今プレイしても楽しめる!スーパーファミコンのゲームソフト

スーパーファミコン
スーパーファミコンをゲームの全盛期ととらえる人も少なくありません。

それだけ多くのゲームソフトが登場して、幅広い人の指示を受けていたのです。

近年では、最新の据え置き機やスマートフォンでも、スーパーファミコンのソフトを楽しめるようになっています。

スポンサーリンク

一度はプレイしてみたい名作ソフト

今から始めても十分面白く、かつ安価で配信されていますので、機会があれば是非プレイしてみるべきです。

とはいうものの、ゲームソフトの数は膨大です。
まずは、誰もが知っている名作ソフトから始めるのがいいでしょう。

スーパーファミコンの代名詞といえば、やはりマリオシリーズです。

本体と同時発売された「スーパーマリオワールド」は、今なお高い人気を誇る1本です。
ファンシーな見た目で、操作性もよく、それでいてボリュームも抜群です。
序盤の登場する、画面を埋め尽くすような敵キャラの登場は、ゲームファンをあっと驚かせました。

そして、これを上回る知名度を誇っているのが「マリオカート」です。
これ以後シリーズを重ねていくことになりますが、その魅力は最初にしてすでに完成されています。
今までも対戦型レースゲームというのは存在していて、常に盛り上がるジャンルでした。
しかし、そこにアイテムの要素を加え、起伏に富んだコースを配置することで、熱狂的なブームを生んだのです。
中には、やや複雑化した最新作よりも、シンプルな一作目を好む人もいます。
それだけ、スーパーファミコンを代表するゲームソフトといえるのです。

他にもマリオシリーズは「スーパーマリオRPG」や「ヨッシーストーリー」など、多方面に展開しています。
これらを揃えるだけで、スーパーファミコンの魅力を堪能できるのです。

じっくりやり込みたい人向けのゲームソフト

ゲームといえば、あくまで1人で楽しむものと考えている人もいるでしょう。

スーパーファミコンには、RPGやシミュレーションの名作も、多数揃っています。
歴史を語る上では外せないゲームソフトばかりですし、昔のものだけに、攻略情報も充実しています。
休日に様々なことを忘れて楽しむには、最適なラインナップなのです。

国産RPGといえば、「ドラゴンクエスト」と「ファイナルファンタジー」です。
スーパーファミコンにおいては、どちらも最新作が発売され、共に記録的なヒットとなりました。

ドラゴンクエストは2作、ファイナルファンタジーは正式タイトルで3作発表され、多彩なイベントと鮮やかなグラフィックで、ゲームファンを魅了しました。
どちらも、やりこみ要素満載で、現在でも様々な遊び方が考案されています。

探索型アクションRPGの元祖として、大きな進化を遂げたものもあります。
それが「スーパーメトロイド」です。
広大なマップを、謎を解き明かしながら進んでいく内容ながら、爽快感もある1本です。
とくに、今まで行けなかったところを快適に突破できたときの喜びは、格別です。

歴史好きには、光栄のシミュレーションシリーズがあります。
「三国志」や「信長の野望」といったシリーズは、スーパーファミコンの時期に、もっとも洗練されていたという声も少なくありません。
勇名な武将で天下統一を狙うもよし、誰もしならないような弱小勢力で生き残るのも楽しいものです。
他にも世界地図を作ったり、文明の興廃を体験したり、アリになって巣を反映させたりと、ここでしかない体験が得られます。
これらをプレイすることで、自分だけの歴史を綴ることができるのです。

みんなで楽しみたいパーティーソフト

スーパーファミコンを人気者に押し立てた原動力は、パーティーソフトの存在です。
当時の子どもたちは、誰かの家に集まっては、このようなゲームに興じていました。

同じ娯楽を楽しむことで、一種の連帯感が生まれます。
今のSNSアプリ以上に、コミュニケーションツールとしての役割を果たしていたのです。

友達同士で遊ぶことに特化したものとして、対戦格闘の存在は外せません。
中でも、ゲームセンターの人気作を移植した「ストリートファイター2」は、シリーズの人気を決定づけました。
ゲームセンターとほぼ同じ内容を、家庭でも遊べるとあって、熱狂的なファンを多数生み出したのです。

こうした対戦格闘においては、人となりがよく出るのもポイントです。
積極的に打って出る者、あくまで慎重な者、追い詰められて慌てる者など、個人ごとにスタイルが違います。

他者からも同ジャンルのゲームソフトが続々と発売され、どれも高い売れ行きを示しました。
アニメやマンガのキャラクターを動かせるものも多く、少女漫画まで対戦格闘になったほどです。

パーティーの王様といえばボードゲームですが、スーパーファミコンでも同様のものがあります。

とくに「桃太郎電鉄」シリーズは、大勢で遊ぶにはうってつけのソフトです。
ランダムで起こるイベントに翻弄されながら、日本全国を回る姿は、笑いと葛藤を生むものでした。

他にも、落ちものパズルの名作「ぷよぷよ」や、シンプルなルールで白熱する「ボンバーマン」シリーズなどもあります。
スーパーファミコン世代が集まれば、今でも盛り上がること間違い無しのゲームソフトなのです。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-ゲーム, ホビー
-

関連記事

ピットロードの鉄道模型の魅力と特色

ピットロード(PIT-ROAD)は、東名ピットロードとも呼ばれる、日本の模型メーカーです。 模型と聞くと、鉄道模型が有名ですが、ピットロードの主力商品は、戦艦や戦闘機、戦車などがあります。

プラモデルやフィギュアの塗装に!アクリジョンの特徴と使い方

アクリルジョンはGSIクレオスが販売する塗料で、主にプラモデルや模型に塗装するために開発されました。

AiL-Dollsのドールの魅力!お迎え方法は?

AiL-Dollsのドールについて紹介します。

デジタルTCG「グランドエレメンタルマスター」の魅力とは?

トレーディングカードゲームをプレイするなら、戦略性が重要になるデッキ構築バトルを選ぶ方も多いのではないでしょうか。 そんな方にぴったりなのが、グランドエレメンタルマスターです。 このトレーディングカー …

簡易インジェクションのガレージキットの特徴は?メリット・デメリットについて

模型の成型方法の1つ、簡易インジェクションについて紹介します。

楽天モーションウィジェット