学生の時にとっておきたい資格:宅地建物取引士


将来役立てることができる可能性の高い宅地建物取引士試験にチャレンジし、自分の将来に備えていくという事を考えてみましょう。

スポンサーリンク

就職を見据えた準備を早速始めよう

学生にとって、就職という事が大きな問題となってきます。

いざ就職活動が始まってからやろうと思っても間に合わないことも多いので、大学入学時点から準備を進めていきたいものです。

特に早めにやらないと間に合わない可能性が高いのが資格取得です。

履歴書などには取得した資格を記入する欄があることが多いものですが、学生の場合、特に経験があるわけではなく、専門的な資格は持っていないことが多いものです。

だからこそ、ここで取得した資格を記入することができれば、大きなアドバンテージになります。

とはいえ、簡単に取得できるものでは評価につながりません。

ある程度アピールにつながるものとなると少し難しいものになり、勉強する時間が必要になることも多いです。

そのため、早めに取りかかっておく必要があります。

宅地建物取引士は、不動産の取引などに関わる幅広い法律について学びます。
そのため、不動産や金融関係の職種では持っていることで大きく有利になるといえます。

さらに、特に民法という法律について深く学ぶことになりますから、それが試験科目となっている公務員試験などにもつなげやすく、将来の選択肢も大きく広がっていくことになります。

まだまだ就職活動について考えているといえないような方で、就職先についてまだ絞り切れていないという学生さんでも、宅地建物取引主任者の試験からチャレンジしていきましょう。

資格取得を通して就活を有利に進めるきっかけを得るだけではなく、将来を考えるきっかけを得ることにもつなげることができるでしょう。

宅建は法学部でなくても取得は可能

法律について学び、知識を試される試験という事で、法学部でないといけないのではないかという事を考える方も多いことでしょう。

しかし、法学部であっても不動産について特に先行しているという場合でない限り、それほど有利になるというものでもありません。

学問としての法律とは少し異なる部分もおおいため、法学部だから取得できるというわけではないのです。

逆に、まったく法律とは関係ない学部の学生さんであっても取得が可能であるといえます。

ある程度時間が取れるなら、2~3か月で取得するという方もいます。

学校やアルバイトで忙しい方でも、半年から一年という期間を見ておけば合格することは十分可能です。

講座や教材も豊富にありますから、経済状態に応じて学び方を選ぶこともできます。

時間とお金をたくさんかけられるなら、予備校の講座を受けてしっかり対策するという事もできますし、それほど時間もお金もかけられないなら市販教材を買って、スキマ時間などを利用して勉強していくという事もできます。

そのいいとこどりをするという事で、勉強する時間を自由に選べる通信講座などを利用する方も多いです。

学生さんも勉強にバイトに忙しいものですが、社会に出るとより忙しくなり、ゆっくり勉強をする時間が得られないという事も多いものです。

学生で時間のある今のうちに、しっかり勉強しておくことは将来の自分の土台をつくってくれるものでもあります。

宅建は仕事以外にも役立つ資格

不動産関係の仕事であれば、取引の際に必ず宅地建物取引士を置かなければならないという決まりがありますので、資格を持っていることは不動産関係の仕事をするうえで大いに有利になります。

しかし、それ以外にも学んだことを役立てることができる場面があります。
それは、自分の不動産に関することです。

一人暮らしをされている方は特に感じることが多いでしょうが、住まいを借りるという事も結構大変な契約になります。
それにまつわる知識が得られるので、今後、住まいを変えていくうえでもこうした不動産に関する法律の知識を役立てることができるようになります。

結婚して自分の家を持つという事であっても、不動産の売買取引となりますから、宅建の勉強を通して学んだことが生かせるようになるのです。
おかしなことが契約にあれば、それを見つけて対処することが可能になり、トラブルを減らせます。

私たちが生きていくうえで、住まいを持つことは欠かせないポイントとなります。
だからこそ、学生のうちにその基本となる知識を身に付けていくことが必要なのです。

また、相続などについても深い知識を得ることができるようになります。
親族の相続に関わることはこれから多くなっていくでしょうから、そういったことに関する知識を持っておくことで、家庭内でも役立てることができます。

遺言の作り方などは知りたい人もいるでしょうから、教えてあげることもできます。
相続に関するトラブルも防げるという事になります。

このように、幅広く生かすことができる資格であるといえるのです。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-仕事・資格, 国家資格
-

関連記事

美容やファッションに関わる資格:カラーコーディネーター検定試験

色は人の生活に密接に関わっています。 その色が与える心理的効果や組み合わせなどを学べる資格が、カラーコーディネーター検定試験です。

海で仕事をしたい人にピッタリの船舶関係の資格:船橋当直3級海技士(航海)

船橋当直3級海技士(航海)とは船舶のブリッジで運航の安全を確保するための資格です。 船舶の甲板の上にあるブリッジは船橋とも呼ばれます。 この資格の有資格者はブリッジで気象状況や視界、周囲の状況や障害物 …

健康意識を伸ばそう!健康に関する資格:公認スポーツ指導者

子供たちにスポーツの楽しさを伝えるだけでなく、安全に、かつ正しく指導していく役割を担っているのが公認スポーツ指導者です。 この資格は細かく分類されており、指導される側の健康に関する意識を高めるほか、指 …

公務員になるための試験:海上保安学校

海の平和を守る海上保安官になるためには、海上保安学校へ入学して学ぶ必要があります。 海上保安大学校は幹部職員を、海上保安学校は一般職員を目指す場所となります。

車関係の仕事をしたい人にピッタリの資格:自動車検査員

日本では道路運送車両法と呼ばれる法律によって、保安基準をクリアしていない自動車は公道上を走行することができないルールになっています。 この基準の適合性をひとつひとつ確認しているのは自動車検査員と呼ばれ …

楽天モーションウィジェット