水泳の基礎知識:水泳用品 ~ ゴーグル ~

水泳用品の中で、誰もが着用するものとして、競泳水着や帽子がありますが、他にもゴーグルは着用するのが必須となります。

スポンサーリンク

ゴーグルをつけずに水泳はできない

もちろんつけなくても泳げますが、水中を何もつけずに見ようとすると、視界がぼやけるだけでなく、目に塩素が入り込み、目に何かしらの影響がある場合があります。

そうしたことから、水泳の際にゴーグルをつけるのは、目を守るという観点からも必要です。 一方、ゴーグルが外れやすく、水泳をしているときにゴーグルの中に水が入り込むという経験を、多くの人がしています。

水泳用品の中でも個人の調整が難しく、自分にフィットさせたものに仕立て上げることが難しいのも、ゴーグルの特徴です。中には、サイズの調整をしないまま装着する人もいます。

そうした場合に水が入り込みやすく、人によってはパニックになり、溺れてしまうということも見られます。また、意外と種類が多いのも特徴です。ゴーグルの形状や、視力が弱い人向けのもの、色つきのものなど何かしらの条件が加わると、かなりの多さになります。

ゴーグルの抵抗を少しでも避けてタイムを上げたいという場合には、形状までこだわる必要がある一方、エクササイズ目的なら、むしろ見やすいものがいいなど、その人が水泳を取り組む理由によって変えることが求められます。

売れ筋となる商品が、どういうものかを知るということも大切です。

値段で選ばれているのか、それとも使いやすさで選ばれているのかを知ることにより、水泳用品選びをする際に大いに参考になるだけでなく、自分に合ったものを使用していくことができるため、その選び方をマスターしたいところです。

クッションがあるかないかの違い

ゴーグルによってはクッションが付いている場合、もしくは付いていない場合があります。クッションが付くことによって、ゴーグルの締め付けを和らげる効果が見られます。

ゴムによって相当強い力で装着することになるため、ゴーグルが目の周りに食い込み、跡が付くほどになることは、ゴーグルあるあるとして有名です。

それが嫌だという人、水泳を始めて間もない人などは、クッションを付けることで衝撃を和らげるというのがおすすめです。クッションを付けないという人は、水泳選手などタイムを争う人に多いのが特徴となっています。

顔により近付くため、その分、水の抵抗を避けることが可能になるためです。また、シンプルな作りとなっており、クッションのゴム部分が破断し、そこから水が入り込むといったことがなく、交換の必要がないというのもメリットとして考えられます。

もちろん、ずっと顔に触れているため、痛くなりやすいというのはありますが、長い時間付けるわけではないため、そのあたりはなんとでもなります。

初めのうちはクッションをつけることが大事ですが、そのクッションの厚みも統一されているわけではありません。

製品によっては、とても厚めになっているものから若干薄いものまで幅広く、いくらカラーや形状がよくても、購入して装着したら違和感を感じるということがよくあります。

ゴーグルを購入する時には、試着をするのが大前提であり、できれば手にとって選ぶというのがおすすめです。

スポーツジムだけでなく、自治体が運営しているようなプールにも売られているため、そこで試着してみるというのもできます。

視力が弱い人のゴーグル選びとは

メガネをかけている人、コンタクトレンズを装着している人が水泳を行う場合、ゴーグル選びもより慎重にならなければなりません。

人によっては、コンタクトレンズをつけたまま泳ぐという人もいますが、考えられることとして、誤ってコンタクトレンズを落としてしまう、塩素で劣化する、そもそも衛生的によくないといったことがあります。

使い捨てタイプではなく、ある程度長い期間装着するような場合には避けた方がよさそうです。その場合、度付きのゴーグルがおすすめです。

といっても、普段のコンタクトレンズ、もしくはメガネの度をそのまま当てはめるのは、あまり適しているとは言えません。水中は物体が大きく見えること、細かな字を見る必要がないことなどから、度のきついものを付ける必要がなく、普段より若干弱めの度で十分です。

同じ度をつけるとかなりの負担がかかり、泳いでいるだけで気持ち悪くなるという人も出てきます。度付きのゴーグルを購入する場合、度の付いたレンズがスポーツジムの売店にあるだけでなく、メガネ屋で売っていることもあります。

一方、乱視の場合は、矯正したものを購入するということが必要になるため、メガネ屋で相談することをおすすめします。子供でも乱視で悩んでいるという子はいるため、子供用大人用の乱視用ゴーグルというのが存在します。

他にも、ミラーレンズタイプや、カラーレンズタイプなど様々なものがあります。

プールの中で泳ぐものから海の中で泳ぐものまで、どこで泳ぐかによっても使用すべきレンズが違い、目の動きを悟られたくないという場合にミラーレンズを使う選手も大勢います。

自分に合ったものを、専門の人に見つけてもらうというのもおすすめです。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-スポーツ
-,

  • Title

    […]Sites of interest we have a link to[…]

  • Title

    […]one of our visitors a short while ago recommended the following website[…]

  • Title

    […]Wonderful story, reckoned we could combine several unrelated data, nevertheless seriously worth taking a look, whoa did 1 discover about Mid East has got extra problerms too […]

  • Title

    […]Wonderful story, reckoned we could combine several unrelated information, nevertheless genuinely worth taking a search, whoa did one particular find out about Mid East has got more problerms too […]

  • Title

    […]very few web-sites that take place to be in depth beneath, from our point of view are undoubtedly well really worth checking out[…]

  • Title

    […]Wonderful story, reckoned we could combine a few unrelated data, nevertheless truly really worth taking a look, whoa did a single learn about Mid East has got additional problerms too […]

  • dg casino より:

    Title

    […]check beneath, are some totally unrelated internet websites to ours, on the other hand, they may be most trustworthy sources that we use[…]

  • Title

    […]here are some hyperlinks to web-sites that we link to for the reason that we consider they may be worth visiting[…]

  • Title

    […]check below, are some absolutely unrelated websites to ours, having said that, they may be most trustworthy sources that we use[…]

  • Title

    […]very few internet websites that occur to become detailed below, from our point of view are undoubtedly properly worth checking out[…]

  • Title

    […]one of our visitors a short while ago encouraged the following website[…]

  • Title

    […]always a huge fan of linking to bloggers that I love but do not get a good deal of link like from[…]

  • Title

    […]Every after in a while we decide on blogs that we study. Listed beneath are the latest internet sites that we choose […]

  • Title

    […]one of our guests recently proposed the following website[…]

  • Title

    […]below you will discover the link to some sites that we assume it is best to visit[…]

  • -->

    関連記事

    始めるなら早い方が良い?子供にゴルフを習わせる3つのメリット

    子供がある程度成長してくると、習い事を検討する親は増えますよね。 小さいうちから取り組んでいることで身体や心の成長に繋がったり、もしや何かの分野で才能が開花するかも?なんて淡い期待を抱きながら習い事に …

    ボクサーの減量はどのくらい辛いの?

    ボクシングの場合、試合の前日にこの体重まで落とさないといけないという決まりがあるため、ボクサーはそれに向けて減量を行います。 もし計量の段階で体重を落としきれない場合は、タイトルホルダーであれば自動的 …

    水泳の悩み…バタフライが難しい

    4泳法のうち、バタフライと平泳ぎは、左右対称の動きをするのが特徴です。 競技ではターン、ゴールを必ず両手でタッチし、脚も両方同時にキックしなければ失格になります。

    プロ野球・不滅の記録は?|シーズン最多登板

    プロ野球でのシーズン最多登板記録を見ていくと、70試合以上投げた選手は延べ52人います。 そのほとんどは、21世紀に入ってからの記録ですが、中には1950年代60年代という記録もあります。 昔の選手は …

    日本再発見!大相撲の魅力について

    大相撲の魅力は多彩ですが、第一には歴史が大変古いことを挙げることができます。 日本における起源については諸説ありますが、日本神話にも登場していることから、神代の昔からの伝統を受け継いでいることになりま …

    楽天モーションウィジェット