水泳の基礎知識:4つの泳ぎ方 ~ 平泳ぎ ~


水泳が得意という人の中には、なぜか平泳ぎが苦手という人が少なくありません。

スポンサーリンク

苦手な人も多い平泳ぎの泳ぎ方とは

クロールや背泳ぎ、バタフライのように腕を大きく回す、バタ足をするなど、同じような要素を持っている泳ぎがある中、平泳ぎはバタ足ではなく、かえるのように足をかき、水をかく動作も大きく腕を回すというより、何かをかき分けるように泳ぐという表現が合っています。

このように、違うような動作をすることで苦手に感じる人も多いのが実情です。しかし、平泳ぎという分野は、水泳界を見れば昔から強く、数多くの選手を輩出し、世界記録に迫る選手も多いのも事実です。

こうした選手に憧れて、自分も平泳ぎをやりたいと思った子供たちが水泳を始め、その平泳ぎで苦戦するというのは、何とも皮肉です。

泳ぎ方をマスターし、得意種目にすることにより、メドレーの選手を目指す人にとっては強い武器にもなるため、ぜひとも平泳ぎをマスターしておきたいところです。

平泳ぎを上達させるには、足の蹴り方、水のかき方が重要ですが、まずは足の蹴り方を習得する必要があります。平泳ぎにおける蹴り足は、足を引き付ける動作、そこからの蹴りの動作というように分かれています。

うまく引き付けて、そこで力をためて一気に力を解放することで推進力を生み、前へと進ませます。水のかき方に関しても、コツが存在します。

水をかく際には水をかき分け、かき分けたところに体を寄せていくような形にし、そこから伸びを入れて前へ進もうとします。

足の動き、水のかき方、この2つをセットで取り入れていくことによって、前へ前へと進むことが可能です。

平泳ぎの推進力の肝となる足の蹴り方

平泳ぎの泳ぎ方として、蹴り方をマスターする必要がありますが、足を引き付ける際に注意したいのが、足首が返らないあおり足と呼ばれるような形になることです。

引き付ける際に足を上げてしまうことで足首が返らなくなり、単に足を上げ、それを下すだけという状態になります。これでは推進力を得ることは難しく、泳ぎとしても不格好なものになってしまうため、あおり足にならない引き付け方を習得することが大事です。

両足を引き付ける場合、膝は軽く曲げる程度で十分です。かかとをお尻に近づけるとそこで足首を返し、足の指を外側に向けて膝を伸ばします。そして、両足を揃え、膝や足首をしっかりと伸ばして、前へと進みます。

あおり足になるのは、かかとがお尻にくっつきそうな場合です。正しい引き付け方は、足の指が常に水面と並行のような状態になっている時です。あおり足は、これが水面と垂直のような状態になってしまいます。

この練習は、単独で行うことがあります。プールの壁に手をつき、水平の姿勢で行い、インストラクターなどに補助をしてもらって行います。

膝の曲げ方が重要であることから、インストラクターが足首を持ち、このようにして動かすというのを教え込むのが、練習の方法としてあります。引き付けるサポートを実践することで、どのようにして引き付ければいいかを知ることが可能です。

足の裏で水を押し込むという感覚も、必要です。そうすると、内側に押し出そうとするようになり、うまく力を1つの方向に集中させることができるようになります。

この練習を繰り返すうちに、足の使い方が分かっていきます。

水のかき分け方とセットでの練習

平泳ぎにおける、水のかき分け方ですが、まず肘を伸ばした状態で両手を肩幅に広げ、手の甲同士をくっつけるように、親指を下に向けます。

そこでかき分け、手のひらで水をすくい取るように、脇を締めながら腕を胸に持っていき、身体を起こし、息継ぎのタイミングとなります。息継ぎをしたらまた肘を伸ばし、顔を水につけて完了です。

言葉にすれば簡単ですが、これを足の動きと連動させる必要があるため、最初のうちはなかなかできません。水泳で足と手の動きを連動させるのを意識するのは、平泳ぎが一番と言えます。

両方を交互に行うことで、それぞれに推進力が生まれ、前へと進むことができます。もし同じタイミングで手と足を動かしてしまうと、水の抵抗をかなり受けることになるため、足を動かしたら手というように、順番に行うことが大事です。

もちろん、最初はこれができませんが、練習を重ねて動きをマスターしていくと、意識をしなくてもそのような順番になります。

水泳の中で平泳ぎが苦手という人は、手と足の動きが一緒になったり、推進力がうまく出なかったりしてなかなかタイムが上がらず、それでいてどうすればいいかがよくわからないため、投げ出しているというのが実情です。

フォームを根気強く教えてくれるインストラクターがいれば、その人にフォームを叩き込んでもらい、あとは数をこなすことで克服できます。

一見難しそうに見えるものの、一度習得すれば面白いようにタイムが伸びるので、メドレーを取り組む場合には、高い壁を乗り越えるつもりで立ち向かう必要があります。

これさえ出来れば、ほかの泳ぎ方も簡単にマスターできるため、あきらめないことが大切です。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-スポーツ
-,

関連記事

ランドデビューまでに準備しておきたいゴルフクラブ|パター

新しくゴルフを始めたゴルフ初心者も、ある程度練習場などで練習を重ねて技術を身に着けたら、いよいよラウンドデビューを果たすことになります。 ラウンドデビューするためには、ウェアやキャディバッグ、ゴルフシ …

初心者のための乗馬入門:乗馬ライセンスの取得について

意外と知らない方もいるかもしれませんが乗馬にはライセンス制度があります。 乗馬ライセンスと取得方法について紹介します。

山の食事|パーティ(複数人数)なら

登山は、山頂に到達した時の達成感というのが最大の魅力ですが、山頂やその途中で食べる食事というのもまた魅力的なものです。 魅力的なものであると同時に、食事というのは登山をする上で非常に重要なものであり、 …

フィギュアスケート観戦の楽しみ方【マナー編】

日本ではフィギュアスケートが盛んに行われており、多くの有名選手がいるため、その選手たちが出る試合には多くの人が駆けつけ、会場は満員になります。 熱心なファンは海外にも足を運び、選手を応援するということ …

相撲観戦、どんな服装でいくのがベスト?

今、大ブームの大相撲。 相撲ファンなら、一度は現地で生の大相撲を観戦してみたいですよね。 でも、初めて観戦する時はわからないことだらけです。 特に、「どんな服装で行けばいいの?」と思われる方は多いよう …

楽天モーションウィジェット