水泳の基礎知識:4つの泳ぎ方 ~ バタフライ ~

水泳では、基本的に泳法が四種類に分けられています。

一つ目がクロールです。

スポンサーリンク

水泳で一般的な4つの泳ぎ方について

クロールは、最も簡単な泳ぎ方で、水泳を習い始めて一番初めに教わる泳ぎ方です。足はバタ足で進み、手を左右交互に回して泳ぎます。基本的に、呼吸は二回手を回すうちに1度顔を横に向けて行います。

クロールで大切なことは、手のかき方です。手をしっかりと伸ばし、肩からしっかりと回します。前に伸ばした手が、下へ沈まないようにすることもポイントです。

次に背泳ぎです。

背泳ぎは、上を向いて進む泳ぎ方です。足はバタ足で進み、クロールと同じように左右の手を交互にかいて進んでいきます。背泳ぎは体に余計な力が入ってしまうと沈んでしまい、なかなか思うように進まないので難しい泳ぎ方です。

上にあげた手は、水面と並行になるように戻してくることがポイントです。次の泳ぎ方が、平泳ぎです。

平泳ぎは、背泳ぎやクロールと足や手の使い方が異なり、慣れるまではとても大変です。カエルのように足を使うことが、ポイントです。足首が伸びてしまわないように、しっかりと立てて力強く蹴ります。

蹴った後は、両足をしっかりと揃えて伸びます。この時に伸びが足りないと、速く泳ぐことが出来なくなってしまうのです。また、必要以上に疲れてしまいます。最後の泳ぎ方が、バタフライです。

バタフライは、体のしなりをうまく使って進む泳ぎ方です。手を回すタイミングと、足で水中を蹴るタイミングが合うと綺麗に進むことができます。バタフライは、肩の力が強いと綺麗に泳ぐことが出来る、難しい泳法です。

また、体をしっかりと持ち上げられないと、呼吸をする時に水も一緒に飲んでしまうので、呼吸の仕方も難しいです。

バタフライで泳ぐ時のポイントについて

バタフライは、上級者向けの泳法です。泳ぐことができるようになっても、速く泳ぐことが難しく、練習を積み重ねることが大切です。バタフライで泳ぐ時に使う足の動きのことを、ドルフィンキックと言います。

名前の通り、イルカのような体の使い方をするからです。一定のリズムで、しっかりと水中を蹴る練習を沢山しなければなりません。最初はビート板を持たなくて良いので、手を前に伸ばしたままドルフィンキックの練習から始めます。

体が不自然な動き方にならないように、なめらかに動かします。呼吸は苦しくなった時に、平泳ぎの手のかき方を使ってします。両足一緒に水中を蹴るため、力強く蹴らなければ前には進んでいきません。

次に手のかき方です。初めは、片手ずつかく練習をしていきます。片手は前に伸ばし、反対の手は足の蹴りに合わせて肩から大きく回します。手を水中に戻すと同時に、顔も水中へ入れます。

足の蹴りが弱く、体が持ち上がらないと、手を回すことも呼吸をすることも困難になってしまうので、手を回すタイミングで蹴るときの蹴りは、少し体を持ち上げるようにしっかりと蹴ります。

片手で水をかく練習を、左右どちらもやったら次はバタフライの練習になります。今度は両手一緒に、足の蹴るタイミングに合わせて肩から大きく回します。この時に、両手の小指が上になるように回します。

水中に手を入れるときは指先から、静かに入れます。水の抵抗が強いのでバタフライで泳ぐには、肩の力が強くなければなりません。水の抵抗に負けないような、しっかりとした肩をつくっていく必要があります。

また、滑らかな体の動きも大切になってくるので、腰の使い方などが分からなければ、綺麗に泳ぐことができません。

バタフライで速く泳ぐためのポイントについて

水泳で、最も難しいといっても過言ではないバタフライですが、練習すれば必ず早く泳ぐことができるようになります。しかし、バタフライで速く泳ぐことができるようになりたいのであれば、他人の力を借りた方が早く上達します。

バタフライは、水泳での一般的な四種類の泳法のうち、一番動き方が難しく、力が必要な泳法です。水泳のことについてよく知っている人に補助などをしてもらうと、正しい感覚が身につき、正しいフォームで泳ぐことができるようになります。

また、正しいフォームで泳ぐことができるようになれば、自然と速く泳ぐこともできるようになるのです。しかし、身近に水泳に詳しい人や、得意な人、教えられる人がいなければ、自力で練習していくしかありません。

自分で練習する方法としては、まず初めにドルフィンキックの見直しをします。バタフライで前へ進む力となるのが、このドルフィンキックと手で水をかいたときの力なのです。

ドルフィンキックを、1、2、1、2のリズムで行い、とくに2の時の力を強めます。2の時に同時に手をかくため、その事をイメージしながら練習をしていきます。

体をしっかりと持ち上げ、1度水面を見るくらいの余裕を持って顔を水中に入れます。体を持ち上げることも大切なのですが、同時に前にも進むように後ろへしっかりと蹴るようにします。

ドルフィンキックができるようになったら、手をつけていきます。手のかきが遅れないように、なるべく早く回します。水をかくには力がないと難しいですが、そこでスピードが落ちないように気をつけます。

また、慣れてきたら、呼吸の回数も減らしていきます。こうすることで、速く泳ぐことができるようになるのです。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-スポーツ
-,

関連記事

乗馬をするには服装はどうすればいいの?

憧れのセレブスポーツ、乗馬。 普段の生活では、なかなか見慣れないスポーツですので、いざ自分が乗馬を始めてみようとなったら、まず心配になるのが「どんな服装を準備すればよいのか」ではないでしょうか。 テレ …

自分の体だけで登る!ボルダリングとは?

最近人気や話題を集めているものの1つに「ボルダリング」があります。 名前を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

初心者にぴったりなゲレンデはどこ?

ゲレンデデビューの初心者がスキー場を選ぶ際は、どこのスキー場やゲレンデが良いのか分からないですよね。 今回は初心者の方にぴったりなゲレンデの選び方を紹介します。

浅田真央選手が今でもオリンピックで金メダルを狙える根拠とは

続々とジュニアから上がった選手が出てきており、フィギュアスケート女子はとても戦いが熾烈になっています。 そんな中でも、すでにベテランとなった浅田真央選手がオリンピックで金メダルを狙うことはまだまだ可能 …

野球の基礎知識:打者に関するルール

野球はピッチャーがボールを投げて、バッターがそれを打ち返すことでゲームが進行していきます。 そして、それぞれに特有のルールがあるので、その辺を基礎知識としてしっかりと抑えておけば、より楽しむ野球観戦を …

楽天モーションウィジェット