水泳の基礎知識:水泳用品 ~ 競泳水着 ~

水泳を始めるにあたり、競泳水着は必ず購入しなければなりません。その際に、競泳水着の種類が、1つだけではないことに気づきます。

タイプ別に存在し、どれを購入すればいいのか、それぞれの特徴を知りながら、自分に合ったものを選ぶことが求められます。

スポンサーリンク

タイプ別競泳水着のそれぞれの特徴

男性用の競泳水着であれば、フィットネスタイプのもの、スパッツ系がおすすめです。速く泳ぐことにも特化しているだけでなく、股間を強調していないものがほとんどであるため、恥ずかしさが幾分解消されています。

また、裾が緩いものであれば、ぴっちりしていないことから泳ぎやすいという側面もあります。

女性用となると、男性用の競泳水着より、ケアをしなければならない部分がたくさんあります。まず、着脱しやすいものかどうかです。布面積が多くなるため、きついものだと着脱にかなりの時間がかかってしまいます。

このため、いかに着脱しやすいかということも大切です。その場合にお勧めなのが、セパレーツタイプのものです。これならば、簡単に着脱することができます。

しかし、水泳で気を付けたいのは、泳ぐうちにめくり上がることです。万が一、そうなれば大変なことになります。セパレーツタイプはその懸念があるため、安心して水泳を取り組めるものがいいという考え方もあります。

その時には、ワンピースタイプがおすすめです。着脱は大変だけど、アクアビクスなど水中の運動に効果的で、肌の露出も少ないオールインワンタイプもあるなど、水泳用品として種類も豊富で、かなり幅広く存在していることがわかります。

こうした特徴から、水泳用品をチョイスするというのも、1つのやり方です。

競泳水着の買い替えのタイミング

競泳水着は、1度購入したらずっと使えるものではありません。プールには塩素が入っており、その塩素のダメージや着脱で肌とこすれたり、伸縮などの関係で徐々にダメージがかかるようになっています。

そのため、水泳を趣味とする場合には、定期的に競泳水着を買い替える必要があり、そのタイミングもだいたい決まっています。 買い替えのタイミングとしての目安は、100時間泳いだかどうかというものです。

週に10時間泳げば10週、5時間泳げば20週でその時間に到達します。1時間程度、週に数回泳ぐというのであれば半年はもつようになっており、半年ごとに購入していけば安心して水泳を楽しむことができます。

もちろん、管理方法としてきれいに洗い、保管しておくということも必要です。

気を付けたいのは、競泳水着のままサウナに入る場合です。基本的に、水泳用品は熱や塩素に弱く、サウナはかなりの熱があるため、ダメージを受けやすく、劣化が進みやすくなります。

また、競泳水着のままシャワーを浴びるというのも、競泳水着からすればよくありません。そういう場合には、100時間よりも若干短いタイミングで交換していく必要が出てくることになります。

また、エクササイズ、ダイエット目的で利用しているのではなく、競技として取り組んでいる場合には、何着も用意しておくことが大切です。

試合で使うものと、練習で使うものは基本的に分けるのが望ましく、試合でも練習でも同じものを使うのは、できたら避ける必要があります。劣化が進み、交換時期もすぐに来てしまうため、金銭的な負担になりやすくなるためです。

サイズは小さめがおすすめと言われる理由

水泳をするとなると、水泳部だった人などから、サイズは小さめの方がいいと言われた経験を持つ人が多くいます。

しかし、服などを選ぶ際、サイズを小さめにしたらとても動きにくく、窮屈に感じることから、なぜ水泳では小さめのサイズがいいのか、よくわかっていない人が多いのが実情です。

その理由として言われているのが、サイズが小さめの方が、動きやすいというものです。競泳水着は、水に濡れると生地が伸びるようになっています。生地が伸びるということは、サイズぴったりのものを着用していると、多少大きくなってしまうことを意味し、緩く感じてしまいます。

そのため、少しきつい方が泳いでいるうちにフィットするようになるということです。

また、大きいサイズにしてしまうと、水の抵抗を受けやすいという問題があります。布面積分の抵抗を水で受けるため、それが多ければ多いほど泳ぎに支障が出てきてしまいます。

もし競技として行う場合には、かなり致命的なことになってしまうため、水泳部だった人は小さいサイズのものを好んで着るようになります。

あくまでこれらは競技として取り組む場合であり、実際に水泳をたしなむ、エクササイズとして始めるという場合にはそこまでサイズにこだわる必要はありません。

ただ、気を付けるべきところとして、男性であればウエスト、女性であればバスト、チェストの部分で合わせることが求められます。体のラインを隠したくて、サイズを大きくするというのはむしろ逆効果です。

小さめのサイズにするのは理由がありますが、そこまでこだわるものでもなく、動きやすさを考えて選ぶことをおすすめします。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-スポーツ
-,

-->

関連記事

ゴルフ練習場に行くまでに準備するゴルフ用品について

最近は、自然の中でリフレッシュしながら楽しめるスポーツとして、若い女性などにもゴルフ人気が高まっています。 ゴルフコースを回るまで行かなくても、近所の打ちっぱなしや、練習場へ行ってボールを打つ爽快感を …

大相撲の歴代有名横綱TOP10

2017年大相撲初場所にてやっと初優勝を果たし、横綱昇進となった大関・稀勢の里関は第72代目横綱です。 さらに19年ぶりとなる日本人の横綱誕生ということで世間は大賑わいとなっています。 戦後の大相撲の …

山の食事|長期での登山の場合

中高年を中心として、人気を集めているものの1つに登山があります。 登山には、里山などを対象とした初心者でも簡単に始められるものから、山岳地帯の縦走など本格的なものまであり、それぞれに準備する内容も異な …

初めての山選びには、経験者を探す

登山は、古くから日本人に愛されてきた趣味です。 昔ならば、修験道の行者が行き来する険しい場所であっても、比較的安全に登れるようになってきました。これは、長い知識の積み重ねと、登山グッズの技術向上の賜物 …

初心者のための乗馬入門:乗馬ライセンスの取得について

意外と知らない方もいるかもしれませんが乗馬にはライセンス制度があります。 乗馬ライセンスと取得方法について紹介します。

楽天モーションウィジェット