相撲観戦、どんな服装でいくのがベスト?

今、大ブームの大相撲。
相撲ファンなら、一度は現地で生の大相撲を観戦してみたいですよね。

でも、初めて観戦する時はわからないことだらけです。

特に、「どんな服装で行けばいいの?」と思われる方は多いようです。
観戦しているお客さんが時々テレビ画面に映りこんだりしますが、綺麗な着物をお召しの方や、きっちりしたスーツの方など、色々な方がいらっしゃいますので、迷ってしまいます。

そこで今回は、相撲観戦に行く際の服装について、お話ししたいと思います。

スポンサーリンク

初めての相撲観戦

何を着ていけばいいの?

「きちんとした格好をしていかなきゃいけないのかな?」と思う方もいらっしゃるようですが、大相撲を観戦するのに、基本的な決まりは特にありません。

なので、楽に観戦できる服装で大丈夫です。

大相撲の観客席は、大きく分けて、椅子席と升席とに分かれます。
もし升席のチケットをお持ちなら、座布団に座って観る形になりますので、やはり足が楽な恰好が良いでしょう。

長時間正座のままというのも疲れますから、足を崩すことのできる、ゆったりしたパンツスタイルや、足が隠れるロング丈のフレアスカートなどがお勧めです。

特に、土俵間際の砂かぶり以外の升席は、階段状に組まれていますから、あまりにも短すぎるスカートなどは、下から見上げると、下着が見えてしまう恐れもあるのです。

目にやりどころに困るほどの服装だと、呼出さんに声をかけて注意されたりもしますので、気をつけましょう。

上着を利用したり、ひざ掛けやストールを持参したりして、ひざに掛けておくと、気にせずに大相撲を楽しめます。
女性の皆さんは、くれぐれもお気をつけくださいね。

パンツスタイルの際も、あまりに足にぴったりし過ぎるスキニーパンツや硬すぎるデニム生地のパンツだと、うっ血してしまい、やっぱり足が疲れてしまいますので、こちらも避けた方が無難でしょう。

脱ぎ履きしやすく、歩きやすい靴がおススメ

また、大相撲観戦は割とよく歩きます。
席についてからも、砂かぶり以外は飲食が許可されていますし、チケットによっては、弁当や飲み物がついている場合もありますので、食べ物や飲み物を買いに売店へとか、パンフレットを買いに売店へとか、勿論トイレに立たれることもあるでしょう。

升席の場合は、その度に靴を履いて、また脱いでの繰り返しになりますので、脱ぎ履きしやすく、歩きやすい靴がお勧めです。

時々、レースアップのロングブーツなどでいらしている方を見かけますが、なかなか大変そうです。

お目当てのお相撲さんがいて、入り待ちや出待ちをされる方も、長い時間立って待つことになりますので、疲れる靴は避けましょう。

会場内では、帽子は取って

帽子についても、ちょっと注意が必要です。
特に暑い名古屋場所などでは、帽子をかぶって来場される方も大勢いらっしゃいます。

ですが、会場に入ったら、できれば帽子は取っておいた方がいいでしょう。

時々、大きな女優ハットをかぶったまま観戦してらっしゃる方を見かけますが、あれは周囲のお客様達に大変迷惑です。

後ろの人が観戦しづらくなってしまいますし、隣の人に帽子のつばが当たってしまうと、とても危険ですから、室内では帽子は取って観戦しましょう。

周りの人への迷惑という点では、香水の香りが強すぎるのも考え物です。
相撲観戦では、升席で仕切られているとはいえ、周りの人達との距離がとても近くなります。

そんな中で、きつすぎる香水の香りは本当に迷惑なものですから、つける香りの種類や強さなどはよく考えると良いでしょう。

和装デーも開催される

また、場所中は「和装デー」という日が何日かあり、着物や浴衣、作務衣、甚兵衛など、和服で大相撲観戦をすると、色々な特典があるんです。(ハッピや和柄の洋服などは除外されます)

先着順で、特別な非売品の記念品がもらえたり、相撲関係者(行司さんなど)と写真撮影ができたりしちゃいます。
大相撲ファンなら、嬉しいですよね。

着物なんて持ってない、自分じゃ着られない、という方も大丈夫です。
国技館では着物のレンタルと着付けがセットになったプランが用意されているんですよ。

先着順ですが、チケットを取った後に、相撲協会のホームページからネット予約をすれば、当日普通の服で来場した後、着付けスペースでお好きな柄の着物を選んでください。

専任の着付師さんがいて、綺麗に着物を着せてくれます。

もし着崩れたとしても、着付師さんは常時在住してくれていて、お直しをお願いできるので安心です。

楽な服装で気楽に相撲観戦も素敵ですが、和服を着て、日本文化の一つである大相撲を観戦するというのも素敵ですよね。

最後に

このように、相撲はとても自由に楽しめるものなのです。
おしゃれをするのもとても楽しいことですが、何よりもまず、大相撲観戦を楽しもうとする気持ちが大切です。

意気込みすぎず、個人がリラックスできる服装なら基本的には何でもOKなんです。

それよりも、大きな帽子や光り過ぎる大きなアクセサリーをつけたり、香水のつけすぎなどで周りの人に迷惑をかける方が、ずっと好ましくありません。

周りの方達を不快にさせることなく、自分自身も楽しく、心から大相撲を楽しめたら素敵ですね。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-スポーツ
-, ,

関連記事

甲子園を目指して!高校野球に年齢制限はある?

  毎年8月の夏の風物詩として、野球ファンにとって待ち遠しい大会が、16歳から18歳の野球部に属する高校生が、たった一つの頂点を目指す夏の甲子園です。 夏の甲子園は、各都道府県から1校ずつと、北海道と …

初心者のための乗馬入門:乗馬の騎乗レベルとは?

乗馬は、馬に乗りコース内を走ったりノンビリ歩く事を楽しむ趣味になります。 外国では歴史も古く、草原や大地を駆け回って馬と親しむ光景が見られます。 その他、趣味意外では、本格的な競技もあり馬術と呼ばれる …

アウトドアウェアの選び方

週末や長期休暇。 お家でのんびり過ごすのもいいけれど、やっぱり外に出て思いっきり体を動かしたい!という方も多いでしょう。 ハイキングやピクニック、海水浴、キャンプと楽しみは尽きません。家族や友達、恋人 …

甲子園を目指して!甲子園で観戦するには?

春や夏の高校野球を現地、甲子園で観戦したいという人が多くいます。 いつも同じ場所を陣取るために、開催中はテントで生活し、毎日並ぶ人もいるなど、高校野球を見るためにまさに汗を流しているというのが現状です …

乗馬を始める年齢は?

最近、テレビなどで芸能人が馬術大会に参加し、結果を残すなど、テレビで馬術を見る機会が増えています。 そうなると、自分も乗馬を始めたい、いずれは馬術大会に出たいと憧れを持つ人も珍しくはありません。 その …

楽天モーションウィジェット