大相撲観戦!持っていってよかった便利なもの

大相撲に観戦に行く時には、どのような持ち物を持っていくといいのでしょうか。

基本、これを持っていかなければいけないというものはないのですが、あれば便利な物があります。

スポンサーリンク

持っていく価値あり!大相撲観戦の必需品

双眼鏡

その持ち物のうちの1つが、双眼鏡です。

大相撲は、日本の国技でありスポーツですが、国技館で行います。
テレビで見る分にはそう思わないかもしれませんが、実は結構広いので、後ろのほうの席ですと、確実に力士の姿が見えなくなってしまいます。

そこで役立つのが双眼鏡です。

これがあれば、自由席でもしっかりと力士の姿を見ることができますし、良いシーンを見逃すことがありません。

双眼鏡にも色々なタイプがありますが、あまりにも大きいものですと重たくて大変ですので、小さいサイズのものを持っていくことをおすすめします。

小さい物でも結構遠くまで見られます。

はじめて使う際は、使い方を下調べする
はじめて双眼鏡を使う時には、あらかじめ使い方を熟知しておいたほうがいいでしょう。

その時になってから初めて使いますと、使いこなせずピントもあわせられず、本番の時に使えなくなってしまいます。
早いうちに慣れておいてください。

タオル

そして、大相撲の時にもってきてほしいものが、タオルです。

大相撲が行われるのは屋内ですので、空調がきいていますし暑い事は有りませんが、人によっては暑く感じてしまうことがあります。

汗をダラダラとかきながらですと、大相撲に集中できなくなってしまう可能性もあるので、用意しておいた方がいいでしょう。
タオルハンカチやハンドタオルなどがおすすめです。

飲み物

確実にいる持ち物と言えば飲みものでしょう。

これは、家からお茶を水筒に入れて持参してもいいのですが、重たいという方は途中で自動販売機で買うか、コンビニやスーパーなどで買うことをおすすめします。

実は、国技館でも飲み物は販売されていますが、コンビニや自動販売機とは違い、結構高い価格設定になっているので、事前に買っておいたほうがいいでしょう。

飲み物を持ち込んでもいいのかと疑問に思われるかもしれませんが、国技館は飲み物の持ち込みを制限していません。
しかし、ゴミはそこらへんに置いていかないようにしてください。

国技館では、食べ物の持ち込みも許可されていますので、もしも、途中でお腹が空くようでしたら、あらかじめお弁当を持っていくのもいいでしょう。

お弁当を食べる場所ですが、席で食べることもできます。
しかし土俵の近くの砂をかぶる席では、砂がお弁当に入ってしまう可能性がありますので、食べない方がいいでしょう。

それ以外のところでしたら、砂をかぶることがないのでゆっくりと食べられます。

夢中になって食べている暇が無いという人、人前で食べるのに抵抗があるという方は、一度外に出て食べることもできますが、その時は手にスタンプを押してもらうことになります。

このときにお弁当を買うのもいいでしょう。

勿論、食べた後のものはそこにほったらかしにしてはいけません。

カメラ

必ず必要と言うわけではないですが、あったらいいかもという持ち物はカメラです。
最近では、スマホや携帯電話にも写真を撮影する機能がついているので、いちいち持っていく必要はありませんが、お相撲さんと触れ合えることもあるので、記念に残したい人はカメラを持っていくといいでしょう。

サイン色紙・マジックインク

あと、サインをしてもらいたい人は、サイン色紙を持ってきてください。

たまたまないときは、チラシの裏にサインしてもらおうとする人もいますが、これは結構失礼にあたります。
きちんとした色紙でしたら、快く応じてもらえるはずです。

ただ写真の場合でもサインの場合でも、気を付けてほしいことがあります。
それはきちんと許可を取ってからにするということです。

快く応じてもらえる事は確かですが、勝手に写真を撮影されると気持ちのいいものではありません。

盗撮と言われても仕方ありませんので、ちゃんと許可を取ってください。

あとサインをしてもらう人は、マジックインクなど書くものも一緒にもっていくようにしてください。

その他

巡業などの場合に必要になる持ち物ですが、室内履きがいることもあります。
これは、土のついていないスリッパなどになりますが、いる場合といらない場合がありますので、事前に聞いておくといいでしょう。

最近では、折り畳み式の小さいスリッパもあるので、バッグの中でかさばることもありません。

冬場なんかは、結構寒く感じてしまう人もいます。
冷えないようにするために、ストールやちょっとした毛布などを持っていくといいでしょう。

これだけでも結構温かく感じられます。

升席の場合は、人によっては小さい椅子を持って行ったほうがいいかもしれません。
地べたで座ると、足がしびれたり立ち上がれないお年寄りの人にはおすすめです。

あまりにも大きなものですと、後ろにいる人に迷惑になりますので小さい物を持って行ってください。

最後に

相撲は、スポーツですが普通のスポーツ観戦とは少し違います。

初めての人は少し戸惑うかもしれませんが、あらかじめ必要な物が分かっていればスムーズに観戦ができます。

あとは、ルールやマナーを守って楽しく観戦して下さい。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-スポーツ
-, ,

関連記事

水泳の基礎知識:水泳用品 ~ セーム ~

水泳をしている人を見ると、何やらカラフルで小さい布を持っていることがあります。 これは「セーム」と言って、水泳用品としては定番の便利なアイテムです。

水泳の基礎知識:4つの泳ぎ方 ~ 平泳ぎ ~

水泳が得意という人の中には、なぜか平泳ぎが苦手という人が少なくありません。

野球の基礎知識:日本における野球の歴史

日本における野球の歴史は、1871年まで遡ります。 教師として来日したホーレス・ウィルソンというアメリカ人が、現在の東京大学で教鞭をとっていた際、生徒に対し、野球を教えたことが始まりです。

ゴルフの基本知識:ゴルフの基本マナー「バンカーのマナー」

ゴルフ初心者にとって、バンカーとは非常に嫌なものです。 一度入ると、なかなか抜け出せないということもあるでしょう。思ったように抜け出せないかもしれないという焦りから、またミスショットを生むというのは、 …

フィギュアスケート採点方法は?技術点について

フィギュアスケートの競技会は、世界各地でおこなわれていて、出場選手の演技については、その時点での採点方式によって、採点されるのが普通です。 特に、オリンピック出場権に関わる大会の採点方法は、厳密に決ま …

楽天モーションウィジェット