大人になって気付いた美味しい春の食べ物「芽キャベツ」

大人になって気付いた美味しい春の食べ物として、芽キャベツもその一つになるでしょう。

春の訪れとともに旬を迎えるフレッシュの野菜の中でも、スモールでキュートな見た目は、まるでスナックのようなポップな感じさえ醸し出しています。

優しいグリーンカラーの野菜は、女の子達が子供時代におままごとをしていたころのような、楽しい雰囲気での食事にもしてくれます。

スポンサーリンク

大人になって気づく、春の味覚

美味しい春の食べ物の芽キャベツ

でも実際には、子供時代には、この小さなキャベツを本当に美味しいとは、なかなか感じることはできない子供もは少なくはありません。見た目には小さくて可愛いので、なんとなくおもちゃの野菜の感覚さえあるので、子供心にも楽しさは感じることができます。

でもキャベツを小さいといっても、まるごと食べることには、あまり積極的にはならないのが子供というものです。

大人とは違い、子供の頃の味覚は偏りがありますが、それはまだ経験が少ないから、そして苦いものは体内へ入れないという、本能がまだまだ働いているからです。

大人になったら苦味などは感じない野菜でも、子供時代にはとても苦いと感じることはあります。

子供は発展途上でありますし、未知の可能性を秘めながら、言葉などの表現も大人と違い未熟です。口にしたものの味わいを正直に受け止めて、苦味やえごみのある食べ物は、野菜であっても、受け入れないという傾向はあるのは自然なことです。

子供にはまだ野菜の健康作用だとか、野菜の美味しさがわからない、そんな時期であるために、そのまま野菜嫌いになるという可能性は低いです。その証拠に、大人になって、野菜が大好きという人はたくさんいます。

春の味覚の芽キャベツの持つ力とは

美しく朗らかな春のシーズンを迎えると、芽キャベツも本格的な食べごろのシーズンを迎えることになります。

大きなキャベツをそのままいただくよりも、小さな芽キャベツは、見た目への楽しさもありますし、柔らかくて、旬のものは本当に甘味があります。

アブラナ科の野菜である芽キャベツは、原産はベルギーです。独特のアクがあるのも特徴であり、生でそのままバリバリと食べる野菜としては、あまり向いてはいないです。

でも生食ではなく、加熱調理をしていただくレシピは、小さなキャベツから、大きなエネルギーをもらうことになります。

小さなサイズのキャベツのカロリーとしては、だいたい1個で、たったの7カロリーほどの低カロリーです。カロリーも少ないですし小さいので、栄養なども少ないだろうと考えるかもしれませんが、野菜だけに栄養は豊富です。

ビタミンACEはもちろんのこと、葉酸にビタミンK、それからカルシウムにマグネシウムなどのミネラルも豊富、銅や鉄に亜鉛にマンガン、さらには食物繊維も多い野菜です。

小さいサイズだからといって、侮ることができないのが栄養の宝庫であり、可愛い見た目の芽キャベツという優しさです。大きな野菜には栄養が多くて、小さな野菜には栄養が少ない、そんな単純な考え方の方にはハマることはありません。

野菜を食べることでビタミンなどの栄養が摂取できるのは、日本人は誰もが知っていることです。でも時間的にも忙しいのが今の日本人であって、野菜が足りないと頭で考えながらも、不足の状態が続きやすいです。

春が来たら野菜のことを思い出して、食事に芽キャベツを加えてみましょう。

ミニサイズのビタミンC爆弾の芽キャベツ

ミニサイズのビタミンCの爆弾と耳にしたら驚きますが、これは芽キャベツに含有をするビタミンCが、余りにも多いために言われる言葉です。

爆弾という表現がふさわしいほど、あんなに小さいサイズでありなながら、ビタミンCを含む量は半端なく多いためです。健康には絶対的に必要なビタミンCは、人間の健康にも絶対に必要な栄養です。

日本人の感覚からすると、ビタミンCが多い食材は、黄色い色が眩しいレモンです。そのレモンと比較をした時に、芽キャベツの持つビタミンC含有量は1.5倍あります。

酸味とジューシーな味覚のグレープフルーツと比べると、もっと多い4.5倍はあります。日本人が冬のこたつで美味しくいただくみかんとの比較ではなんと、ビタミンCは5倍も多いです。

美しさに敏感な日本女子は、ビタミンCの栄養を大切にしていますが、それはコラーゲン生成に必要でもあるためです。真皮層には十分なコラーゲンが存在をしてこそ、ふっくらとして若い肌が保たれることになります。

ビタミンCが豊富であることで、皮膚の代謝を健やかに巡らせることにもなりますし、そうなれば美白への効果も高まることになります。

白い素肌は、メラニン色素への働きかけが必要で、古い角質も新陳代謝でオフしていく必要があります。

活性酸素を取り除くためにも、ビタミンCが大きく働きまますので、皮膚をとことん美しくするためにも、芽キャベツの持つパワフルなビタミンCは、大きく役立つことになります。

カロテンやビタミンも豊富である芽キャベツを食べることで、目の疲労感も癒してくれる、優しい働きにも注目です。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-フード
-, ,

関連記事

包丁いらずの時短レシピ:手軽にもう一品編

料理を作るときには包丁とまな板を使っていることは多いです。 ですが、包丁いらずの料理を作ることで、気軽にもう一品をテーブルにのせることができます。

花粉症は食べ物で悪化もする!食べると悪化する食べ物「小麦粉」

毎年、スギをはじめとした花粉が悲惨する時期になると、花粉症に悩まされている人は少なくありません。 毎日のニュースや天気予報でも、花粉の飛散情報をこの時期になると伝えています。 花粉症になってしまったら …

【きくらげ】には食物繊維が豊富に含まれている!

きくらげにはじつは、健康や美容にとってとてもいいとされる、豊富な栄養素がふくまれていることがしられています。 保存がしやすく、料理にも簡単に利用することができるので、食材としてとてもおすすめといえます …

女性に嬉しいスーパーフード!「クコの実」の食べ方【カレーやシチューに入れる】

クコの実って知っていますか。杏仁豆腐の上にトッピングされている、赤い実といえば分かるでしょう。 その鮮やかな赤色は、真っ白な杏仁豆腐に華を添えてくれます。

【グレープフルーツ】は脂肪燃焼を促進する力がある!

黄色い色の果実といえば、レモン以外にはグレープフルーツを想像する人も多いかもしれません。 果肉が黄色いルビーと、赤みがかったルビーがあり、一年を通してスーパーに置いてある定番の果物になっています。この …

楽天モーションウィジェット