炒め物の食材としても使えます。

春に旬を迎えるタケノコを一緒にして、八宝菜の料理で使うときには、シンプルな塩味にしても本格的な美味しさになります。中華料理の味付けにしても無難に調和して、ご飯のおかずとしても最高になるため、定番のメニューに加えてみてはいかがでしょうか。

中華料理で使う場合には、とろみのある中華スープの具材にすることもおすすめできます。

この場合には、春雨やフカヒレを添えて、茹でたブロッコリーを最後に混ぜれば、彩りも鮮やかなスープ料理として楽しめるようになります。

ブロッコリーは、西洋野菜の一種でもあるわけですが、キャベツと同様に和食との相性も抜群です。

シンプルなカツオや昆布に出汁とも調和して、豊かな甘味を堪能できることも特徴です。お味噌汁の具材にしたり、おひたしや酢の物の食材として使うこともできますので、和食に強いこだわりを持っている人も、満足させる実力を持っています。

硬さが気になる茎の上手な利用法

硬さが気になる茎の部分は、細かく刻んで調理すると、根菜のような食感を持った食材に変化します。

短冊切りにしてからは、細切りの人参と合わせて、ゴマ油を使ってよく炒めていきます。こうすると、硬い茎の部分はしんなりとした状態に変わりますが、心地よい歯ごたえが残っています。

砂糖や醤油で味付けをして、好みで七味唐辛子を加えば完成します。この料理は、ブロッコリーの茎を使ったキンピラと呼べるもので、家庭では常備菜として重宝する一品です。

平たい状態で切った茎は、天ぷらの衣に付けて揚げると、余計な水分が蒸発した分だけ甘さが凝縮します。高温の油を使えば、短時間でも柔らかくなりますので、忙しい人も作ってみてください。

一緒に、人参やタケノコを合わせて、かき揚げにして調理する場合でも、春野菜としての実力を発揮します。茎の部分は、油との相性が良く、天ぷらにすれば繊細な香りを引き出せることも利点となります。

茎の部分を細かいみじん切りにして、オリーブオイルで炒めると、飴色の状態に変化していきます。この状態では深い旨味が生まれ、スープの出汁としても十分に使えることも覚えておいてください。

この方法は、玉ねぎを飴色になるまで炒める場合と同様で、カレーやシチューのコクを増やすときには特に役立ちます。

油のカロリーが気になる場合には、茎の部分をお湯で煮出すことによって、春野菜のブイヨンを作ることもできます。

この場合には、ブロッコリーを中心にして、他の種類の春野菜も混ぜれば、複雑な旨味と香りを抽出できますから、あっさりとしたフランス料理との相性も抜群です。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-フード
-, ,

関連記事

体が温まる海外のホットドリンク6選

寒くなると温かい飲み物が恋しくなります。 ココアやゆず茶、甘酒、生姜湯などホットドリンクを飲んでいるという人は多いと思います。 日本より寒い国はたくさんありますが、そんな寒い国や地域で取れた食べ物や飲 …

隠し味で「昆布茶」を入れると、クリームシチューが一段上の味になる!

昆布茶は、和食の隠し味によく使われますが、洋風のクリームシチューにも、とてもよく合います。 海鮮のシーフードシチューや、チキンシチューの隠し味にも最適です。 昆布茶には、グルタミン酸という旨味成分が多 …

ぱぱっと簡単!冬野菜レシピ

寒い冬に、ぱぱっと簡単に作れる冬野菜のレシピはいかがでしょうか? 大根、人参、白菜、レンコン、ゴボウなどの冬野菜は保存も簡単で美味しく、あったまるレシピにぴったりです。 スポンサーリンク ぱぱっと簡単 …

大人になって気付いた美味しい春の食べ物「ふき」

ふきは、キク科フキ属の多年草の野菜です。「ふ」ゆに「き」いろい花が咲くために、「ふき」という名がついたという説があります。

身体を温める野菜【ニラ】

冬にシチューやグラタン、ポトフなど、温かい食事を取ると体はとても温まります。 その逆に、ざるそばや冷やし中華、単純にジュースなどを飲んだりすると体が冷えて、夏にはとてもありがたく感じます。 しかし、こ …

楽天モーションウィジェット