春の食材を使って作りたい!今食べるととびきり美味しい春野菜:新玉ねぎ

春になると、たくさんの春野菜がお店に並びます。さまざまな種類がありますが、新玉ねぎも春野菜のひとつになります。

新玉ねぎは、通常販売されている玉ねぎとは見た目が違います。新玉ねぎは、全体的に白っぽいのに対して、通年販売されている玉ねぎは、茶色っぽい色をしています。

玉ねぎの表面の茶色い部分は、乾燥した部分です。通常の玉ねぎは、出荷する前に乾燥させます。そうすることで、傷みににくく、日持ちがするようになります。

一方、新玉ねぎは乾燥をさせておらず、収穫してからすぐに出荷されます。新玉ねぎは、水分が多く、乾燥させるのに適していない品種を使っているため、乾燥させずに出荷されています。

スポンサーリンク

自然の恵みを美味しくいただく!|春野菜

新玉ねぎと通年販売されている玉ねぎの違い

新玉ねぎと通常の玉ねぎの大きな違いは、その味にあります。

通常販売されている玉ねぎは、火を通さずに食べると、とても辛くそのままで食べるのは難しいでしょう。しかし、新玉ねぎは、生のまま食べても甘く、水分を多く感じます。

比較的甘い品種を使っているということと、水分量の違いが、辛味の違いを生み出しています。また、玉ねぎには血液をサラサラにしたり、疲労回復などの効果があります。

玉ねぎに含まれるビタミンB1は、そのような作用がありますが、そのビタミンB1の吸収を助けてくれるのが、硫化アリルという辛味成分です。

この辛味成分は、火を通したり、水に溶けたりするため、実際に食べるときには栄養素が少なくなっています。火を通さず生のまま食べるのがいちばんなのですが、辛味が強く食べられません。

しかし、新玉ねぎは辛味が少ないため、生で食べることができます。

また、含まれる栄養素は、通常の玉ねぎと同じなので、効率よく栄養を摂取することが出来ます。

新玉ねぎの特徴と簡単に作れるレシピ

新玉ねぎは、一般的に春先に販売されていますが、秋にも販売されています。

新玉ねぎは、春と秋に収穫されているため、1年に2回市場に出回ります。春に植えられたものが、秋に収穫され、秋に植えられたものは、春に収穫されるため、春と秋には目にすることが多くなります。

しかし、新玉ねぎは通常販売されている玉ねぎに比べ、水分量が多いため、日持ちがしない食材です。

たくさんある場合は、早めに食べるようにしましょう。保存する場合は、通常の玉ねぎと同様に、涼しく日の当たらないところに置いておくのですが、水分が多いため、すぐに傷んでしまいます。

ですので2、3日を目処に食べるようにしましょう。

また、古くなってくると、全体的にやわらかくなってきます。水分が多いほど甘みが強いのですが、ずしっとした重さがあるものは、水分がたくさん詰まっている証拠です。

スーパーなどで購入するときには、重みがあり、適度な硬さがあるものを選びましょう。

食べ方は、やっぱり生で食べるのがいちばんです。

通常の玉ねぎは、生で食べる場合、水にさらして辛味を抜きます。しかし、水にさらすことで、せっかくの栄養素が水に溶け出してしまいます。

新玉ねぎを食べる場合は、水にさらさなくても辛味が少なく、美味しく食べることができます。薄くスライスして鰹節と醤油や麺つゆ、ポン酢などのお好みの調味料をかけるだけで、おつまみやおかずの一品になります。

また、きゅうりなどと一緒に、酢の物にしても美味しいでしょう。

新玉ねぎは春を感じることが出来る、美味しい食材です。

新玉ねぎを使った簡単で美味しいおすすめメニュー

新玉ねぎは、4月から5月に旬を迎える春野菜です。

その時期を逃してしまうと、また秋に出回りますが、春に比べて出荷の量が少ない場合もあります。せっかくの旬の食材なので、たくさん出回っているうちに、食べたいものです。

おすすめの食べ方は、もちろん生で食べることですが、サラダとして、さまざまな食材と組み合わせることで、とてもバリエーションが増えます。

薄くスライスしたトマトの上に、新玉ねぎのスライスを乗せてドレッシングをかけて食べるだけでも、オシャレな一品になりますので、おもてなしにもぴったりです。

また、お酒にも合うので、ホームパーティーでも喜ばれるでしょう。

もうひとつおすすめなのは、ツナを使ったサラダです。マヨネーズと和えると、おかず系のサラダになります。また、和風ドレッシングやイタリアンドレッシングなどとも相性が良いでしょう。

スライスで食べることに抵抗がある場合には、みじん切りにして、ポテトサラダに混ぜ込むのもおすすめです。

甘くて、シャキシャキした食感がありますので、いつもと違ったポテトサラダになります。また、辛くないので子供でも食べることができます。

新玉ねぎは甘いですが、生の玉ねぎが苦手な人にとっては、食べることができない場合もあります。

その場合は、スープにするのがおすすめです。スープであれば、溶け出した栄養素も一緒に摂ることが出来ます。また、通常の玉ねぎとは違った、とろっとした食感でとても美味しく食べることができます。

日本では、その季節ごとに旬を迎える食材があります。

その季節の食材は、美味しいだけでなく栄養価もいちばん高い時期になりますので、積極的に食べるようにしましょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-フード
-, ,

関連記事

肌の潤いを保つビタミンB6は【柿】で摂ろう!

肌の潤いにも役立つビタミンB6も含む柿には、健康的で美肌にも役立つ栄養がたっぷり入っています。 際立って多く含まれるのはビタミンCであり、βカロテンも含むので、皮膚や毛髪なども美しくする栄養で満たされ …

ハーブのある生活をはじめよう!ハーブティーの楽しみ方

ハーブの香りを楽しむというとアロマオイルをイメージしやすいですが、ハーブティーは穏やかな香りと風味を楽しめるものです。

手抜きでも美味しい!ずぼら料理

毎日自炊をするけれど、作るのが面倒だと感じる人もいるでしょう。 ずぼらな人でも簡単に美味しく作れる料理を紹介します。 スポンサーリンク ずぼらな人におすすめの料理 鍋料理 鍋料理は簡単に作ることができ …

身体を温める野菜【にんじん】

温かい食事を取れば体は温まり、冷たい食事を取ると冷えます。 あまりにも当たり前のことで、生活をしてて感覚的にも分かっていることだと思います。 例えば、冬に温まったスープを飲むとぽかぽかしたり、夏の暑い …

大分県に行くなら絶対食べたい!ご当地グルメ5選

不思議な名前がついている、ご当地グルメがたくさんあるのが楽しい、魅力ある大分県。 昔から食べられているお料理や、現地で絶対食べておきたいご当地グルメを、ご紹介します。 じっくりと味わってみたくなるよう …

楽天モーションウィジェット