ストレス解消やダイエットにも!「水泳」で始める健康生活!

水泳は、年齢を重ねた方が、健康のためによく行っていますが、健康だけでなく、ダイエットやストレス解消にも効果があると言われているので、若い方や、特に女性の方におすすめとされています。

水泳がダイエットに効く言われている理由は、水泳は全身運動とされているので、部分的に痩せるのではなく、全身が綺麗に痩せる効果があります。

水泳での運動は、クロールや平泳ぎ、背泳ぎだけでなく、歩くだけでも消費されるカロリーは高いので、脂肪の燃焼には、もってこいの運動となります。

また、消費されるカロリーだけでなく、全身に水圧がかかるため、全身がマッサージされ血流が良くなり、ダイエットの効果をさらに上げることができ、エステなどのお店に行かなくても、水圧の力によって健康的に痩せることが可能となります。

スポンサーリンク

ストレス解消・ダイエットにおススメ「水泳」

初めて水泳を行う方は、平泳ぎがおすすめとされています。

ダイエットの基本としては、激しい運動ではなく、軽めの運動を長く行うことが重要となってくるためです。

平泳ぎは、誰でも泳ぎやすいものとなり、比較的楽に泳げるため、そちらから始めるのが良いでしょう。

すぐに痩せたいと言う方は、消費カロリーが高いクロールが有効となります。
平泳ぎより泳ぐのが難しいですが、1時間あたり約1300キロカロリーを消費できるため、他の運動よりもダイエットの効率はかなり良いとされています。

水泳は、全身の筋肉を均等に鍛えることができるので、「筋肉がつきすぎるのではないか」と心配される方でも安心して行うことができます。

また、筋肉がつくことで、基礎代謝があがるので、太りにくい身体へと変わります。
陸で行うエクササイズよりも効果は高いので、ダイエットのために始めてみても良いでしょう。

泳げなくても大丈夫

水泳では、泳ぐだけでなく「泳げない方のためのエクササイズ法」もあります。

泳げないという方は、ビート版を使う方法もあり、下半身痩せに効果があるとされています。

また、身体を捻りながら歩くエクササイズもあるため、自分の行いやすい方法をつかってダイエットを行いましょう。

ストレスも解消できる

ダイエットだけでなく、現代人はストレスを溜めやすくなっているため、水泳でストレスを減らして解消することもできます。

全身運動をすることによって、脳内麻薬である「エンドルフィン」の分泌が促されるため、ストレスに良い効果があると、科学的に証明されています。

また、水泳によって、ほどよく体を疲れさせることによって、睡眠の質もあがるため、ストレスの緩和に良いとされています。

泳いだり、歩くだけでなく、ただ浮くだけでもリラックスの効果もあるとされています。
うつ病の予防にも効果があるとされており、適度な有酸素運動はうつ病の予防に効果があり、特に水泳が良いと言われています。

水泳では、水圧によって全身のマッサージ効果がありますが、高血圧の方にも効果があります。
水泳を行うことによって、血圧が20前後下げることができ、高血圧の予防で行うのも良いでしょう。

また、他の運動と比べて心臓への負担も軽いため、身体への負荷が少ない運動となります。

水泳を始めるには

水泳を始めるためには、いくつか道具を用意しますが、何を用意するかを知っておくと良いでしょう。

基本的な道具としては、水中メガネ、水着、水泳キャップと、水泳を行った後のバスタオルがあれば行うことができます。

耳に水が入るのが気になるという方は、耳栓を用意すると、水が入るのを防ぐことができます。

温水プールに行く方は、水中メガネが曇りやすいので、曇り止めの液を用意すると便利です。
プールとお風呂が一緒になった施設も多いので、入浴に必要な道具も用意しておきましょう。

シャンプーやリンスは用意されている所がほとんどですが、自分の髪に合わないこともあるので、シャンプーとリンスを持っていったほうが良いでしょう。

最後に

水泳を行うことでのメリットは様々ですが、行うにあたって注意することもあるので、把握しておきましょう。

まず、食後や空腹時には避けたほうが良いです。
空腹時に水泳を行うと、意識がもうろうする場合もあるため、危険とされています。

血糖値が下がっている状態のため、運動をすることによってさらに血糖値が下がってしまいます。それによって、めまいや貧血で倒れてしまうこともあります。

ダイエット効果を上げるために、空腹時に運動を行う方もいますが、筋肉量が落ちてしまうので、逆効果になってしまいます。

また、食後ですが、胃に食べ物が多く残っているので、お腹の横が痛くなりやすいです。
血糖値も上がっていない状態のため、空腹時と同じように危険とされています。

タイミングとしては、食後の1時間以上後に運動を行うと、胃の中の物がある程度消化されて、血糖値も安定しているので、そちらの時間を狙って行うようにしましょう。

理想としては、食後の1時間後~2時間後に運動を行うと運動による効果が高いので、ダイエット効果を上げたいという方は、その時間を目安にして行うようにします。
安全に水泳を行うのであれば、時間も気を付けましょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-趣味
-, ,

関連記事

素材としても活用できる!押し花の作り方とコツ

押し花と言えば、子どもの頃に作って本のしおりとして使っていたという経験のある人も多いのではないでしょうか。 色とりどりの花を、咲いていた当時の姿に近い状態で保存することができるため、花好きの人に人気の …

みんなで達成感を味わえる!バンドを始めてみよう

自宅と職場を往復するだけの毎日を送っていて、何か熱中出来る趣味を持ちたいと考えている方も少なくないのではないでしょうか。 確かに、何らかの趣味を持つ事は、共通の趣味を持つ友人が増える、毎日の生活が充実 …

手先が器用じゃなくても大丈夫!ソープカービングを趣味として始めるには

最近、ソープカービングが習い事として人気です。 ご存知の通りソープは石鹸で、カービングは彫刻という意味で、専用ナイフで石鹸を彫って作品にします。

ダンスを始めよう!趣味に出来るダンス「ベリーダンス」

踊る事の原点を思い出させるような、女性の情熱がじかに伝わるベリーダンスは、発祥の場所や時代は詳しくわかっていません。 エジプトの壁画で、似た動きが描かれているという話からエジプト、トルコなど、アラブ圏 …

女子の間で大流行の人気アプリ「Foodie」の魅力

SNSで食べ物を投稿する人が増えて、スマートフォンのカメラ機能アプリにも新しいものがたくさんでています。 最近おすすめしたいのが、カメラアプリのFoodie。 食べ物がおいしそうに撮ることが出来るアプ …

楽天モーションウィジェット