ストレス解消やダイエットにも!「ダイビング」で始める健康生活!

ダイビングの魅力は、海の中を自由に動き回れることです。

潜らなければ見ることのできない景色や、会えない魚たち。
そこはまさに夢の世界です。

スポンサーリンク

ストレス解消・ダイエットにおススメ!ダイビング

まずは体験から

ダイビングをやりたいと思われた方は、まず一度体験ダイビングをお勧めします。

ウエットスーツも機材も、レンタルできますので、ダイビングショップに問い合わせてみましょう。

なぜ体験が必要かと言いますと、人によっては全く潜ることができない方がいるからです。

エレベーターで、耳が詰まったような経験をされたことがある方も多いのではないでしょうか。
海に潜ることによって、あの状態が起きます。

さらに、異常な耳の痛みを感じることもあります。
通常は、唾を飲み込む、鼻をつまんで息を吐く等で治るのですが、それができない方もいます。
その方は、ダイビングはあきらめた方が良いでしょう。

ライセンス取得について

さて、体験でどうにか大丈夫そうな方は、ダイビングショップのライセンス取得コースを受講して、オープンウォター1という資格を取りましょう。

ほとんどのショップで、主要コースを設けていますので、簡単に取れます。
合宿制のところが多く、2泊3日のところが多いです。

この合宿では、初心者を対象にまず泳ぐことから教えてくれます。
装具の付け方や、マスク付け方、マスクの曇った時のクリアにする方法等々、いろいろなことを学びます。

まずはプールの中でのレッスンです。
初心者の方は、装具を付けるだけでも大変です。ボンベは重いですし、足ひれも歩きにくいものです。

まず、それらに慣れ、水の中でマスクを外しまた付けることなども学びます。

プールでおおよそのことを学んだ後は、いよいよ海へ出ます。
海に入ると、急に体が軽くなることに驚くことでしょう。浮力があるため、ボンベの重さも気にならなくなります。

まず、浅いところから潜っていきます。
プールで練習したように、マウスから息を吸ってみましょう。海の中で呼吸ができます。初心者には、これさえも驚異です。

さらにインスタラクターに従って、徐々に深いところへ潜って行きます。
廻りには、魚もよってきます。伊豆の海ならソフトコーラルというお花のように綺麗な珊瑚の一種も見られます。

もちろん、沖縄でライセンスを取るなら、もっと美しい珊瑚の海と会えます。

初めてのダイビングを終え、陸に上がるときには注意が必要です。
急に、装具やボンベの重さを感じるため、足下がおぼつかなくなります。くれぐれも一緒の方にぶつからないようにして下さい。

さて、夜には座学があります。
自動車運転免許と一緒です。ダイビングの理論や危険性を学びます。ここで、おろそかにしておくと、将来事故に遭いかねませんから、しっかり覚えるようにしましょう。

例えば、海から上がるときは、急に浮上してはいけません。自分のそばからわき上がっている泡より、早く浮上しないことです。

また、海の生物には毒を持つものも沢山います。
それらのことを、しっかり覚えるようにしましょう。

3日の講習を終えるとライセンスがもらえます。
ここからが、いよいよダイビングの始まりと言えるでしょう。

最初はツアーがおススメ

最初は、ショップのツアーに動向するのがベストです。
海は生き物ですから、毎回表情が違います。

何度潜っても同じと言うことはありません。インストラクターに従って、言いつけを守り潜りましょう。

ダイビングには、必ずバディという相棒を付けます。絶対一人で潜ってはいけません。ショップでのツアーの場合も、誰とバディを組むようにと指示されるはずです。

何度か潜っているうちに、自分はなにが目的かと気づきます。

写真を撮りたいという方もいらっしゃるでしょう。
ただ、海に潜ってリラックスしたいという方もいらっしゃるでしょう。
魚の生態を知りたいという方もいるかもしれません。

ですから、参加するツアーの行き先や目的を聞いて選ぶようにすると良いでしょう。

海に潜ると言うことは、心や体にもとても良い効果があります。
特に、都会で仕事をしている方には最適でしょう。

なぜ、海の中は心地よいの?

海の中がなぜ心地よいのでしょうか。

それは、人間は誰でも母親のお腹に中にいる間、水の中にいるのと同じ状態だからです。
ですから、ほっと安心しリラックスできるのです。この心地よさがストレスを解消してくれます。また、水中で呼吸ができるという、非日常がわくわくもさせてくれるでしょう。

さらに、泳ぐことでダイエットにもなります。
水圧がかかりますから、プールで泳ぐよりもダイエットには効果があります。

ですが、要注意です。ダイビングはとにかくお腹が空きます。上がったあと一杯食べてしまってはダイエット効果は望めません。

最後に

ライセンスも取り、ツアーで何度も潜ってと経験を重ねていきますと、出てくるのは油断です。

先ほど、バディの説明をしましたが、慣れてからも必ず誰かと一緒に潜りましょう。
海の中では、何が起こるか解りません。

一人では対応できないことも多いのです。そして、もう一つ、知らない魚や貝、植物(植物に見える動物もいます)には絶対に触れないことです。

ダイビングは本当に楽しいスポーツです。
十分な注意をして楽しい時間をお過ごし下さい。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-趣味
-, ,

関連記事

初心者でも楽しみながら覚える!声楽の魅力

もしも、歌が得意になれたら良いなと考えている人も多いのではないでしょうか。 そのような方は、声楽を楽しみながら覚えることで、趣味として一生楽しめるようになるでしょう。

苦手を克服!カラオケで低音を上手に歌うコツとは?

カラオケで高音を出すのは難しいですが、実は低音を出すのも難しいものです。 そもそも低い声が出せない、出せたとしても小さすぎて聞こえないなど、低音を安定して出すためのコツやポイントを紹介します。

手先が器用じゃなくても大丈夫!ビーズアクセサリーを趣味として始めるには

手作りって素敵な響きですよね! 巷ではハンドメイドブームで、多くの方が作家として活躍しております。 ハンドメイド専門の通販サイトもあり、非常に身近に感じる事が出来ます。 作家さんそれぞれの個性が出てい …

婚活中におすすめ!ゲームが趣味だと出会いが広がる

婚期を逃す事は、女性にとって恐怖です。 女性の価値は年齢だけで決まる、そんな事実は一切ありません。 30代でも40代、50代でも恋愛を楽しみ、婚活を行い、そして幸運な結婚というゴールを迎えている女性は …

「ハンドメイド市」で見つけるハンドメイドの魅力

世界でひとつしかないハンドメイドの品への愛着や、作り手さんのぬくもりなどを感じられる、ハンドメイド市の人気が高まっています。 既製品にはない、本当のお気に入りを見つけることの喜びは、ものを大切にする気 …

楽天モーションウィジェット