学生の時に目指したい資格:管理栄養士


将来、管理栄養士を目指すのであれば、学生の頃に栄養士の資格を取得しておくのがベストです。

スポンサーリンク

肥満やダイエットで悩む現代だから

現代は飽食の時代で肥満による生活習慣病に苦しむ人が増えています。
肥満が原因でリスクが高くなる病気はたくさんあります。
糖尿病や腎臓病、睡眠時無呼吸症候群なども肥満が影響してきます。

また、無理なダイエットのために摂食障害を患ってしまう人も増えています。
肥満で苦しむ人もいれば、ダイエットで苦しむ人もいます。

このような問題を栄養の観点から見直すのが、管理栄養士です。

管理栄養士は国家資格で、「栄養士」の免許を取得してから管理栄養士国家試験に合格する必要があります。

まずは栄養士になるために、国が指定した栄養士養成施設か、管理栄養士養成施設で学んで卒業することが必要です。

栄養士の養成学校には、4年制の大学、3年制の大学・専門学校、2年制の短大・専門学校があります。
どこを選んでも、卒業すれば受験をせずに栄養士の資格が取れます。

社会人になってから養成学校に入り直して勉強するという方法もありますが、これはかなり回り道です。
仕事をしながら勉強するという場合にはかなりハードな毎日になります。

学生の頃であれば時間がありますし、将来のことをゆっくり考える時間があるので、是非とも学生の頃にとっておきたい資格です。

この資格を持っていれば、将来様々なシーンで使えます。
食事の管理をする病院などに勤めなくても、自分自身の健康管理や、家族の食事作りなどにも活かせます。

管理栄養士国家試験を受けるまでの流れ

高校から栄養士の養成学校に進んで、そこを卒業すれば栄養士の資格が取得できます。
しかし、ここからさらに国が定める施設で実務経験を積まないと受験資格が与えられません。

4年制大学は1年以上、3年制短大・専門学校は2年以上、2年制短大・専門学校は3年以上と違いがあります。
どこの養成学校で学ぶかは自由ですが、実務経験の期間が変わるので注意しましょう。

ちなみに、管理栄養士の4年制大学・専門学校の場合は、卒業すると同時に栄養士の免許がもらえて、さらに実務経験なしで管理栄養士の受験資格がもらえます。

社会人で勉強して最短で受験したい人は、2年制の大学・短大を卒業して実務期間を3年以上積むのがいいでしょう。

試験に合格した後は、その資格を活かして仕事ができるようになります。
管理栄養士は栄養士の上級資格で、就職や転職にかなり有利です。

管理栄養士の設置が義務付けられている施設もあるので、いろいろな就職先を選べるようになります。
もちろん、給料の面でも管理栄養士の方が有利になります。

求人で多いのは病院、福祉施設などですが、行政施設や企業、保育園なども仕事先の候補として挙げられます。給食会社などに就職している人もいます。

病院の場合は、入院患者さんの食事指導がメインになります。
そのほか、通院患者に対して医師とコミュニケーションを取りながら患者さんに栄養指導をすることもあります。
薬剤師が薬の専門家だとしたら、管理栄養士は栄養の専門家なので、食事の方面から健康にアプローチします。

食べ物への関心が高まっている時代に求められる存在

管理栄養士は食に対する意識が高まっている現代では需要が高まっています。

試験の受験人数もそれとともに伸びていていますが、国家試験の難易度はかなり高いです。
食事や栄養に関して興味があって、勉強を怠らずに続けられる人が適しています。

また、管理栄養士は生活習慣病の患者さんに食事や栄養の指導をするなど、指導能力を求められることも多いです。

人間にとって食べたいものを制限されるのは辛いことで、それを指導してくる管理栄養士に対して反感を持つ人も出てきます。
しかし、そこで妥協せずに患者さんの健康と命を守るために、時には厳しく指導できるのがプロです。
プロを目指すのであれば、患者さんとの上手なコミュニケーション能力も身につけておきたいものです。

勉強方法はいろいろありますが、もし通信講座を使って勉強したいという場合はインターネットに対応しているものが使いやすいでしょう。

昔のテキストは紙媒体のものしかありませんでしたが、今ではスマートフォンやパソコンからも勉強できる時代になっています。
アプリもあるので、それを使って過去問などを勉強することもできます。
通勤や通学の時間を使って勉強できます。

また映像授業を受けることもできます。
テキストに文字で書かれていても、映像の方が代謝や栄養素のことはわかりやすいことが多いです。
直感的に理解するためにも、映像学習ができる教材が便利そうですね。

最後に

学生の頃に栄養士を取得しておけば、社会人になってからかなり楽なので、将来資格を使って仕事をするかもしれないという人は、早めに検討しておきましょう。

日本栄養士会公式サイト

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-仕事・資格, 国家資格
-,

関連記事

将来いつか役に立つ!?福祉/介護の資格「アロマテラピー検定」

香りは、人の心をリラックスさせてくれるものです。アロマを焚いて、部屋中をいい香りで満たしたり、お風呂に浸かりながらアロマでリラックスしながら温まったりと、色々な使い方ができます。 最近では、ビジネス、 …

ドイツ語を通して学ぶ文化と歴史

ドイツ語は外国語の中でも比較的馴染みやすい言語で、大学の第二外国語として講義を受けたことがある人も多いはずです。 世界的には約1億3千万人の人に話されていて、ヨーロッパでは母国語とする人の割合が最も多 …

好きを活かそう!ファッション・服飾に関する資格「パタンナー」

パタンナーは、デザイナーのデザイン画をもとにして、型紙に起こして立体化して、生地、ボタンのサイズ、納品チェックなどを行う専門家です。

食と運動を学んで健康に!フードアドバイザーの資格とは?

美しく健康に過ごすための基本は、食生活と運動習慣です。 フードアドバイザーは、身体と食、そして運動に関する基礎知識を有していることを証明することができる資格です。

動物と触れ合う仕事がしたい!知識が学べる資格「ペット栄養管理士」

動物に関わる仕事には色々ありますが、栄養と動物のどちらにも興味があるならば、ペット栄養管理士という資格を取ってみるといいかもしれません。 この資格は、日本ペット栄養学会が2005年5月に設けたものです …

楽天モーションウィジェット