水泳の基礎知識:水泳用品 ~ ゴーグル ~

水泳用品の中で、誰もが着用するものとして、競泳水着や帽子がありますが、他にもゴーグルは着用するのが必須となります。

スポンサーリンク

ゴーグルをつけずに水泳はできない

もちろんつけなくても泳げますが、水中を何もつけずに見ようとすると、視界がぼやけるだけでなく、目に塩素が入り込み、目に何かしらの影響がある場合があります。

そうしたことから、水泳の際にゴーグルをつけるのは、目を守るという観点からも必要です。 一方、ゴーグルが外れやすく、水泳をしているときにゴーグルの中に水が入り込むという経験を、多くの人がしています。

水泳用品の中でも個人の調整が難しく、自分にフィットさせたものに仕立て上げることが難しいのも、ゴーグルの特徴です。中には、サイズの調整をしないまま装着する人もいます。

そうした場合に水が入り込みやすく、人によってはパニックになり、溺れてしまうということも見られます。また、意外と種類が多いのも特徴です。ゴーグルの形状や、視力が弱い人向けのもの、色つきのものなど何かしらの条件が加わると、かなりの多さになります。

ゴーグルの抵抗を少しでも避けてタイムを上げたいという場合には、形状までこだわる必要がある一方、エクササイズ目的なら、むしろ見やすいものがいいなど、その人が水泳を取り組む理由によって変えることが求められます。

売れ筋となる商品が、どういうものかを知るということも大切です。

値段で選ばれているのか、それとも使いやすさで選ばれているのかを知ることにより、水泳用品選びをする際に大いに参考になるだけでなく、自分に合ったものを使用していくことができるため、その選び方をマスターしたいところです。

クッションがあるかないかの違い

ゴーグルによってはクッションが付いている場合、もしくは付いていない場合があります。クッションが付くことによって、ゴーグルの締め付けを和らげる効果が見られます。

ゴムによって相当強い力で装着することになるため、ゴーグルが目の周りに食い込み、跡が付くほどになることは、ゴーグルあるあるとして有名です。

それが嫌だという人、水泳を始めて間もない人などは、クッションを付けることで衝撃を和らげるというのがおすすめです。クッションを付けないという人は、水泳選手などタイムを争う人に多いのが特徴となっています。

顔により近付くため、その分、水の抵抗を避けることが可能になるためです。また、シンプルな作りとなっており、クッションのゴム部分が破断し、そこから水が入り込むといったことがなく、交換の必要がないというのもメリットとして考えられます。

もちろん、ずっと顔に触れているため、痛くなりやすいというのはありますが、長い時間付けるわけではないため、そのあたりはなんとでもなります。

初めのうちはクッションをつけることが大事ですが、そのクッションの厚みも統一されているわけではありません。

製品によっては、とても厚めになっているものから若干薄いものまで幅広く、いくらカラーや形状がよくても、購入して装着したら違和感を感じるということがよくあります。

ゴーグルを購入する時には、試着をするのが大前提であり、できれば手にとって選ぶというのがおすすめです。

スポーツジムだけでなく、自治体が運営しているようなプールにも売られているため、そこで試着してみるというのもできます。

視力が弱い人のゴーグル選びとは

メガネをかけている人、コンタクトレンズを装着している人が水泳を行う場合、ゴーグル選びもより慎重にならなければなりません。

人によっては、コンタクトレンズをつけたまま泳ぐという人もいますが、考えられることとして、誤ってコンタクトレンズを落としてしまう、塩素で劣化する、そもそも衛生的によくないといったことがあります。

使い捨てタイプではなく、ある程度長い期間装着するような場合には避けた方がよさそうです。その場合、度付きのゴーグルがおすすめです。

といっても、普段のコンタクトレンズ、もしくはメガネの度をそのまま当てはめるのは、あまり適しているとは言えません。水中は物体が大きく見えること、細かな字を見る必要がないことなどから、度のきついものを付ける必要がなく、普段より若干弱めの度で十分です。

同じ度をつけるとかなりの負担がかかり、泳いでいるだけで気持ち悪くなるという人も出てきます。度付きのゴーグルを購入する場合、度の付いたレンズがスポーツジムの売店にあるだけでなく、メガネ屋で売っていることもあります。

一方、乱視の場合は、矯正したものを購入するということが必要になるため、メガネ屋で相談することをおすすめします。子供でも乱視で悩んでいるという子はいるため、子供用大人用の乱視用ゴーグルというのが存在します。

他にも、ミラーレンズタイプや、カラーレンズタイプなど様々なものがあります。

プールの中で泳ぐものから海の中で泳ぐものまで、どこで泳ぐかによっても使用すべきレンズが違い、目の動きを悟られたくないという場合にミラーレンズを使う選手も大勢います。

自分に合ったものを、専門の人に見つけてもらうというのもおすすめです。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-スポーツ
-,

関連記事

スライス対策|スイングを直すポイント

ボールがスライスしてしまう大きな原因は、フェースが開いてしまうことです。フェースが開く原因は人によって異なりますが、ゴルフ初心者の場合は、手だけに頼りすぎている傾向があります。 飛距離を伸ばすことを意 …

ランドデビューまでに準備しておきたいゴルフクラブ|ウッド

ゴルフ初心者がまず目にするゴルフクラブと言えば、ウッドと呼ばれるものになるでしょう。

乗馬を始める年齢は?

最近、テレビなどで芸能人が馬術大会に参加し、結果を残すなど、テレビで馬術を見る機会が増えています。 そうなると、自分も乗馬を始めたい、いずれは馬術大会に出たいと憧れを持つ人も珍しくはありません。 その …

本格的にやりたい!ボクシングのはじめ方

ボクシングには色々な魅力が詰まっています。 グローブをつけてパンチを繰り出すのはストレス発散につながり、トレーニングに精を出していくにつれて体がどんどん引き締まっていき、自分自身に自信がみなぎっていく …

初めての山選びには、経験者を探す

登山は、古くから日本人に愛されてきた趣味です。 昔ならば、修験道の行者が行き来する険しい場所であっても、比較的安全に登れるようになってきました。これは、長い知識の積み重ねと、登山グッズの技術向上の賜物 …

楽天モーションウィジェット