日本再発見!大相撲の魅力について

大相撲の魅力は多彩ですが、第一には歴史が大変古いことを挙げることができます。

日本における起源については諸説ありますが、日本神話にも登場していることから、神代の昔からの伝統を受け継いでいることになります。
古墳時代の遺跡からは、大相撲のようなスポーツが行われていた痕跡が見つかっています。

紀元前の昔には大陸の各地でレスリングのようなスポーツが生まれ、やがてはシルクロードを経て日本へと伝来したのではないかと考えられています。

スポンサーリンク

日本の国技とされる「相撲」の魅力

深い歴史

大相撲は、大陸から日本へと伝わる過程では、独自な発展を遂げるようになります。

現在ではスポーツとして人気を集めていますが、神代の昔から行われていたこともあって、神事としての役割も同時に担ってきました。
聖武天皇の時代には、全国規模の凶作を何とかするために祈祷を行ったところ、見事に豊作になったという記録が残っています。

豊作をもたらしてくれた神々に感謝の気持ちを伝えるために、全国の神社で奉納相撲を行うことになったのです。
この伝統は、奈良時代の聖武天皇の時代に始まり、現代に至るまで脈々と続けられている伝統です。

これも大相撲の魅力の一つで、同時に稲作文化と神事相撲の密接な関わりを示す証拠となります。

スポーツとしても相撲

スポーツや興行としての大相撲は、江戸時代の寛政年間には最初の黄金期を迎え、現在の源流となる文化が生まれました。

当時は、競合力士の谷風や雷電が活躍した時代で、江戸庶民の憧れの存在になっていました。
力士が歌舞伎役者と同じように人気スターになった時代で、大名などのパトロンの存在も大きいものでした。

この時代の伝統は全てが受け継がれているわけではありませんが、現代の力士も髷を結って着物を纏っているのですから、時代劇のような魅力も同時にあります。

明治維新以降には、存続の危機に瀕することになりましたが、有力者の尽力もあって廃止の危機は免れています。
大相撲は近代化の荒波の中でも柔軟な発想を取り入れて、新しい技術も積極的に導入してきました。

判定のカメラを導入したり、土俵を開放的にするために四本柱を廃止するなどの改革も断行してきました。

こうした発想があることも大相撲の魅力の一つで、今でも国民から愛されている理由と言えるのではないでしょうか。

多彩な決まり手

大相撲では200kgを超えるような大型力士が活躍する一方で、100kg程度の小兵力士も、負けずに対抗する構図になっていることも魅力です。

大きな力士は、圧倒的なパワーで押し切るわけですが、小兵力士は体重のハンデを克服するために、多彩な技を編み出して対抗します。
小さな力士が大きな横綱を倒すことがあるのは、大相撲の醍醐味として語り継がれています。

八艘飛びや猫だましなどの奇襲作戦で大型力士に挑む場合があれば、低い姿勢で相手力士の上半身を起こして真っ向から寄り切る小兵力士もいます。

とてつもなく強靭な足腰が自慢の力士は、土俵際に追い詰められたときには最大の力を発揮して、大逆転で相手を投げ飛ばすことができるのも醍醐味と言えるでしょう。

大相撲の魅力が素晴らしいのは、多彩な決まり手が小さな土俵の中で繰り出されるためでもあります。
寄り切りや押し出しなどの正攻法があれば、呼び戻しや吊り落としなどの豪快な技もあります。

多彩な技が決まるまでには、立ち会いからの差し手争いの段階があり、力士が土俵に追い詰められた状態では、うっちゃりの決まり手で大逆転に至るケースも珍しくありません。

大相撲の取り組み前には、大関までの関取衆が一斉に土俵入りを行うことで、観客に対してお披露目を行うことが恒例になっています。

最初には土俵入りで贔屓の力士の様子を確認して、本割の取り組みで観戦することができます。
土俵入りの所作には無駄な要素がなく、身の動かし方も含めて颯爽としているのが魅力です。

伝統儀式としての要素がありながら、観客へのサービス精神も含む形式になっているため、装飾が豊かな化粧廻しを付けて登場します。

最高位の横綱に関しては、特別な横綱土俵入りを披露することになります。
横綱土俵入りには、雲龍型と不知火型の2種類があり、優美な四股と躍動的なせり上がりが特徴となっています。

大関までの土俵入りとは違って、圧倒的な神々しさを感じられることも魅力です。
横綱土俵入りは本場所で行われるだけでなく、各地の神社の奉納相撲で披露することもあるため、神事としての伝統もしっかりと受け継いでいます。

最後に

大相撲で主に活躍するのは力士だけではなく、行司や呼び出しなどの脇役によっても支えられています。

行司は鮮やかな装束を纏いながら、勝敗を裁くための軍配を握って取り組みに臨みます。
他のスポーツで考える場合には、レフェリーのような役割を担っているわけですが、実際には大きく違っています。

大相撲の行司は独特な掛け声を発しながら、大相撲の熱戦を盛り上げる役割も担っています。
呼び出しの呼び声に続いて行司も登場し、力士の名前を読み上げるまでの所作にも日本的な魅力があります。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-スポーツ
-,

関連記事

初心者のためのヨガ入門:必要な服装と道具

ヨガを習いたいけど、何を持っていたらいいの服装はどんな格好でいいのかと迷うという方に、今回はヨガに必要な物をまとめてみました。

サッカーの日本代表はどういう基準で選ばれる?

サッカーの日本代表に選出されるには、高いクオリティで試合に出続けているかということが問われます。 ゴールキーパーならキャッチングがうまく、指示も的確で精神的な支柱になれるかどうか、フォワードであればと …

サッカーの基本ルール : コーナーキック

コーナーキックをはじめとして、フリーキックやスローイン、ゴールキックなど、サッカーにはボールを止めた状態からプレーを再開させるセットプレーがあります。 そして、基本的にどのセットプレーであったとしても …

プロ野球・不滅の記録は?|通算勝利数・通算多奪三振

日本プロ野球の記録男といえば、王貞治がまず最初に上がりますが、それに負けないぐらいの実績と記録を持つ男が金田正一です。 投手として、数々の記録を打ち立てた金田は、記録男の名にふさわしい成績を残していま …

山の食事|ご飯の美味しい炊き方

登山は、山あり谷ありの連続で結構疲労していき、人によっては登山はやりたくない、もうこれで終わりにしたいと思いながらやっている人もいるほど、精神的にも追い込まれていきます。 そんな人たちが、何をモチベー …

楽天モーションウィジェット