水泳の基礎知識:4つの泳ぎ方 ~ 平泳ぎ ~


水泳が得意という人の中には、なぜか平泳ぎが苦手という人が少なくありません。

スポンサーリンク

苦手な人も多い平泳ぎの泳ぎ方とは

クロールや背泳ぎ、バタフライのように腕を大きく回す、バタ足をするなど、同じような要素を持っている泳ぎがある中、平泳ぎはバタ足ではなく、かえるのように足をかき、水をかく動作も大きく腕を回すというより、何かをかき分けるように泳ぐという表現が合っています。

このように、違うような動作をすることで苦手に感じる人も多いのが実情です。しかし、平泳ぎという分野は、水泳界を見れば昔から強く、数多くの選手を輩出し、世界記録に迫る選手も多いのも事実です。

こうした選手に憧れて、自分も平泳ぎをやりたいと思った子供たちが水泳を始め、その平泳ぎで苦戦するというのは、何とも皮肉です。

泳ぎ方をマスターし、得意種目にすることにより、メドレーの選手を目指す人にとっては強い武器にもなるため、ぜひとも平泳ぎをマスターしておきたいところです。

平泳ぎを上達させるには、足の蹴り方、水のかき方が重要ですが、まずは足の蹴り方を習得する必要があります。平泳ぎにおける蹴り足は、足を引き付ける動作、そこからの蹴りの動作というように分かれています。

うまく引き付けて、そこで力をためて一気に力を解放することで推進力を生み、前へと進ませます。水のかき方に関しても、コツが存在します。

水をかく際には水をかき分け、かき分けたところに体を寄せていくような形にし、そこから伸びを入れて前へ進もうとします。

足の動き、水のかき方、この2つをセットで取り入れていくことによって、前へ前へと進むことが可能です。

平泳ぎの推進力の肝となる足の蹴り方

平泳ぎの泳ぎ方として、蹴り方をマスターする必要がありますが、足を引き付ける際に注意したいのが、足首が返らないあおり足と呼ばれるような形になることです。

引き付ける際に足を上げてしまうことで足首が返らなくなり、単に足を上げ、それを下すだけという状態になります。これでは推進力を得ることは難しく、泳ぎとしても不格好なものになってしまうため、あおり足にならない引き付け方を習得することが大事です。

両足を引き付ける場合、膝は軽く曲げる程度で十分です。かかとをお尻に近づけるとそこで足首を返し、足の指を外側に向けて膝を伸ばします。そして、両足を揃え、膝や足首をしっかりと伸ばして、前へと進みます。

あおり足になるのは、かかとがお尻にくっつきそうな場合です。正しい引き付け方は、足の指が常に水面と並行のような状態になっている時です。あおり足は、これが水面と垂直のような状態になってしまいます。

この練習は、単独で行うことがあります。プールの壁に手をつき、水平の姿勢で行い、インストラクターなどに補助をしてもらって行います。

膝の曲げ方が重要であることから、インストラクターが足首を持ち、このようにして動かすというのを教え込むのが、練習の方法としてあります。引き付けるサポートを実践することで、どのようにして引き付ければいいかを知ることが可能です。

足の裏で水を押し込むという感覚も、必要です。そうすると、内側に押し出そうとするようになり、うまく力を1つの方向に集中させることができるようになります。

この練習を繰り返すうちに、足の使い方が分かっていきます。

水のかき分け方とセットでの練習

平泳ぎにおける、水のかき分け方ですが、まず肘を伸ばした状態で両手を肩幅に広げ、手の甲同士をくっつけるように、親指を下に向けます。

そこでかき分け、手のひらで水をすくい取るように、脇を締めながら腕を胸に持っていき、身体を起こし、息継ぎのタイミングとなります。息継ぎをしたらまた肘を伸ばし、顔を水につけて完了です。

言葉にすれば簡単ですが、これを足の動きと連動させる必要があるため、最初のうちはなかなかできません。水泳で足と手の動きを連動させるのを意識するのは、平泳ぎが一番と言えます。

両方を交互に行うことで、それぞれに推進力が生まれ、前へと進むことができます。もし同じタイミングで手と足を動かしてしまうと、水の抵抗をかなり受けることになるため、足を動かしたら手というように、順番に行うことが大事です。

もちろん、最初はこれができませんが、練習を重ねて動きをマスターしていくと、意識をしなくてもそのような順番になります。

水泳の中で平泳ぎが苦手という人は、手と足の動きが一緒になったり、推進力がうまく出なかったりしてなかなかタイムが上がらず、それでいてどうすればいいかがよくわからないため、投げ出しているというのが実情です。

フォームを根気強く教えてくれるインストラクターがいれば、その人にフォームを叩き込んでもらい、あとは数をこなすことで克服できます。

一見難しそうに見えるものの、一度習得すれば面白いようにタイムが伸びるので、メドレーを取り組む場合には、高い壁を乗り越えるつもりで立ち向かう必要があります。

これさえ出来れば、ほかの泳ぎ方も簡単にマスターできるため、あきらめないことが大切です。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-スポーツ
-,

関連記事

スライス対策|グリップとアドレスを見直す

ゴルフ初心者に限った話ではありませんが、ゴルフをしていると、スライスに悩まされるということは少なくありません。 本当のゴルフ初心者の場合には、打った瞬間に打球が右方向に飛んでいき、更にそれがどんどん右 …

ゴルフ初心者の練習法!ゴルフクラブの打ち方(アプローチ)

ゴルフ初心者がコースに出て最初に戸惑いやすいのが、アプローチです。 ドライバーで飛距離を伸ばす練習をする機会は多いですが、アプローチはコースに出るまで行う機会が少ないです。仮に練習を行える環境があって …

水泳の基礎知識:水泳用品 ~ 競泳水着 ~

水泳を始めるにあたり、競泳水着は必ず購入しなければなりません。その際に、競泳水着の種類が、1つだけではないことに気づきます。 タイプ別に存在し、どれを購入すればいいのか、それぞれの特徴を知りながら、自 …

山の食事|コンビニのおにぎりやパン

最近では、趣味として登山を気軽に楽しむ人が増えています。 東京からも、電車で一時間ほどで行ける高尾山などは、登山の経験の少ない初心者の登山者も気軽に登りやすいため、人気の観光スポットになっています。 …

野球の基礎知識:日本における野球の歴史

日本における野球の歴史は、1871年まで遡ります。 教師として来日したホーレス・ウィルソンというアメリカ人が、現在の東京大学で教鞭をとっていた際、生徒に対し、野球を教えたことが始まりです。

楽天モーションウィジェット