steamでおすすめのRPGゲーム3選


コンテンツを、ネット経由で購入することが一般的になった昨今、デジタルゲーム愛好家もその恩恵を大きく受ける一人です。

代表的なプラットフォーム、steam(スチーム)は、ネット環境とパソコンがあればどこでもゲームが楽しめます。

ゲームの王道ジャンルRPGの中から、steamダウンロードコンテンツのオススメ3選をご紹介します。

スポンサーリンク

これを選べば間違いなし!おススメRPG3選

1:NieR:Automata

外せないのは、アクションRPG「NieR:Automata」です。舞台は遠い未来の地上、人類側のアンドロイドと異星人の兵器機械生命体が、代理戦争を繰り広げています。

プレイヤーは、人類側のアンドロイドとなり、3人称視点でキャラクターを操作します。アンドロイドといってもロボットのような物ではなく、とても人間的で、時に悩み、自分たちの存在意義を自問します。

荒廃した地上で戦う人間のような姿をしたアンドロイドと敵の機械たちは、往年のサイバーパンク作品を彷彿とさせ、その世界観はSFファンの琴線に触れること間違いありません。

3人(3体ではなくあえて3人と表記しましょう)のアンドロイドが主軸となって進むストーリーは複雑に絡み合い、徐々に全容が明らかになっていきます。

20種類以上に分岐するマルチエンディングも、この作品の魅力と言えるでしょう。

steam上のコンテンツにはコミュニティが存在し、参加すれば同じ作品が好きな人との交流も持てます。

アクション要素も大きく、銃火器を用いてシューティングのように立ち回ったり、刀や剣等の武器を持って爽快に敵の機械たちをなぎ倒していくこともでき、連続で技を繰り出していくコンボの技術を磨く楽しさも味わえます。

さらに、この作品特有の要素としてハッキングがあり、敵にハッキングを仕掛けるとSTGのような画面に切り替わり、2次元的な操作をもって敵を倒すことになります。

ハッキングシステムにより、アクションを用いた攻撃一辺倒でなくなり、ゲームの戦略性が増しているのです。

2:fallout 4

次にご紹介するのが、オープンワールドアクションRPG「fallaut 4」です。オープンワールドとは、ゲーム内の世界を自由に動き回ることができるゲームを指します。

決められた区画内ごとに、ゲームが進行していくステージ制のゲームと対になっている概念だと考えればわかりやすいです。

勘違いしやすいですが、オフラインの1人用のゲームであり、ネットで世界中の人とつながっているわけではありません。

falloutシリーズは、22世紀から23世紀の近未来を背景としており、核によって荒廃した世紀末が描かれていることが特徴です。紹介するfallout 4はナンバリングタイトルにして、5作品目にあたります。

ストーリーは、ゲーム内世界で2077年に発生した大戦「資源戦争」の約200年後である2287年、ボストンから始まります。

主人公は2077年にコールドスリープに入り、2287年に目覚め、荒廃した世界を1人さまよい歩くことになります。プレイヤーの目的は、主人公となり連れされた赤子を見つけ出すことです。

ただし、手がかりに乏しい荒廃した世界で生き延びなければなりません。fallout 4の世界は、本当に小さな地球であり、ゲーム内であらゆることができます。

世界中の人々(AIをもったNPC)たちも、また大きな混乱の中にあり、状況に応じてそれぞれが考え、行動しています。プレイヤーは時に交渉、対立、戦闘し、派閥をつくりながらゲームを進めるのです。

戦闘もまた、このゲームの醍醐味であり、カスタマイズ可能な無数の武器に加え、300種類近いスキルといったRPGにおなじみの要素も登場します。

恐ろしい進化を遂げた生物と戦うこともできます。

3:Darkest Dungeon

最後に、少し変わり種のローグライクRPG「Darkest Dungeon」をご紹介します。

ローグライクとは、プレイヤーがダンジョンやステージに繰り出していき、敵を倒していくゲームです。つまり、誰もが知っている古典的なRPGをイメージすればいいでしょう。

ただしローグライクゲームまたはハックアンドスラッシュゲームとも呼ばれ、その本質は、ダンジョンや敵からアイテム、武器、お金を奪いとって強化し、さらに強敵に挑むことにあります。

Darkest Dungeonは、王道的なローグライクゲーム踏襲した作品になっていますが、ビジュアルとシステムに目新しさがあります。

この手のゲームにしては珍しく、ダンジョンは横スクロールで展開していき、キャラクターは2Dの海外カートゥーンのようなポップでダークな雰囲気です。

ところどころにナレーションが入り、絵本のような世界観が再現されています。システム面は、騎士や魔法使い等の冒険者4人でパーティを組んでダンジョンを進んでいき、いちど倒されたキャラクターは二度と戻ってきません。

特筆すべきは「ストレス」と呼ばれる要素で、4人のキャラクターたちは戦えば戦うほど、精神的に疲弊していきます。このストレスをうまく管理しないと、パーティがうまく機能しなくなってしまいます。

ダークな世界と高めの難易度から、腕に自身のあるプレイヤーにこそオススメできます。

steamがダウンロード専用のプラットフォームである利点のひとつは、安価で試験的なゲームをプレイすることが可能なことです。

このDarkest Dungeonもまた、そのひとつと言えます。

最後に

ご紹介した作品は、すべてsteam上でダウンロード可能です。ダウンロードランキングやコミュニティといった、かつては個別に存在していたコンテンツがオールインワンになりました。

ROMディスクのようなメディアを必要としないことからも、集約性、経済性において、デジタルゲーム好きには嬉しい時代になったようです。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-ゲーム, ホビー
-, , ,

関連記事

プラモデルやフィギュアの塗装に!ハンブロールエナメルカラーの特徴と使い方

ハンブロールエナメルカラーは英国の塗料メーカー・ハンブロールが製造している塗料です。

デジタルTCG「オーダー&カオス デュエル」の魅力とは?

カードゲームと言えば昔から人気のものではありますが、それは実物のカードを使ったものばかりではなく、スマホのゲームアプリとしても非常に人気のあるゲームとなっています。 中でもオーダー&カオス デュエルは …

ディディエフの鉄道模型の魅力と特色

鉄道模型の楽しみ方のひとつに、本物そっくりの風景や、コミカルな街の世界などのジオラマに、模型車両を走らせて眺める方法があります。 鉄道に関心がある方であれば、鉄道をテーマにした博物館で展示されているジ …

車好き必見のカプセルトイ!1/50 ダイハツミゼットコレクション

1/50 ダイハツミゼットコレクションは、文字通り、ダイハツのミゼットを50分の1スケールでカプセルトイにしたものです。 小さいながらも精密なつくりで、集めたくなる人は多いのではないでしょうか。

2人用ボードゲーム「パッチワーク」のルールや楽しみ方

スポンサーリンク パッチワークはどんなゲーム? パッチワーク(patchwork)はボード上に布地タイルを隙間なく埋めていくことを2人で競うゲームです。

楽天モーションウィジェット