学生の時にとっておきたい資格:漢検2級以上


現代社会ではパソコンを利用する機会が増えており、多くの学生が普段から利用しているはずです。

ですからIT関連の知識や技術を身に着けることも大切なのですが、そんな時代だからこそ敢えて漢検の資格にトライするのがおすすめと言えます。

スポンサーリンク

IT時代の今だからこそ漢検取得がおすすめ

パソコンやスマートフォンばかりを利用していると、漢字に弱くなってしまうという問題があります。
読むことは出来ても、書くとなるとスムーズに出てこない、微妙に間違ってしまうなどする人が増えています。

「どうせパソコンなどで文章を作ったりするから問題ない」と思われるかもしれませんが、ところが問題は大いにあり、日常で漢字を書く時にも恥ずかしい想いをしてしまう恐れがあるのです。

学生の場合、これから就職活動をするにあたって履歴書なりエントリーシートなりを書くことになりますが、その時に間違った漢字を書いてしまったり、送り仮名を誤っていたらどうでしょう。

学力が低く見られてしまうのはもちろんのこと、一般常識のない学生のようにも見られてしまうこともあるのです。

そういった些細な部分でも採用の現場ではふるいにかけられてしまいますので、漢字に弱いというだけで損をします。

また、アルバイトをする人もいるはずですが、職種によっては領収書を書く必要が出てくることがあります。
その時に相手の氏名や会社名などを記入しますが、漢字が不得意ですと迷惑になってしまうこともあるのです。

もし簡単な漢字すら出てこなかった時には大変ですので、無用な恥をかかないためにも漢検で漢字に強くなるのはメリットがあるのではないでしょうか。

資格があなたの頑張った証明になる

漢検の資格を持っておくと就職活動でも有利になりますが、まず努力をしたことの証明になるからです。

漢検にはランクがあり、簡単なものは合格率も高いですからあまり評価対象にならないのですが、合格率の低い資格なら就職の際にも評価されやすいです。

どの程度のランクから有利になりやすいのかというと、社会人の場合、最低でも2級以上は取得しておいた方が良いでしょう。

それよりも低いランクですと、あまりプラス評価は獲得しにくく、自信を持って履歴書などに書いても素通りされてしまう可能性が高いです。

2級の場合、合格率が大体20%くらいであり、難易度としても比較的高くなっています。
取得することができればそれなりの努力をした証明になりますし、評価のアップにも期待ができます。

就職に有利になるもうひとつの理由があります。

それは語彙力がある人物として見られやすくなることです。
語彙力は言葉による表現の力でもあり、語彙が豊富ですと様々な表現ができるようになります。

例えば美味しい物を食べた時に語彙力が低いと、「美味しい」とありきたりな感想しか伝えられません。
語彙が豊富ですと、より明確な言葉や角度で気持ちを表現できるようになり、そこで人間としての厚みにも差が出てきます。
また、ポンと難しい漢字で気持ちを表すことができれば素敵に見えるのではないでしょうか。

仕事によっては表現がきちんとできるスキルが求められることがありますし、社会人の一般常識としても必要なことです。
特に語彙力は現代人が衰え始めているスキルでもありますので、漢検で鍛えることは非常に意義のあることでしょう。

資格の取得に成功することで自信に繋がる

人として成長するには、自分に対してある程度の自信を持つことも必要です。

自信が持てない性格ですと、チャレンジ精神も低くなり、社会に出てからもその性格が足を引っ張ってチャンスを失ってしまうこともあるのです。

もちろん自信過剰になれば良いわけではないものの、内に秘めた強さを持っておいて損はありません。

そのためにも漢検はおすすめであり、高いハードルに臨み成功することで、自信を積み重ねていくことができます。

努力をして成功ができた体験というのは、その後の人生に於いてプラスに作用してくれますので、成長するためのステップとして適しています。

ただあまりにも合格が難しいと心も折れてしまうかもしれませんが、2級レベルですと前述したように20%程度とハードルとしてはちょうど良く、努力のし甲斐もあるのではないでしょうか。

もちろんさらなる上を目指して準1級、1級を目指すのも良いですし、このランクになるとかなりハードルも高くなりますので、無事に資格が取得できた暁にはさらなる喜びと自信を享受できるはずです。

なお準1級以上になるとガクッとレベルが違ってきます。
受験者数からも違いが見られ、2級の場合ですと6万人程度は受験するところ、準1級ですと5千人程度、1級ですと千人程度の受験者数となっています。
もちろん合格率も低くなり1級クラスですと1桁台ということもあるのです。

もはや漢検を制覇したいと考える人が受験するレベルですので、それなりの意欲と勉強時間も必要となりますが、漢検の頂点を極めることができればそれこそ自らの自信を高めるためにもふさわしい資格と言えるでしょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-仕事・資格, 民間資格
-,

関連記事

今はなきおもしろ資格、時刻表検定とは?

履歴書に色々な資格を記載してあると、転職などの時に有利になるケースが多いのですが、趣味として取得する人も少なくありません。 資格を持つと言う事は、何らかの能力を持つと言う証でもあり、履歴書に多くの資格 …

医療事務検定試験の難易度と合格率は?

スポンサーリンク 医療事務の難易度と合格率 医療事務はそもそも暗記する必要の全くない資格です。 医療行為の内容を点数化してレセプトという表にまとめるというものが試験内容になります。 通信教育などでとる …

年齢関係なし!女性が取得しておくと便利な資格

資格取得は自分自身への投資ということができます。 就職の際にアピールにつながるなど、今後の働き方などにも役立ちますし、取得のために学んだことが生活にも役に立つこともあります。 特に大人になってから再就 …

将来的に独立ができる国家資格「司法書士」

司法書士とは、司法書士法に基づく国家資格で、個人や企業など、他人からの依頼を受けて登記事務や供託事務、裁判事務を行う人の事をいいます。

好きを活かそう!ファッション・服飾に関する資格「繊維製品品質管理士」

繊維製品品質管理士(通称TES)は、一般社団法人日本衣料管理協会の認定資格です。昭和56年に登場した資格で、消費者に供給される繊維製品の品質や性能の向上を図ったり、繊維製品の品質に消費者からクレームが …

楽天モーションウィジェット