女性に嬉しいスーパーフード!「クコの実」の食べ方【デザートに添える】

クコの実は、中華デザートのトッピングなどでもよく見る小さな赤い実です。中国原産のナス科の植物で、その実や根なども漢方薬として使われます。

ドライフルーツ売り場でも気軽に手に入れることができ、乾燥した状態で食べられることも多く、ほのかな甘みで健康に良いことでも知られています。

スポンサーリンク

スーパーフードクコの実の嬉しい効果

このクコの実が、女性に嬉しいスーパーフードとして注目を集めています。その栄養素は、ビタミンCがオレンジの500倍、粘膜や皮膚の再生を促すビタミンAが豊富なうえ、食物繊維や鉄分など各種栄養素がぎっしり詰まっているのです。

これらの栄養素が、女性に与える効果としては、アンチエイジング、美肌効果、ビタミンCによるシミの改善などが挙げられます。滋養強壮や不老長寿の秘薬として、平安時代にもクコ酒、クコ茶として飲まれていたようです。ビタミンやミネラルが豊富で、さびない体を作る抗酸化力が非常に高いフルーツとして、欧米でも人気を集めています。

そのまま食べても美味しいので、食生活に取り入れるのも簡単です。お茶や果実酒にするという方法も簡単ですが、スーパーフードは栄養素がぎっしりと詰まっているので、美味しいからとたくさん食べすぎると、思わぬ副作用が起きる場合があります。適量を毎日取り入れるには、デザートなどに添えるなどすると見栄えもよくなり、甘い物を食べる罪悪感も軽減します。

東洋医学の中枢である中国でも、古くから漢方薬として使われてきたため、小さいながらも滋養強壮などの効果が認められてきた果実です。薬として使われている部分もあるため、食べるときには食べ過ぎに注意しましょう。

副作用を起こさないために適量を守る

クコの実は、たくさんの栄養素が詰まったスーパーフードです。効果が高い分、副作用が起きる場合もあるので注意しましょう。最も起こりやすいのが、吐き気です。ついついおつまみなどで量を気にせず食べてしまうと、急な吐き気に襲われることもありますので注意しましょう。

女性に嬉しいスーパーフードも、時として脅威になることがあります。女性特有の現象である生理を促進する効果が、クコの実にはあります。生理不順や無月経に悩む女性にはうれしいものですが、大事な旅行やレジャーを控えている場合は、摂取を考えましょう。

この成分は、ベタインといって血行を促進する作用があり、その結果月経が起きるといわれています。そのため、妊娠中や授乳中には、控えなければいけません。他にも、血圧が下がる効果や、血糖値が上昇するなどの現象が起きることがあります。

どの作用も、人によっては良かったり、悪かったりというものなので、自分の体調に合わせて摂取することが大事です。稀にクコの実自体が体質に合わず、下痢などの症状が起きることもあるので、健康にいいからと無理して食べるのはやめましょう。

一日にとる目安は、20g程度が適量です。これはクコの実10粒から20粒程度になるため、やはりデザートなどに添えるくらいがちょうどいいということになります。健康を考えるばかりに、同じものばかりを大量に摂取する傾向になりがちですが、本当の健康とは、色々なものをバランスよく摂取する中で、自分の体質に合ったものを適量取り入れることで作り上げていくものです。

継続もポイントなので、無理をしないで続けていきましょう。

デザートに彩と健康要素をプラス

毎日の食事に、クコの実を効果的に、適量取り入れるのはデザートなどに、彩として添えるのがおすすめです。代表的なものといえば、杏仁豆腐やマンゴープリンなど、中華デザートが思いつくのではないでしょうか。さすが中華食材だけあって、イメージもぴったり、食感がアクセントになりますし、鮮やかな赤が杏仁豆腐の真っ白な姿に映えるので食欲が湧きます。

同じように、バニラアイスのトッピングとしても利用してみましょう。美味しさをアップさせるには、クコの実をブランデーやラム酒などに、あらかじめ漬け込んでおくことです。ほんのりとした甘さと、お酒でふっくらとした食感に戻ったクコの実は、冷たいバニラアイスとの相性抜群です。

大人のデザートタイムにぴったりですが、お子様用にはシロップなどにつけておくと、食べやすくなります。他のドライフルーツやレーズンなどと一緒に、大き目の瓶に漬けておけば日持ちもしますし、パウンドケーキや蒸しパンの材料としても使うことができます。もちろんそのまま食べても、おつまみとして最適です。

デザートと合わせる場合は、あらかじめシロップやリキュールにつけておくと食感が良くなります。フルーツポンチに入れたり、フルーツサラダのトッピングなど、様々なアレンジが可能です。薬膳料理のような、健康的なイメージも大きいので、健康的な食事の締めのデザートとして出せば、完ぺきな献立としておもてなしの席でも喜ばれるでしょう。

食べ過ぎには十分注意しなければいけませんが、適量を守れば女性にとって大きな効果が期待できる、スーパーフルーツであることには変わりありません。毎日取り入れて、美しくなりましょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-フード
-,

関連記事

隠し味で「昆布茶」を入れると、クリームシチューが一段上の味になる!

昆布茶は、和食の隠し味によく使われますが、洋風のクリームシチューにも、とてもよく合います。 海鮮のシーフードシチューや、チキンシチューの隠し味にも最適です。 昆布茶には、グルタミン酸という旨味成分が多 …

花粉症は食べ物で悪化もする!食べると悪化する食べ物「マーガリン」

春はウキウキと心躍る人も多い季節です。しかし花粉症の人にとっては、つらく憂鬱な季節です。 今年の花粉の飛散量は、北海道や東北、関東、甲信地方は例年よりも少なく、北陸、東海、中国地方は例年並み、九州や四 …

花粉症予防・改善が出来るハーブティー:フェンネル

フェンネルは、和名で茴香(ういきょう)と呼ばれる植物で、セリ科に属しており、黄色の花を咲かせます。花が咲く時期は8月から9月ですが、強い生命力を持っている多年草です。 もともとハーブとしての効能が有名 …

包まない時短レシピ:餃子

餃子を食べるのは美味しいけど、作るのがすごく手間です。 皮に包んだり丸めたりするのにすごく時間がかかってしまうため、他の料理を作る時間がなくなってしまったりします。 そこで、皮に包まないで簡単に作る事 …

超美味!納豆に「ラー油」をちょい足し!

納豆には、色々なものをちょい足しして食べる楽しみがあります。一般的には醤油や専用タレ、辛子、ワサビなどを入れる人が多く見られます。 マヨネーズやラー油と合わせるのも、魅力的です。大根おろしと合わせると …

楽天モーションウィジェット