学生の時にとっておきたい資格:TOEIC

学生時代には講義などで単位を修得するためや必修科目だったりして英語を勉強しますが、就職するにあたり、英語のスキルや資格を取得していることが条件である場合もあります。

スポンサーリンク

職場で英語のスキルが必要になることも

就職してから資格を取得してもいい職場の場合には、働いてから取得するために勉強することもできますが、仕事と勉強で大変なことになるので、一緒に行うのは避けたいものです。

そのため、英語の資格を取るのであれば学生時代にとっておく方が、時間に余裕を持つことができます。

また、社会人になってから勉強するとなると、独学か英語教室などに通って勉強しなければいけないため、間違っていても気づけない場合や毎月の月謝などで支出が多くなったりします。

その点、学生であれば、わからないところは先生に聞いたり、間違っているところを指摘してもらえたりと余計な費用を出さずに済みます。

英語の資格には様々なものがありますが、総合的に見て評価が高いものがTOEICになります。

英検などもありますが、英検は教育方面であると有利なものであり、教師になりたい場合には取っておく方がいいでしょう。

しかし、TOEICはビジネス方面で有利な資格なので、一般企業などに就職したい場合は書類審査などで有利になることもあります。

また、ビジネス英語を主としているので、外資系や大きい総合商社などでは必須のスキルになっていたりします。

企業によっては必要な点数の基準があるので、点数は高ければ高いほど評価が良くなります。

TOEICは世界共通のテスト

日本には英検がありますが、これは公益財団法人が実施する英語の技能検定であり、日本では一番長く行われています。

しかし、実施会場は日本とアメリカ、そしてイギリスの限られた国でしか行っておらず、閉鎖的な検定となります。

そのため、世界中で認識されているものではないので、国内でしか価値のない資格といえます。

しかし、TOEICは世界共通のテストとなり、知名度はもとより、信頼性もあります。

約150ヵ国で行われており、受験者も数百万人もいます。

それほどTOEICは大きな資格でもあり、実施している国ではとても有効なものになります。

また、問題自体もその国の独特の言い回しなどを知らなければ回答できないようなものは除かれているので、世界共通の英語の基準として活用することができます。

TOEICで必要なことは、日常生活など身近な内容からビジネスに必要なものまで専門的な言葉など、どれだけ幅広く英語でコミュニケーションを取れるのか、それらを測っていくことになります。

日本にいる場合には日本語を話せれば大体は大丈夫ですが、外国に行く場合には英語を話すことができると、緊急のときなど便利に使うことができます。

しかし、日本にいても外国人の旅行者などが増えてくるのであれば、いつどこでものを尋ねられるかわかりません。

すぐ近くの場所であっても、英語がわからなければ答えることができず、相手も自分も時間をロスしてしまうことになります。

そうならないためにも、TOEICをとっておくと便利です。

試験はリスニングとリーディング

TOEICの試験は、リスニング問題100問とリーディング問題100問の計200問あります。

リスニング問題では、所要時間が45分で4つのパートに分かれています。

まず、写真描写問題で問題に載っている写真について適切な英文を選ぶものになり、合計6問で4択式で行われます。
次は応答問題で合計25問あり、質問文が放送されその後に応対文が3つ放送されそれに適切なものを選びます。
パート3は会話問題となり、会話を聞きそれに対する質問文に正しい選択肢を選ぶことになります。
これは4択式で39問出されます。
そして、リスニング問題の最後に説明文問題が出されます。
説明文問題はナレーションを聞き、質問に適切な答えを選ぶことになり、4択式で30問出されます。

リスニング問題が終わるとリーディング問題となり、制限時間75分間で問題を解いていくことになります。
これは全て4択式となっており、3つのパートからなります。

まず、短文穴埋め問題から出され短文の一部が空欄になっているので、選択肢から選びます。
そして次に長文穴埋め問題であり、手紙などの長文の数か所が空欄であり、それに対する適切な語句を選ぶことになります。
最後に読解問題になり新聞や広告などの英文を読んでそれについての問題を解いていくことになります。

最後に

TOEICの面白い点は、合否の判定がないことです。
受験者は結果をスコアで評価され、どれだけ英語に関して理解があるのかを知ることができます。

学生が就活をする場合には、650点以上そして英語を使う仕事なら750点以上を目指して受験しましょう。

TOEIC公式サイト

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-仕事・資格
-, ,

関連記事

傷ついた人を癒す!心理・メンタルケアの資格:メンタルケア心理士

数多くある心理カウンセラーの資格の中で、いったいどのような資格を選べばよいのでしょうか。 また取得によって、どのように活躍の場が広がるのでしょうか。 今回は、メンタルケア心理士について紐解いてみましょ …

難易度の高い国家資格とは?

難易度の高い国家資格とは何でしょうか。 ただ取得が難しいというだけなら色々ありそうですが、例えば大学で関連学部を卒業していないと受験できないとか、一定の実務経験がないと駄目である、などの資格はこの際除 …

海で仕事をしたい人にピッタリの船舶関係の資格:船舶乗組衛生管理者

船舶に関連する国家資格の1つとして船舶乗組衛生管理者があります。 船舶衛生管理者は、船員法の規定に基づく「船舶に乗り組む医師及び衛生管理者に関する省令」によって詳細が定められており、国土交通大臣によっ …

就活で持っていたい資格「ITパスポート試験」のアピールできるポイント

就職してデスクワークを行うなら、基本的にはパソコンを使用すると考えましょう。 使用する頻度に違いはありますが、多かれ少なかれ使うことになります。 そのような背景があるので、パソコンを使用できることを、 …

当たり前をきちんと知る!日本語の資格「語彙・読解力検定」

会話をする際に理解力があると、会話がスムーズになり、コミュニケーションも潤滑になります。では、理解力をどのようにつけるかですが、そもそも言葉を知ることが大事であり、語彙力を身につけることが求められます …

楽天モーションウィジェット