学生の時にとっておきたい資格:秘書検定


学生の大きな目標としては、就職活動を成功させ、希望の就職先に入るという事でしょう。

しかし、多くの人が希望する企業などはそれだけ競争率も高くなるため、入ることが難しくなるという事があります。

就職でのアピールポイントとして、秘書検定がおすすめです。

スポンサーリンク

他の人に差をつけるためにできることを

これまで学んできたことや社会経験はそれほど変わるわけではないので、少しでも自分のプラスになる点を作ろうと頑張っている方も多いはずです。

特に最初の難関である書類選考を突破しなければ、その先に進むことができないので、どれだけ書類上で客観的にわかるアピールポイントを作っていくかという事がまず問題となってきます。

そこでやっておきたいのが資格取得です。

履歴書や自己アピールをする書類には必ず取得している資格を記載する場所があるはずですが、多くの学生さんはその場所を空欄にして提出することが多いです。

そこで、何か取得した資格を記載することができると、一つのアピールポイントを作ることができるのです。

もちろん取得する資格は、その企業で必要とされるものであればより効果は高まりますし、高度な知識を求められるものならばアピール力もアップします。

しかし、まだまだ企業研究が進んでいない段階で何かできることをしておきたいという場合には、専門的な資格を選ぶことが難しいでしょうし、就職活動までに時間がないという場合には高度なものを取得する時間がないという事もあるでしょう。

そういった時に選択肢に入れたいのが秘書検定です。

どの会社でも必要となるビジネスマナーを学ぶことができるうえ、比較的短期間での取得が可能なので、時間がないという方でも十分間に合います。

秘書検定の知識はいろいろ役立つ

秘書検定と聞くと、秘書として働く人だけに必要なものと思う方も多いでしょう。

しかし、実は秘書という枠だけではなく、オフィスで働くすべての人にとって役立つ知識を得ることができます。

実際に自分が働き始めてから、この知識が役立つことになるのです。

はじめから秘書だけのものと考えるのではなく、多くの人に取り組んでもらいたい資格試験です。

働き始めたら、電話応対をする必要も出てきますし、お客様をお迎えする機会も多くなるでしょう。

そうなると、基本的なマナーについては知っておかなければなりません。

こういったことを学べる機会はあまりないのが現状です。

しっかりした会社であれば、入社時の研修で教えられることもあるでしょうが、研修制度がほとんどないこともあります。

そういった場合は、いずれ自分で勉強をしなくてはならないのです。

それを考えれば、ある程度時間のある学生のうちに勉強していくことに大きな意味があるということができます。

秘書を目指す方はもちろんですが、そうでない方にとっても勉強をしておくことで役に立つことがたくさんあるのです。

特に、これから就職活動を始めようという学生はまだまだビジネスマナーについてよく知らないという事も多いでしょう。

こういったことを学ぶ機会も学校ではあまりありません。

ビジネスマナーのスクールに通うという方もいるでしょうが、ただそれだけで済ませるのではなく、資格として形に残るものにしておけるという事で、秘書検定にチャレンジしてみるという事は大きなメリットがあるということができるのです。

就職活動にも生かせる知識が満載

秘書検定に向けて勉強していくことで、学生ではなかなか身に付けにくいビジネスマナーについて知識を得ることができるようになります。

なかなか敬語を使うことが難しいという方でも、勉強をしていくことによって身に付けることができるようになっていきます。

ある程度知識がある方なら独学でも十分対応できる試験ではありますが、この際しっかりした知識を身に付けたいという方であれば、受験指導講座を利用してみるというのもよいでしょう。

特に準1級以上は面接試験もあり、実際に応対を行ってみるという事も試験内容になりますので、実際に体験してみて、できない点を指摘してもらうという事も必要になってきます。

こういった訓練をしておくと、就職活動での面接などに置いても安心して受け答えができるようになるでしょう。

特に面接などで緊張をしてしまいがちな方については、こうした形で事前に勉強とシミュレーションを行っておくことで、安心して面接に臨むことができるようになります。

余裕があることで、面接でもよい方向へ進むという事も期待できるようになります。

最近の若者はマナーができていないと思っている企業の方も多いものです。

その点、基本的なビジネスマナーが備わっているという事をはっきり示すことができる秘書検定に合格し、書類に書くことができる資格を取得しておくことで、他の人に差をつけることができるようになるため、就職活動にプラスに働くでしょう。

最後に

秘書検定は年に数回受験のチャンスがあるという事も大きなポイントです。
勉強しようと思った時から始めれば、短期間でも役立つ資格が手に入ります。

秘書検定公式サイト

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-仕事・資格, 民間資格
-

関連記事

英語の資格が活かせる仕事:海外営業

日本の企業が自社製品を携えて海外に乗り込んで行くのは、今ではすっかり珍しくなくなりました。 昔は英語で誰かと話すときに「通訳」を介していたことは誰でも分かると思います。 しかし、昨今では通訳の人数が要 …

おもてなしの心が身につく!ホテル・ブライダルの資格「ホテル実務技能認定試験」

「ホテル実務技能認定試験」は、業界の一線級で活躍しているホテルマンや専門家、大学教授などの有識者で組織された「ホテル実務能力認定委員会」が提供している試験です。 レセプションに代表される接客や予約セー …

女性が持っていると役に立つ資格「ファイナンシャルプランナー(FP)」

女性は、様々な要因で生活スタイルが大きく変化することになります。 生活はもちろんのこと、特に仕事との関係で、大きな変化が起こりやすくなります。 男性であれば、学校を卒業して就職して定年まで勤め、第二の …

専門職には欠かせない!技術系の資格「危険物取扱者」

「危険物取扱者」は、技術系や研究開発の仕事をする人に必須の資格のひとつです。これは、消防法に基づく国家資格です。 消防法で定義される「危険物」とは、火災や爆発を起こす危険性を持つ物質をさします。具体的 …

英語を通して学ぶ文化と歴史

語学はその国の文化を表しています。 日本語は文章を最後まで確認しないと、YESと言っているのか、NOと言っているのかわかりません。 それは日本の国民性が人間関係を曖昧にし、センテンスの最後の方にその人 …

楽天モーションウィジェット